FC2ブログ

なぜ、今頃になって「夫殺し」キャンペーン??? 

変貌するサンクチュアリ教会(18)

実に奇妙というか奇怪というか。単なるアホというか。

サンクチュアリ教会は、「夫殺し」(韓鶴子が文鮮明を殺した)キャンペーンを開始している。
信じられない話である。
これについて、 goutさんが投稿してくれた。
「動機はルサンチマンー運動方針転換」 (最後尾の投稿)

「地平さん達は独生女問題で家庭連合メンバーをリクルートできないから、今度は「安楽死問題」で鶴子を「殺人者」としてイメージづける方針に変わったようだ。昔も今も嫌がらせを基本」(と)している。」

付け加えることがあるとすれば、生命維持装置を外した、延命治療をストップしたのは誰かということである。
韓鶴子の過失だったとすれば、殺人罪にはならないけど、過失致死罪になるだろう。もちろん、文鮮明に韓鶴子氏が多額の保険金をかけていたとすれば、殺人事件として立件されるだろう。

でも、どうやって人工呼吸器を彼女が抜くのだろうか。みんながみているところで。
ワッショイ、ヨイショ。あら、抜けちゃった・・・

サ教の文家4男国進氏は、この重要なことに一切触れていないのだ。
医師が生命維持装置を外すのは、何の問題もない。
殺人というのなら、誰が外したのかが最大の問題であろう。
韓鶴子なのか医師なのか。

高偏差値のサ教ブロガー諸君はこのことに言及しない。
早稲田の地平はどうして???
一般社会家庭連合サンクチュアリ教会--と渡って、次第にアホウになったのだというしかない。哀しいなぁ。

さて、これからが本題である。

この火の粉ブログでは、左側のカテゴリーを眺めてもらえば分かる通り、「文亨進牧師のラジカルな説教 (16)」yonemoto.blog63.fc2.com/blog-category-33.htmlをアップしている。
大変な反響を読んだ記事群である。
アメリカのサ教人から感謝状と100$が送られてきた。

最初の記事は「悪魔たちの連盟にたぶらかされている「お母様」 」 [2015/02/06 18:21] であった。
「悪魔連盟と結託して、お父様を殺した妻・韓鶴子」---ではないのだ。
ちなみに、澤田地平氏は記事群を読んで、サ教に回心したと聞いている。複雑な気分である。

しかしながら、小生も、文亨進牧師のラジカルな説教に感じ入った。何かをやってくれるのではないか。オルタナティブへの期待であった。
真っ先に浮かんだのが「アーミッシュ」(https://ja.wikipedia.org/wiki/アーミッシュ)である。

しかしながら、たぶんであるが、家庭連合にどっぷりつかっていた文4と文7の頭は空っぽだったと思う。
あるのは文4の銃の会社と、文7の宗教的知識。
ここからはやや図式である。
「銃の会社」→ライフル協会→トランプ

空っぽだから、銃を肯定し、「アメリカ第1のトランプ」を礼賛する。
こんなレベルだから、サ教から徐々に信者は遠のいていく。
そこで、憎悪を駆り立てることによって、再び結束力を高めようとした。「真のお父様を殺したのは韓鶴子だ」

文3グループと文4・7グループとを比較すれば、前者には「運動論」があるが、後者はゼロである。
哀しいよなぁ。
銃イエス! トランプイエス!あとはなにもないからオカルトネタ。悲しいよなぁ。
文亨進さん、文国進さん、読んで見て!
神様、王妃を救いたまえ(1月25日の亨進説教) http://yonemoto.blog63.fc2.com/category33-2.html

<追記の注釈> 文鮮明氏が亡くなったのは2012年の9月3日。この直後にも安楽死問題を文4は話題にしていた。
確か、生命維持装置を外すのに反対したのは文4、文7と朴普煕。賛成は韓鶴子、金孝南、金榮輝、石ジュンホ、梁昌植氏ら
この頃、「殺人」といった言葉は使われていなかった。

サンクチュアリ教会が実質旗揚げされたのは2015年のはじめ。文7がラジカルな説教を始めたのだが、このときを含め最近に至るまで、「殺人」のことは一切話題にしていなかった。韓鶴子への憎悪を煽るようになったのは、ごくごく最近のことである。
煽られて、澤田地平は蜘蛛を殺した。


だか哀れだと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

関連記事

コメント

お知らせ

記事を若干修正しました。

素朴な疑問

 だいぶ前のことではありますが、日本では信者が街頭で伝道する際に、文鮮明教祖の自叙伝を抱えて勧誘することがありました。
 自叙伝には大きな文字で「平和を愛する世界人として」と記されており、銃に関しては「今や、銃や刀を溶かして、すきとくわを作るときです。人類はもうこれ以上、戦争のための戦争に子女たちの命を犠牲にし、天文学的なお金を費やす悪業を繰り返してはなりません。」とあり、一般市民・信者に対してはこのように銃を放棄した平和主義を説いているように見えます。

 しかし実際には、平和団体を偽装し、裏ではせっせと武器製造に勤しんでいました。
 信者の献金(霊感商法、高額献金)のほとんどは宗教目的ではなく、武器製造、不動産購入、統一教会関連企業の維持費に使用されました。
<統一教会<武器製造の歴史>(1)https://ameblo.jp/chanu1/entry-12125608955.html

 信者には非武装による平和主義を説いて献金をもらいながら、その資金を韓国の国防のための武器製造に投入する。
 なぜサ教信者及び食口(世界ヘイワトウイツ家庭連合信者)はこのように、悪質な二枚舌を使う文鮮明氏を真の父として崇拝するのでしょうか。

 また、個人的には(1)と(2)の理由で、銃を野放しすることには、反対です。
 なぜ平和には役立たず自殺率の上がる銃による、いわば武装による平和主義を主張する七男(亨進氏)を支持するのでしょうか。

(1)広大な領土をもつ米国は、人口密度の低い地域で身体や財産に危害が及びそうなときに警察を呼んでも到着までに相当な時間を要するため自警する必要があり、そのために銃所持が支持されやすいです。合衆国憲法修正第2条「 規律ある民兵は自由な国家の安全保障にとって必要であるから、国民が武器を保持する権利は侵してはならない」により、サ教にも銃を保持する権利があるのは分かります。(オーバーキルだと思いますが。。)

 では、銃を増やせば平和になるのでしょうか。それは違います。
 全米ライフル協会や四男国進氏が「銃を増やせば平和が維持され、銃を規制すれば銃犯罪が増加する」と主張してるようですが、これは詭弁です。
 下記の記事はちゃぬの裏韓国日記<【銃製造業者】文国進氏とNRA(全米ライフル協会)の詭弁(https://ameblo.jp/chanu1/entry-12074829497.html?frm=theme)>から<「アメリカウオッチ Yuko's Blog」2013年2月8日記事>を孫引きしたものです。

引用はじめ<
 銃暴力の最も多い州にランクされた10州は、銃規制が比較的強いメリーランドを除いて、銃規制に強く反対しているか、銃規制が弱い州、銃による権利が「最も神聖に保持されている」農村部の南部州である事がクローズアップされた。>おわり

 国進氏は銃規制の緩いペンシルベニアに銃製造工場移転を決定しました。また、七男(亨進氏)もそこにいます。彼は銃に対する国進氏の考えを全面的に支持しています。

(2)銃保有は自殺率を上昇させます。 
<銃は自殺率を上昇させる>
https://gigazine.net/news/20180609-reduce-suicide-regulate-guns/ より

引用はじめ
<アメリカでは1999年と比べて2016年の自殺者数がなんと30%も増加しています。自殺にはさまざまな理由が考えられますが、自殺の際に用いられる手法としては「銃器を使用した自殺」が圧倒的に多くなっており、銃が自殺率を上昇させることを示すデータが複数示されています。(中略)銃器保有率の低いハワイなどは、保有率の高いワイオミング州と比べると自殺で銃器が使用される割合はかなり低いことがわかります。>おわり
※記事にはアメリカの州ごとにおける家庭の銃器保有率(横軸)と自殺で銃器を使用する率(縦軸)を示したグラフがあります。

 アメリカは世界で最も銃による犠牲者の多い国で、銃は自衛よりも自殺や犯罪に多用されています。
 薬物中毒死も多い病んだアメリカですが、平和を偽装する文鮮明氏を崇拝し、武力による平和を主張するサ教がこの悲劇的状況を改善できるとは思えません。サ教から徐々に信者は遠のいていき、放っておいても衰退すると思います。

爆笑ブログ-地平は人気モノ

●「統一教会ハグレもの&食口ウルトラ」
●「火曜 サンクチュアリ劇場」
https://ameblo.jp/ichan19990302/entry-12516445359.html

ありがとうございます

拙ブログにて連載中、火曜サンクチュアリ劇場を紹介していただき、ありがとうございます。

延命治療は本人の意思

>生命維持装置を外した、延命治療をストップしたのは誰か
これは当然、医師でしょう。
国進氏が、この重要なことに一切触れていないのは、当然のことなので、触れる必要がないからだと思います。
争点は、文教祖本人が延命治療を望んでいたのに生命が絶たれてしまったのではないかという事です。
イエスキリストも生きる意志があったにもかかわらず生命が絶たれてしまった、つまり、統一原理では、十字架による贖罪予定論を否定しているので、状況が重なるのです。
地平さんも争点を取り違えてると逆効果になります。

Re:延命治療は本人の意思

aquaさん、思い込み思いつきで、投稿するのは控えてください。

>争点は、文教祖本人が延命治療を望んでいたのに生命が絶たれてしまったのではないかという事です。

根拠は?証拠は?

国進さんも亨進さんも、「文教祖本人が延命治療を望んでいた」とは主張していないはずです。人工呼吸器のついた文鮮明さんの様子をきちんと見てくださいな。

補足。自分の親のこととして、考えてくださいな。胃ろうをやりますか?

延命治療?

コメント読んで思い出しました。
私の知ってる限り、
日本の病院では延命治療は勧めてません。

抗がん剤:本人がとても苦しむ
酸素マスク:本人がとても苦しむ

本人の選択ですが(⇒それができれば)
病院のある救命救急医師(本も出してる人)が、
自分の母親が、お腹に動脈瘤ができ、それを手術したが、血液のカスが詰まり(起こりやすいらしい)、
結局、意識も無い寝たきり状態になってしまった。
手術したことをとても後悔したそうです。
実際、何が起こるかわからない。

いろんな病気の方がいて、24時間口開けっ放しの患者もいました。

うちの母親の場合は、脳とお腹と心臓に動脈瘤が見つかりました。かつ、肺がんから脳の全体にガンが転移してました。
でも耳だけは聞こえた。

胃ろうと言えば、義理の母親は7年間夫の胃ろう看護してました。
毎日病院通いだったんでは?とても大変です。一時期は自宅で。
他人は何とでも言えます。
自宅で夫のおむつ替えできますか?毎日。

病院によっては?、定期的に転院しなきゃいけないようで、もし夫がそうなれば、妻は大変ですよ。
当事者じゃないと絶対わからない。
本人じゃないと絶対わからない。

自然に死を迎えるのが一番いい、そういう医者多いと思います。
脳に問題起きれば、逆に痛みが和らぐ可能性もあると言う。

そういえば、他人の吐しゃ物を自分の口で吸い取ってたという統一教会人もいたようですが・・・。

金に目がくらむような人間にはとうてい無理ですね。

また別な話ですが、
イエスキリストが、奇跡行為で病人を癒したという話がありますが、奇跡を受けた病人のその後はどうなったか、・・・皆早死にしたという霊能者もいます。
奇跡に頼れば代償を伴うのかも知れません。
地道に自分と戦いながら生きるの正道だと思いますね。

銃を持つ人が隣人にいる恐怖

私もgoutさんの意見には同意します。もともと嫌がらせがしたかったわけではないと思いますが、責任者の四男と七男、そして彼らについていった信徒は鶴子氏に対する憎悪が根底にあってつながっている人々なので、どうしても行動や主張がより陰湿な方向に進んでいくようになります。(蜘蛛殺しも看過できません!)

また、うずらの卵さんの以下の意見にも共感します。
「武力による平和を主張するサ教がこの悲劇的状況を改善できるとは思えません。サ教から徐々に信者は遠のいていき、放っておいても衰退すると思います」

あのアレフでさえ微増しているようなので、サ教が衰退するかどうかは分かりませんが、結束する動機が憎悪であり、武力を容認する集団は本当に何をするか分からない恐ろしさがあります。事実、澤田氏の執拗で迷惑お構いなしの本部での抗議や「踏み字」などに見られるように行動が過激化の一途をたどっていますし、米本さんが指摘したように鶴子氏に対しても以前より過激な殺人者呼ばわりへと変遷しています。完全に集団リンチに突き進む過激派の構図です。

私も自身のブログで「銃を持つな」と主張しましたが、何をしだすか分からない集団に銃を持たせたら本当に物騒です。

純粋で平和的な信徒もいると思いますが、暴走するサ教に巻き込まれないようにしてほしい。サ教を離れても家庭連合に戻れないなんて人もいるでしょうが、組織に依存しないと生きていけないという信仰観を見つめなおしてほしいと願います。

ブログ村のサ教のカテゴリーをスマホで見ていたら、あるブロガーのサムネイルにぞっとしました。パソコンでは動きませんが、スマホで見るとgif画像が動きます。このブログ主のキムフジオ氏は元自衛隊員ということですが、こういう人が隣人にいるサ教で落ち着いた信仰生活ができるのでしょうか?(注:自衛隊員を否定するつもりはありません)
よかったら見てください。

サムネイル画像
https://img.blogmura.com/profiles/10988931/807089/crop/300x300
聖殿情報
https://tongilgyo.muragon.com/

毒蜘蛛の可能性が

ハイイロゴケクモか?
https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/70130.html
澤田氏は、アップ画面にして蜘蛛をみせています。神経毒のある外来種であると示しているのでは?

延命治療は合意のうえで

確かに文教祖から意思表示は無理かと思います。
本人が何を望むかを基本とし、それがどうしてもわからない場合には、本人の最善の利益が何であるかについて、家族等と医療・ケアチームが十分に話し合い、合意を形成することが必要です。
●日本の終末期医療で本人より家族の意思が優先されてきた理由
浅川澄一:福祉ジャーナリスト(元・日本経済新聞社編集委員)
文教祖の安楽死は合意無き決定であったと思われます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/1068-a8f1d5e5