FC2ブログ

「サ教王」の激しい妄想 

変貌するサンクチュアリ教会(13)


実に秀逸な、サンクチュアリ教会の“王様”こと文亨進についての論評記事がアップされた。
goutさんの「警告ー亨進と麻原の共通性ー避難勧告」である。(ブログ名は「いつも私の隣に献金FAX」)

全文を引用する。吟味熟読していただきたい。
 なお、引用文を含め読みやすいように改行、一行空けを多用した。また“王様”こと文亨進の言葉は背景文字を使った。注目してもらいたい記述には下線をつけた。

い、スタート

  今までパロディーやジョークでサ教を茶化してきたが、今回は真面目にサ教について書く。

  ハッキリ言う、もし理性が残っていて少しでも疑念を抱いているサ教信者は直ちに組織から距離を置きなさい!
 
 もし身近にサ教信者がいる場合は離脱するよう説得してください。なぜ危険かこれから説明します。

★サンクチャリNEWS
★奴らは内戦を開始した-8月13日英語説教「王国のカオス」(その2)
https://nqj17437.wordpress.com/2017/08/17/%ef%bc%8d%ef%bc%98%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%93%e6%97%a5%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e8%aa%ac%e6%95%99%e3%80%8c%e7%8e%8b%e5%9b%bd%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%80%8d%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92/
 より一部引用

ここで今日、サタンの所業について語るつもりはありませんが、これも何かの刺激になるでしょう。
これは現実です。現実の生きた人間です。
ヒラリーはマリーナ・アブラモビッチの所でバカバカしい偶像に精液と血を注ぎかけ、自分の血で文字を書き、日々の健康のために精液と血のジュースを飲もうといっているのです。
愚かしい狂気です。そのビデオも見ましたね。
自分の腹部に五芒星を刻み、それを芸術だと主張しています。
腹の避けた血まみれの人間の形のケーキをつくり、その周りで愉快そうに笑っている。そしてそのケーキを食べている。その内臓のあらわになった人間の形のケーキを食べているのです。
それらの人々は精神錯乱に陥っています。それだけでおさまりません。悪に魂を売り渡したのです。
サタンの権能と一つになっているのです。

ハリウッドスターのニコル・キッドマンはある一流プロデューサーたちの話をしていました。
キッドマンは彼らが小児性愛者のサークルが世界を支配していると話したといいます。サタンのサークルです。
BBCのドキュメンタリーを見せましたね。
ある少女が数十回もレイプされ、11才で6回も妊娠し、胎児はすべてサタンの儀式に用いられたのです。サタンの儀式中にその赤ん坊を殺してその肉を食べたというのです。

私が気でも触れたというのなら、その人が狂っています。これは現実です!私のミスではありません。
皆さんが現実を見たくないか、見ようとしないだけの話です。
人はサタンが現実に存在することを信じたくないのです。相対主義の心地のよさを味わっているようですが。
良きことがすべて、愛がすべてだと言いながら、実は決してそうなっていません。
 中略

今この出来事を見ていますが、実は、左翼は何年も前から人々に暴行を加えてきているのです。
去年一年間だけでも、ジョージソロスが資金提供している「ブラック・ライヴズ・マター」運動、ムーブオン・ドット・オルグ、オープン・ソサイエティ、そして「女性の行進」の首謀者であるリンダ・サーソン、これらは政治工作グループです。
国家の敵だというのです。私やあなたの敵であり、神の国の敵なのです。そこに金を流しているのが世界でも最悪のサタン主義者(ソロス)です。
自分でユダヤ人だといっていますが、14才から18才までヒトラーのために働いていたといいます。ユダヤ人を捕まえては強制収容所に送っていたというのです

 
 引用終わり


 読んでいるだけで頭がクラクラするような電波系ですよね。

 電波系(でんぱけい)は、荒唐無稽な妄想や主張を周囲に向かって公言する者のことを指す言葉。他に「電波」「デンパ」「デムパ」などと表記されることもある。)

 ヒラリークリントンがそんなおどろおどろしい儀式をしたなんて聞いたことがないし、ソロスが14-18歳まで「ユダヤ人を捕まえては強制収容所に送っていた」なんて少し検証すれば、ありえないことがわかるはずである。

ジョージソロス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%82%B9
より引用

ジョージ・ソロス(George Soros、1930年8月12日 - )は、ハンガリー・ブダペスト生まれのハンガリー系およびユダヤ系アメリカ人の投資家・投機家、慈善家。ハンガリー名はショロシュ・ジェルジ(Soros György)。
中略
青少年期[編集]
ソロスが13歳のとき、ナチス・ドイツが同盟国であるハンガリーを軍事的コントロール下に置いた(1944年3月19日)。
 そして、ハンガリーのユダヤ人に対しホロコーストによる殺戮が始まった。
ソロスは、短い間だが、ナチスが設立したユダヤ協会に従事した。
 この組織は、ユダヤ人弁護士たちに退去命令を送るものであった。ソロスは、退去命令がもたらす結果について、関知していなかったと主張した。
引用終わり

 亨進はソロスがナチスの協力者と断じているが、どう考えてもナチスの犠牲者だろう。
 ソロスが14歳の1945年5月にドイツは敗戦している、ユダヤ人の強制収容所移送は1944年頃に終わってるのだから時系列的に無理なことは簡単にわかる。
 文7は新聞や本も読まず、陰謀論好きサイトで情報を得て、受け売り説教をしてるとしか思えない。
(ソロスさん、ヒラリーさんは名誉棄損でサ教を訴えてください)

 なぜ彼は支離滅裂荒唐無稽な主張をする陰謀論者になったのだろう?
 答えは父親文鮮明教祖と同じく、統合失調性妄想人格が強度に現れているからである。
 以前、文教祖の統合失調性妄想人格について論考した。

「文教祖像をアウフヘーベンしよう」
https://ameblo.jp/5200043/entry-12165895178.html

 上記記事でぜひカルト教祖と統合失調性妄想人格について予備知識を得てほしい。

 文教祖には血統妄想、宗教妄想が強かったが、文7はそれに加え被害妄想、注意妄想が強く表れ陰謀論に強く惹かれたのであろう。

 陰謀論、注意妄想、被害妄想ですぐ思い浮かぶカルト教祖はオウム真理教の麻原だ。
 麻原の三女が証言してるが、麻原は本当にCIAから毒ガス攻撃を受けていたと信じ、又麻原には聖書の黙示録に予言されている闇の勢力を倒すキリストの使命があると信じ込んでいたそうだ。

 オウムと同じくサ教も黙示録を援用し終末論と陰謀論で選民意識を頻繁に煽ってる。
 
陰謀論スピーチに見られるようにサ教の特徴は亨進の妄想性人格と信者の思い込みの強さが共鳴し陰謀論に感化され周りの世界を「悪意」に満ちていると考え「被害者意識」に凝り固まっていることだ。

★統合失調症「的」人々ー世界の悪意と病的な被害妄想を加速させる3つの罠
http://hotrussianbabe.com/shinrigaku/archives/145

 被害妄想に囚われているカルト集団がテロ事件を起こす確率は高い。彼等は加害行為をしても被害妄想をもってるから「自衛」と強弁するだろう。

 最初に書いたように、サ教メンバーは判断力あるうちに組織から離れなさい。
 また「会計が透明だから」「拉致監禁問題に取り組んでいる」等の理由でサ教に移行しようかと迷ってる食口は絶対に行かないように。
 本当に危険です。
(私は家庭連合、三男派を擁護してるわけでありません)

(goutさん論考の引用終わり)
*なお、投稿欄も面白い。

                【若干の注釈と感想】

(1)goutさんはコメントしていませんが、「ある少女が数十回もレイプされ、11才で6回も妊娠し、胎児はすべてサタンの儀式に用いられたのです。サタンの儀式中にその赤ん坊を殺してその肉を食べたというのです」-にはぶっ飛びました。小学校5年生が6回も妊娠するなんて。サ教王の演説に疑問を抱いたサ教人はいなかったのでしょうか。

(2)goutさんは「統合失調症」という言葉は使わず、「統合失調性妄想人格」「統合失調症「的」人々」と表現していることに注意を払ったほうがいいと思います。長くなるので説明はしませんが、「統合失調症」で検索をかけてください。
ひとつだけ。Msdマニュアル家庭版( https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/10-心の健康問題/統合失調症と妄想性障害/統合失調症)では、
「統合失調症は、現実とのつながりの喪失(精神病)幻覚(通常は幻聴)妄想(誤った強い思い込み)異常な思考や行動感情表現の減少意欲の低下日常的な役割の遂行(仕事、対人関係、身の周りの管理など)に関する問題を特徴とする精神障害です」
となっています。
サ教王に妄想(誤った強い思い込み)症状は出ていますが、それ以外はどうでしょうか。
私は、前にも指摘したことがありますが、彼は薬をやっていると推測しています。
「こわい。もうやめて。どんどんおかしくなっていく。七男、銃を構えたり、ナイフを構えたり、おかしい。おとなしくて、いい印象だったのに残念です。ichan19990302」
その通り。おとなしくていい印象だったのに!何が彼を変えたのかは分かりませんが、薬が触媒となった可能性は大いにあります。

【関連記事】「薬物がまん延するフィラデルフィア」(https://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2019/04/0426.html)

(3)「会計が透明」とありましたが、最初の頃だけで、その後、会計報告はなされていないと思います。

(4)goutさんが指摘する通り、サ教はますます危険な団体になりつつあります。まさかと思う人はいるでしょうが、サ教王に「家庭連合を皆殺しにせよ」といった幻聴が聞こえた場合、どうなるでしょうか。


味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

関連記事

コメント

どうせまた無視でしょうか…

これをここで紹介するのは2回目です。
*イギリスのBBC 放送から、悪魔儀式にて小児性暴行を受けて何度も堕胎した少女。6分版 https://youtu.be/mRJ9gwHkrPk
45分版 https://vimeo.com/326667824

*マリーナ・アブラモビッチとヒラリー・クリントン、ジョン・ポディスタのスピリットクッキング・スキャンダルは大統領選挙の前後沸きました。画像 https://www.bing.com/images/search?q=marina+abramovich+sprit+cooking+clinton&FORM=HDRSC2
鼎談動画 https://youtu.be/qXtzU7lJRLo
(ちなみにこの鼎談で話に出てくるjeffrey epsteinは小児性虐待ネットワークにかかわる罪で、最近収監されていたのですが、昨日謎の獄中自殺をしました。)



キリがないのでとりあえず、二つ。

信じるか信じないかは皆さんしだい。

ジョージ・ソロス

ジョージ・ソロス:ナチに協力した事をみとめ、悔恨もない
https://youtu.be/X9tKvasRO54

先駆者さんは•••

何の先駆者なのでしょう。

ちなみに紹介された動画と画像は気持ち悪ソーだから見てません。

見てないので、この件については何も申しませんが•••
ただ公表されているサンクチュアリが現在行ってることから、私は危険団体と言います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: どうせまた無視でしょうか…

先駆者さん、いつなんのことで無視したのでしょうか。
まともなことで、無視した覚えはありません。

それより、韓鶴子さんの名前を踏みつけた行為について、意見を述べない(無視)のはどういう理由からなのでしょうか。

Re: どうせまた無視でしょうか…(2)

>これをここで紹介するのは2回目です。

管理画面を調べましたが、記録にはありませんでしたよ。

いつ投稿されたのか教えてください。

Re: どうせまた無視でしょうか…(3)

提供された動画等を見ましたが、何の反論にもなっていませんでした。

動画にあった女性が被害者のようですが、警察関係の資料はどうなっているのでしょうか。

<麻原の三女が証言してるが、麻原は本当にCIAから毒ガス攻撃を受けていたと信じ、又麻原には聖書の黙示録に予言されている闇の勢力を倒すキリストの使命があると信じ込んでいたそうだ>
信じ込むには、サ教王と違って、根拠があります。天下の読売新聞が一面トップで報じたことです。検索を。

Re: ジョージ・ソロス

理解できない異国の言葉での動画です。これで理解せよ、というのですか。

たぶん火の粉の読者で、この異国の言葉を理解できる人は1万人に1人ぐらいでしょう。

つまり、先駆者さんは不誠実極まりないという人なのです。
koyomiさんの唐突な「何の先駆者なのでしょう」という意味がようやく理解できました。
サ教王よりも先駆ということなんでしょうねえ。恐れ多い。

先駆者さん、 検討して!

風の便りです。

「7男の長男さんが日本人と祝福を受けたけど、どっちもお金が無いので韓国サ教でお祝い金を集めているとのことでした」

先駆者さん、祝福献金を呼びかけたらいかがでしょうか。

反グローバリズム

役人である保護者の仕事とは,アウシュヴィッツに連行されたユダヤ系の不動産所有者の財産を没収することであり,ソロスはその役人とともに国内を回った.1944年のこと。ソロスの証言しているナチスへの協力とは、そう言う事の様です。
反グローバリストのトランプ大統領を支持している亨進氏にとって、グローバリストのソロスは最大の敵になるわけです。

これのことじゃないかな

https://www.bbc.com/japanese/49309896

未成年の性的人身取引で起訴の米富豪、拘置所で死亡 自殺の可能性に疑問噴出

Re: 反グローバリズム

教えてください。
goutさんが引用したウィキには、こう記載されています。

(引用はじめ)
「青少年期[編集]
ソロスが13歳のとき、ナチス・ドイツが同盟国であるハンガリーを軍事的コントロール下に置いた(1944年3月19日)。
そして、ハンガリーのユダヤ人に対しホロコーストによる殺戮が始まった。
ソロスは、短い間だが、ナチスが設立したユダヤ協会に従事した。
この組織は、ユダヤ人弁護士たちに退去命令を送るものであった。ソロスは、退去命令がもたらす結果について、関知していなかったと主張した。
(引用終わり)

aquaさんはこう書かれています。
「役人である保護者の仕事とは,アウシュヴィッツに連行されたユダヤ系の不動産所有者の財産を没収することであり,ソロスはその役人とともに国内を回った.1944年のこと。ソロスの証言しているナチスへの協力とは、そう言う事の様です」

情報の出典を教えてください。
また、13歳の役人でもないソロスは、どんな役割を果たしたのでしょうか。

また次の記述「反グローバリストのトランプ大統領を支持している亨進氏にとって、グローバリストのソロスは最大の敵になるわけです」については、次のコメント欄を読んでください。

Re: これのことじゃないかな

エッグさん、情報、とても感謝です。

自殺したジェフリー・エプスティーン被告(66)の容疑は----、
「ニューヨーク連邦地検の訴状によると、被告は2002~2005年、ニューヨーク市マンハッタンとフロリダ州に所有する邸宅に未成年を引き入れていた。被害者は最年少で14歳で、数百ドルと引き換えに性行為を強いられていた

文亨進さんはこう演説していました。
ある少女が数十回もレイプされ、11才で6回も妊娠し、胎児はすべてサタンの儀式に用いられたのです。サタンの儀式中にその赤ん坊を殺してその肉を食べたというのです

ひどい飛躍的妄想です。
亨進が友だちでそばにいたら、病院に行くことを勧めます。けっして揶揄ではありません。

https://www.bbc.com/japanese/49309896
紹介してくれたBBCには笑えました。

(引用はじめ)
「トランプ大統領は過去に米誌ニューヨーク・マガジンでエプスティーン被告について、「ジェフのことは15年前から知っている。素晴らしい男だ」と語っている。
また、「一緒にいて楽しい人だ。僕と同じくらい美しい女性が好きらしい。その多くが、どちらかというと若いらしい」とも話していた。
ただし、トランプ氏は後に「12年か15年前に仲たがいした」と言い、7月の起訴後も「ジェフリー・エプスティーンは好きじゃない」と発言していた。
(引用終わり)

な~んだ、トランプと刑事被告人とは仲が良かったじゃないか。
aquaさん、赤面を!

先駆者にレッドカード!

君の最初の投稿にカッコ書きでこう書かれていた。

(ちなみにこの鼎談で話に出てくるjeffrey epsteinは小児性虐待ネットワークにかかわる罪で、最近収監されていたのですが、昨日謎の獄中自殺をしました。)

謎の獄中自殺のことを君はBBCニュースで知った。

BBCニュースでは文亨進が話しているような小五が6回も妊娠、胎児を食べるといったことは報道していなかった。
ニュースを調べれば、サの国の王様はひどい妄想病にかかっていることが赤裸々になる。


小生はちょっとマジなところがあるから、君の投稿に真面目につきあってきた。すっかり時間を取られてしまった。
このくそ暑いときに!

「どうせまた無視でしょうか…」なんて書きながら、てめえは無視かよ。

(重要な注)事実を確かめなければ-と思うような内容の場合、まずできる範囲で真面目に確かめた上で、投稿してくださいな。

ここは、2チャンネルではありませんので。

ジョージ・ソロスー投資と慈善が世界を開く

父は、ハンガリー政府の役人を買収して、ソロスをその息子に仕立てあげた。役人の仕事とは、アウシュヴィッツに連行されたユダヤ系の不動産所有者の財産を没収することであったが、ソロスはその役人と共に国内を回った。もし正体がばれていたら、ソロスは生き延びられなかったにちがいない。
 ソロスは後に、この危険な1944年こそ、自分の人生のなかで一番幸せな時期であったと述懐している。生活はエキサイティングで冒険的であり、尊敬する父がいて、人々の命を救っていたのだから。しかし史実によると、1944年から1945年にかけてハンガリーでは、6万人のユダヤ人が虐殺されている。しかもナチス当局は、強制連行の命令書を配布する仕事をブダペストのユダヤ人協会に命じており、その任務は幼いユダヤの子供たちが担っていた。ソロスもその一人であり、ユダヤ人大虐殺に手を貸したという重い経験をもっている。

時差があります

申し訳ありません。
すぐに見れなくて。

Re: ジョージ・ソロスー投資と慈善が世界を開く

> 父は、ハンガリー政府の役人を買収して、ソロスをその息子に仕立てあげた。役人の仕事とは、アウシュヴィッツに連行されたユダヤ系の不動産所有者の財産を没収することであったが、ソロスはその役人と共に国内を回った。もし正体がばれていたら、ソロスは生き延びられなかったにちがいない。
>  ソロスは後に、この危険な1944年こそ、自分の人生のなかで一番幸せな時期であったと述懐している。生活はエキサイティングで冒険的であり、尊敬する父がいて、人々の命を救っていたのだから。しかし史実によると、1944年から1945年にかけてハンガリーでは、6万人のユダヤ人が虐殺されている。しかもナチス当局は、強制連行の命令書を配布する仕事をブダペストのユダヤ人協会に命じており、その任務は幼いユダヤの子供たちが担っていた。ソロスもその一人であり、ユダヤ人大虐殺に手を貸したという重い経験をもっている。

ジョージ ソロスはナチス協力を告白した

確かにソロスはナチスに協力したことを告白してるようだ。
こんなブログ書いてる人もいるね。

https://ameblo.jp/sacredokinawa/entry-12260092551.html

まず、以前にも紹介したBBCの動画

http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-862.html
↑こちらの記事で、goutさんに返信したコメントにリンクしてありましたので、見落としても仕方ないですね。

当時はコメントの数も多く、探すのが簡単じゃないですね。

URLがうまく貼れなかったので

日本人はあんまり知らないのかもしれないので

ピザゲート

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%B6%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88

問題は陰謀論は信じる人には陰謀ではないこと
事実を隠すために陰謀論だとしていること

6分の動画翻訳 、5分5秒あたりから最後まで

「妄想」かどうか、がわかればいいので、これで充分だと思います。警察の調査とか、そこまで要求してくるのは度を超えます。v-399
BBCという大きな局が取材し、放映されたのですから、英語圏の関心ある人には知れているのです。
45分の方が先に放送され6分の方は約1年後の放送のようです。
v-159

(インタビュアーのナレーション)
According of Teresa, hundred of babies were sacrificed by the cult .
テレサによると、何百人もの赤ん坊がカルトによって生贄にされました。
Not just other people’s babies, but her own as well.
他人の赤ちゃんだけでなく、彼女自身の赤ちゃんも。
By the age of eleven, she’d already become a mother.
彼女は11歳で、すでに母親になっていたのです。

インタビュアー:How many times did you become pregnant?
何回妊娠したの?
テレサ: Seven.
7回。
イ: Seven times the babies were aborted were they?
赤ちゃんは7回中絶されたんだね?
テ: Yeah.
そう。
イ: Where were the abortions carried out?
中絶はどこで行われたの?
テ: My nan’s house.
おばあちゃんの家で。
イ: Who would perform the abortion?
誰が妊娠中絶をやったの?
テ: Our house. It was my nan ‘s and that’s a bigger house. It was Doctors there.
私たちの家、私のおばあちゃんの大きな家で。
そこには医者達がいた。
イ: Doctors were part of ceremonies too were they?
医師も儀式に参加していたの?
テ: Yeah.
はい。
イ: Would anything else be done with these fetuses?
これらの胎児には、他に何かしたのかな?
テ: I eaten.
食べた。
イ: I beg your pardon?
ごめん、何と?
テ: I eaten. We were mine to eaten and everyone would have piece.
食べた。 みんなで私の(赤ちゃん)を食べた、一部分づつ。

Koyomiさんへ

はじめまして、でも無いですから
ハンドルネームにツッコむようなこと、
今更どうでもいいことですよ〜v-8

とっさに歌のタイトルが浮かんで、真剣に考えてつけたわけじゃありませんので。
あしからずv-10

記事と関係ないですしね。

おそらくサンクチュアリの精神はリスクを負うというものなので、危険に見えるかと思います。

例えが合ってるかわかりませんが…
香港の若者たちが平和的なデモをしていますが、実際はとっても危険な目にあっています。そこで救護班のボランティアで参加してる医療従事者の方が、
「若者たちが自分のためでなく、市と未来の人々ために戦ってるのに、部屋にこもって黙って見てるという選択ができないんだ」
と言われていた気持ちに、やや近いと勝手に思っています。

自分がそうなれているかは…そう実現したいと願ってはいますが。

風のたよりについて、米本様へ

昨日の日曜礼拝でもアナウンスがありましたが、
よろしかったら、お二人にお志をということですから、我が家も少しばかりですがお祝いをしたいと思います。
他の方のことは知りません。
関係ありませんから。

人のこと言えんが。

食口、元食口って、お手軽世直し好きですよね。
信憑性の薄い「裏話」、陰謀論めいた「隠された真実」にすぐ食いついて、「自分はこんなこと知ってる〜」「自分は意識高いんだ〜」と暗に自慢して、黙ってられない。

10代、20代初めの原研ボーヤ、嬢ちゃんならそれでもよいが、50代、60代になってもそーじゃね、情けないし、恥ずかしい。

サンクチュアリがいつ市と未来の人の為になることをした?
いつ、市と未来の為に動いてる人を支援した?

いーかげん地上天国ゴッコやめなよ。

近隣に迷惑かけまくり団体だということ、自覚しなよ。

歴史を動かせる人物

人類を終焉させる程、恐ろしい兵器をもった敵対する国家元首同士が、明日会いたいとツイッターで呼び掛ければ本当に実現してしまう。これを一部の人たちは外交の天才と評価してましたが、マスコミも大きくは取り上げ無いし、感動、関心を持つ人は少ないんだと思いました。

koyomiさんへ

>信憑性の薄い「裏話」、陰謀論めいた「隠された真実」にすぐ食いついて、「自分はこんなこと知ってる〜」「自分は意識高いんだ〜」と暗に自慢して

激しく同意します。
陰謀論好きのの人はナルシスト的傾向が強いみたいです。

見落としてました

한학자 と書かれたラグを7回踏み越えるというデモンストレーションの発案者は、ジョージ・クック牧師という最近サンクチュアリに来た方です。

https://ameblo.jp/88angelvoice/entry-12497239796.html

https://ameblo.jp/88angelvoice/entry-12498913011.html

ソロスの動画、必要でしたらチャレンジしてみますが…

aquaに注意

1)きちんとした文章を書くように。意味不明文が多すぎ。

2)批判に対しては誠実に応えるべし。

3)釈明いらず。

先駆者に注意

1)意味不明文は投稿しないこと。

「風のたよりについて、米本様へ

昨日の日曜礼拝でもアナウンスがありましたが、
よろしかったら、お二人にお志をということですから、我が家も少しばかりですがお祝いをしたいと思います。
他の方のことは知りません。
関係ありませんから。」

まるで意味不明。

ただし、1万$なら大歓迎!
そういえば、数年前に、サ教王の側近者(?)から感謝状と100$紙幣が届いたことがありました。送り返すことができないので、焼きとりになりましたが。ニッコリ

2)返信いらず。暑いので。お盆で和尚様を迎える準備もありますので。合掌

注意!

14日と15日は、サイトはおやすみ。投稿しないでください。

おバカに反論を書くなんて不毛のことはやめてください。意味なし。

16日にはアップします。

エッグさん、感謝感謝です。

Re.先駆者に注意

いつもこんな形で幕引きされますね…v-12 問答無用!

>2)返信いらず
ということですが、
一応、↓

>先駆者さん、 検討して!

風の便りです。

「7男の長男さんが日本人と祝福を受けたけど、どっちもお金が無いので韓国サ教でお祝い金を集めているとのことでした」

先駆者さん、祝福献金を呼びかけたらいかがでしょうか。


これの返事のつもりでした。

お盆の行事がうまくいきますよう。祈り。

だいじょうぶですか。

>↑
これの返事のつもりでした。

たくさんの人とやりとりがあって

そんなことわかるか。
人生、やりなおし!

再度の投稿は即行、削除。

(丁寧な説明。たくさんの人とのやりとりがあって、先駆者さんとのやりとりも瞬時には頭に浮かんでこないのです。理解できますか)

不誠実なのは誰

米本さんは、少なくとも間違ったこと言ったんですよね。BBCで「報道していなかった」と言い切ってましたが、確かに報道してた。ただ、英語ができない為に分からなかった。あやふやな認識で妄想だと断定してしまった。これに対して、英語と日本語訳で当該部分を説明されても、それについては釈明するでも、言い過ぎた非を認めるでもない。これこそ不誠実な態度だと思うのですが。
米本さんはいつも苦しくなると、①「意味不明」②「だいじょうぶですか」と言ってごまかす。何度も繰り返してるから、気づいてる人は結構いると推測します。

BBCってほんとですか?

BBC,BBCと言ってますが、この6分版と45分版のインタビュー動画はBBCではないのではないでしょうか?
動画のタイトルに「60minutes」と書いてあるように、「60minutes」という名前のアメリカのテレビ番組(CBS)だと思います。
先駆者さんが以前紹介したというリンクにもちゃんと「60minutes」と書いてあります。
英国国営放送のBBCとではずいぶん格とイメージが違いますが、これがBBCだという根拠を教えてもらえませんか?

ちなみに私は、以前洪ナンスクさん、ウンジンさんなどが出演したことで60minutesという番組を知りました。https://www.youtube.com/watch?v=6Ia4Fq6cd0k
日本語版 https://www.youtube.com/watch?v=L0nm0mABf2o

また「45分の方が先に放送され6分の方は約1年後の放送のようです」とありますが、45分版の中に6分の部分が含まれている(34分辺り)ので、同時放送だと思いますがいかがでしょうか。
先駆者さん、ちゃんと動画を観て紹介しているのですか?

>*イギリスのBBC 放送から、悪魔儀式にて小児性暴行を受けて何度も堕胎した少女。6分版 https://youtu.be/mRJ9gwHkrPk
45分版 https://vimeo.com/326667824

>BBCという大きな局が取材し、放映されたのですから、英語圏の関心ある人には知れているのです。
45分の方が先に放送され6分の方は約1年後の放送のようです

2年前の先駆者さんのコメント「goutさまへ、参考までに」より
>悪魔崇拝で小児性愛の虐待からの生還者 BBC放送 (英語ですが)https://youtu.be/6J9tNgu73Wc

2年前の先駆者さんのコメントは全然無視されず、当時ちゃんとgoutさんがこの件について参考になるコメントを返していますので、以下に全文引用させていただきます。

[2017/08/19 08:34] |
先駆者さんへ1   gout

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E7%9A%84%E5%84%80%E5%BC%8F%E8%99%90%E5%BE%85
 より引用

悪魔的儀式虐待(あくまてきぎしきぎゃくたい、英語: Satanic Ritual Abuse, 略称: SRA)とは、悪魔崇拝者の儀式に子供たちが供されて性的・肉体的に虐待されたとする主張で、1980年代に全米各地で告発が相次いだ。しかし、現在は多くはモラル・パニックに過ぎなかったと考えられている。
アメリカ合衆国では、何万人もの子供達が悪魔崇拝者らによって虐待され、殺害されていると考える人が少なくなかった。現在もそのような認識を持つアメリカ人は少なくないが、FBIなどの統計上は、そのような事実は認められない。FBIは結局国内で悪魔崇拝者らが幅広く虐待を行っているという事実はない[1]と結論を下している。これはアメリカの特に宗教に熱心な地域社会で広まったものであるということで、悪魔崇拝者のレッテルを貼られた者に対する文字通りの現代の魔女狩りに過ぎなかったといわれる。
1983年のマクマーティン保育園事件でもこの悪魔崇拝者らの儀式的な性的虐待が話題となったが、全員無罪となった。また、抑圧された記憶を回復記憶療法により思い出したとされる人たちの中にも悪魔的儀式で虐待されたという記憶を持つ人が少なくなかったが、1990年代に親による近親姦の話題の絡みで虚偽記憶の問題が浮上し、こういった話がセラピストの催眠により作られた記憶であった可能性が高い事が分かると、多くの人が一般にこういったことが行われているという自説を撤回せざるを得なくなった。
 引用終わり

まず悪魔崇拝者の虐待からの生還者の証言については虚偽記憶のケースがおおいのです。
先駆者さんが示した動画は英語なので理解できませんでしたが。

 私はおどろおどろしい儀式をする宗教団体が存在することは否定しません。しかしそれが闇の世界統一政府とかソロスと結びついてるとは
考えにくいと主張しているのです。
 小さな事実と都市伝説を認知バイアスで出かけ合わせトンデモ陰謀論やヘイト思想や「魔女狩り」に持っていこうとする傾向が危険だといっているのです。
 ナチスヒットラーが「シオンの議定書」(ユダヤ人陰謀説)を利用してホロコーストに導いたのもその流れです。
 

80-90年代にアメリカで「悪魔崇拝者崇拝者による虐待」を受けたという少女が親や保育所を告発した事件がありました。
 しかし、物証がなく証言もあやふやで冤罪事件になったケースばかりだったのです。まず虚偽記憶、過剰記憶の可能性を考えるべきではないでしょうか。
 文7が「王国のカオス」の中で11歳の少女が数十回レイプされ6回妊娠して胎児を悪魔崇拝儀式に利用したとスピーチしてますが
警察や裁判で事実認定されたのでしょうか?(11歳で6回も妊娠したということですか?ということは5歳くらいから妊娠してないといけませんね)

 胎児というからには人口中絶させられた可能性が高いのですが6回も中絶したら母体にかなりダメージが残って証拠があると思います。

http://diamond.jp/articles/-/56277?page=2
引用

 ★アメリカでは否定されている「トラウマ理論」
”わかりやすい説明”ほど危険なものはない


「トラウマ」の流行が生み出したもの
“トラウマ”がアメリカで大流行したのは、(一般に思われているのとはちがって)アメリカが迷信のはびこる伝統的な社会だからでもある。さまざまな統計調査で明らかなように、アメリカ人の多くは深く神を信仰している。
 神の実在を信じるのなら、悪魔もまた実在しなければならない。保守的で信心深いバイブルベルト(中西部から南東部にかけての“聖書原理主義”の拠点)に住むアメリカ人は、映画『エクソシスト』や『オーメン』で描かれたような悪魔崇拝が現実に行なわれている(にちがいない)と思っている。
 このような迷信社会で素人同然の催眠療法家が記憶回復療法を行なった結果、なにが起こったのだろうか。
 1980年に出版された『ミシェルは覚えている』では、催眠療法を受けてトランス状態だったときに抑圧されていた記憶が蘇ったとする30歳のカナダ人女性が、「幼児期に悪魔崇拝カルトによって性的虐待を受けた。母親もカルトの一員だった」と告白し、センセーションを巻き起こした。この本が出版されてから約3年間で、「託児所がじつは悪魔崇拝カルトの一員で、預かった子どもたちに性的な虐待を行なっていた」という訴訟が全米で100件以上提起された。
 さらに1988年に出版され、75万部を超えるベストセラーとなったエレン・バス、ローラ・デイビス共著の『生きる勇気と癒す力』では、「記憶が抑圧されている可能性が高い」チェックリストのほかに、「性的虐待を受けたという記憶が蘇ってから3年以内であれば訴訟を起こすことができ、和解金の範囲は2万ドルから10万ドル」という弁護士のコメントと、こうした訴訟を専門とする弁護士の連絡先リストが掲載されていた。
 1990年には、現職警官が悪魔崇拝で有罪を宣告されるという衝撃的な事件が全米を賑わせた。
 熱心なクリスチャンで共和党地方本部の代表者でもあるポール・イングラムは、記憶回復療法を受けた娘のエリカから次のように告発された。
〈父は、角のついたバイキングハットに似た帽子をかぶりガウンを着ていた。母を含めた悪魔崇拝の教徒たちが、全員で生後半年ぐらいの赤ん坊を順番にナイフで突き刺し、女性の教徒が死体を穴に埋めた。
 乱交パーティが催された。父は私に、ヤギや犬とセックスするように強制した。母も動物とセックスをし、その様子を父がカメラに撮っていた。母は、棒で私の性器に傷をつけた。100回くらいは暴行を受けたが、ある時は、その後で父と母が私の体のうえに脱糞した。
 生贄にされた赤ん坊は25人以上目撃した。また私が身ごもった赤ん坊をハンガーで掻き出し、手足をもぎ取ってその血まみれの死体を私の裸にこすりつけた。〉
 驚くべきことにアメリカの裁判所は、このような荒唐無稽な物語を根拠に、なにひとつ物的証拠がないにもかかわらず、悪魔崇拝の罪で父親を有罪にしてしまった(この事件には、父親を刑務所送りにした娘のエリカがテレビ局をはじめとするマスコミから引っ張りだこになり、ちょっとしたタレントになるというおまけまでついた)。
 きわめつきは、「ヒロインが子ども時代に使ったベッドに寝転んだときに、父親から性的虐待を受けていた記憶が蘇る」という物語仕立ての『広い場所』が1992年のピューリッツァー賞を受けたことだった。92年から94年の3年間に「蘇った記憶」の訴訟はピークに達し、年間に100件を超えるようになった(上記のエピソードはすべて矢幡洋『危ない精神分析』〈亜紀書房〉による)。
次のページ>> 「蘇った記憶」は捏造だった

引用終わり
続きはリンク先で読んでください。
[2017/08/19 08:34]
URL |
gout
[ 編集 ]
TOP ▲

続・BBCって

先駆者さんがレスの記事をアップされたようなので、
https://ameblo.jp/88angelvoice/entry-12506121145.html

その返信というわけでもないのですが、続を書かせていただきます。

まず、私は件の動画のインタビュー内容については何も言っていません。ただgoutさんがコメントで引用していた、医療専門家たちの時間をかけた実験や研究、司法措置の経過などは人類の遺産として無視できず、じっくり読んだ方がいいと思って引用しました。もちろんこういう結果に満足できない事情の人たちも存在するでしょう。

さて、私が “こだわっている”(先駆者さんの表現による)のは、インタビュー内容ではなく、英国BBC 云々で・・・
なぜこんな “どうでもいい” 些細なことにこだわっているかというと、2016年のサンクチュアリ教会礼拝で文7亨進さんが、(この動画は)「BBCが制作して放映した」「BBCのドキュメンタリーだ」とはっきり語っているからです。
http://h2fanclub.blogspot.com/2016/10/10live.html
http://h2fanclub.blogspot.com/2016/10/kingdoms-door-201610.html
https://nqj17437.wordpress.com/2017/02/14/%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%97%e5%b9%b4%ef%bc%92%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%92%e6%97%a5%e3%80%8c%e6%ad%bb%e3%82%92%e8%b6%85%e3%81%88%e3%82%8b%e7%8e%8b%e5%9b%bd%e3%80%8d%e3%80%90%e8%8b%b1%e8%aa%9e/

共通認識として、あの動画が60minutesという番組であることは間違いないことだと思います。タイトルのみならず動画の途中にも60minutesのロゴが出てきますし。

調べたこと:
60minutesとは: アメリカの民放CBSテレビが放送するドキュメンタリーテレビ番組。制作はCBSプロダクション。
オーストラリアの 60minutesとは: アメリカ60minutesのオーストラリアバージョン。同じフォーマットを使い、オーストラリアで独自制作。放送は9チャンネル(民放)
日本語wikiのみリンクしときます
https://ja.wikipedia.org/wiki/60_Minutes

どのwikiにも「BBC」との関係は一言も出てきません。
ほかの記事で拾った小ネタとしては、最近CBSとBBCがワールドニュース分野でソースの共有契約を結んだ、オーストラリアの国有放送ABCでは週末あたりよくBBCの自然ドキュメンタリーが配信される、桜井誠の所(日本)に英国BBCから取材が来た、というトリビアネタ。時系列的にも今回の件とは全く関係がありません。

もう十分でしょう。はよ判断せいと内的自我に促される。はい、できるだけ客観的な情報に当たった結果、小さくとも私は判断します。この動画はBBCとは関係がない、と。
(「おまえは(BBCの全放送を)見たのか?」とか言われると困るのですが。)

で、自分が調べて納得した判断と違う、先程引用した二代王の説教発言についてはどうするか。それはそれで曖昧・テキトウにしておくか。“高卒の一主婦なので、あとは専門家にー”?(先駆者さん、いやだなあ、学歴自慢ですか)
私も主婦ですが(小卒主婦)、学歴関係なく今回は、休暇中の火の粉放送を乗っ取って、一歩踏み込んだ判断をしようと思います。

あの人たち(亨進さん國進さん)は嘘をつくことがある。自分たちに都合がよいように、称賛が集まるように、利益があるように嘘をついてしまい、妄想を勝手に作り上げて、必要な冷静さを欠いてしまう。自らを含め凡夫は皆その傾向ありですが、彼らが普通より危険なのは、それが「神の摂理だ」とか「反すれば審判が来る」また「おまえたちは二代王ゆえにさんざん称賛を受けておいて、二代王が社会的に批判を受け都合が悪くなると二代王に従わず二代王を見捨てるのか? 二代王のために従わない(=韓鶴子名を踏まない)と言うなどありえない」等と言って、人にほぼ強要し、反省する機会をなくす癖がついているからです。これは、文鮮明・韓鶴子両氏も全く同じことです。

下の説教からすると、この些細なBBCのことは、國進氏からきているのかもしれません。
亨進説教より(2016.10.02)
「自由社会セミナーで國進兄さんが見せてくれた、若い女性のインタビューを思い出してください。邪悪な悪魔崇拝の祖母が、彼女をセックスカルトに行かせて、6、7人の男にレイプされるところを見ていました。そして彼女は11歳になるまでに7回も妊娠し、彼女に自分の赤ちゃんを殺させ、切り裂き、ルーシェルに捧げ、彼女に肉を食べさせていました。BBCが制作した、その実際のインタビューを覚えているでしょうか。その人々はふざけてやっているのではありません。みなさん、これは現実なのです。信じないという人は馬鹿者です。」http://h2fanclub.blogspot.com/2016/10/10live.html

「とにかく、文鮮明、韓鶴子、亨進、國進、顕進、その他真の家庭と言われる人たちは、おまえらと同じなんら特別なことのない人間の範疇なので、おまえ、苦しゅうない、心置きなく彼らを素材・題材にしていいぞ」
「はい、ありがとうございます」
「この感覚をとこしえに忘れるでないぞ」
「はいっ ありがとうございますっ」
自問自答。儀式おわり。BBCびわ湖放送でした。(笑)

オシホさん、感謝です。

近く、記事で取り上げます。心から感謝です。
「私は高卒の一主婦」(先駆者さん)の居直りには屈託なく笑えました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/1062-6d80ae9a