FC2ブログ

鮮抹殺--無血クーデターは成功裏に終わるか。 


神となってしまった真のお母様(3)

前回の記事は「村に、 サーカスじゃなくてメシアがやってきた!!」

『真のご父母様』用語の正体見たり!



これは、U-ONE NEWS 2019年7月12日号の映像である。6分20秒台のところを見てもらいたい。
 徳野会長は「真のお母様」と話しているのに、字幕では「真のご父母様」、と話したことになっている。
 このことから何が分かるのだろうか。過去を思い出してもらいたい。

  統一教会2代会長の(故)神山威氏は、韓鶴子の「2014・7・1講話」前後に、講演活動を活発に行い始めた。

 これに対して、統一教会は異様とも思える程の神山攻撃を繰り返すようになった。

 部外者の小生には、どうしてなのか、あまり理解できなかった。統一が神山氏のことを「郭グループだ」などと言うから、よけいに理解を妨げられたのである。
 今となっては分かるのだが、統一は神山氏が文鮮明と韓鶴子が一体ではない、夫婦一体ではない、父母一体ではないといった趣旨のことを述べることに神経を尖らせていたのだ。

 神山氏が「真のお母様」といえば、統一は父母一体なのだから「真のご父母様」と表現しろ。
 ところが、冒頭に紹介した通り、徳野会長自らが「真のお母様」と呼んでいるのだ。これは一体どういうことなのか。

小生は次の写真を示し、父母一体ではないと論評した。
「鮮」を消した「鶴」たち」[2015/04/05 10:16]
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-574.html

11079652_1053735537987055_920318914089524722_n_20150402142703cd7.jpg

事実に反すると血相を変えたように非難していた小心者・太田朝久講師たちよ、今も文鮮明と韓鶴子は一体なのか、説明してくだされ。



 こういうことなのだ。
 文鮮明メシアから韓鶴子メシアへの切り替えが成功しつつある。よって、時代錯誤的な写真はもう必要なくなった。
徳野も
「真のお父様」
「真のご父母様」
「真のお母様」
と、表現に神経使わなくてすむようになった。

 文鮮明から韓鶴子に(文鮮明でメシを食う体制から韓鶴子でメシを食う体制)に。無血クーデターは成功したといっていい。(ただし、文鮮明派の澤田地平氏は暴行を受けているが)

 前回の記事のコメント欄で、ひまわりさんが
「21日の忠清圏孝情真の家庭希望フェスティバルにて、韓お母様の講演を聞いていて上手く語って信者を欺いているなと感じました。(略)最近では、「文鮮明」という単語まで語りません。それでも、頭の悪いというか、お母様を持ち上げて見ている信者には、夫に悪意を持っているとは映らないのです。このように語るところは上手いなと思います。 持ち上げて見ている信者は永遠に気付かないだろうな」
と喝破している。
確かに、U-ONE NEWS での韓鶴子講演では、文鮮明(真のお父様)という名を全く語らなくなっているし、会場には写真すら飾られていない。

(補足)キチガイキも永遠に理解できないかも。「 ヨンギ氏、堀 勇一氏、澤田治平氏、ほか支流人の方々へ--お父様の「独生女」み言をみましたか?」 。問題の本質がまるで理解できていない。頭がいい悪いの話があったが、キチガイキははっきりいってものすごくアタマ悪ィ~!きっつぁん、反論期待すっ。

介護ブログ「ブル-な気分」  


味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

わかりやすいです

非常にわかりやすいです。
年に1〜2回しか家庭連合に顔を出さない、でも自称現役食口の私の感性と一致する記事です。

私が米本さんの記事に期待する点に、以下のような冷静な投げかけがあります。
『これに対して、統一教会は異様とも思える程の神山攻撃を繰り返すようになった。
 部外者の小生には、どうしてなのか、あまり理解できなかった。統一が神山氏のことを「郭グループだ」などと言うから、よけいに理解を妨げられたのである。 』

中にいると、なかなかこういう視点に気がつけないです。
私は顕進様を支持する立場ですが、顕進様支持派の意見に対しても、このような一歩引いて見る視点が必要だと思うのです。それは顕進様を批判することではなく、同じ間違いを繰り返さないためにです。

記事には、それぞれに目的があると思うのですが、こういう記事は冷静に受け止めたいものです。自分の立場を指摘された時、どこまで冷静に受け止められるかはわかりませんが(笑)

クーデターが成功した韓鶴子氏の‘武器’

>文鮮明メシアから韓鶴子メシアへの切り替えが成功しつつある。よって、時代錯誤的な写真はもう必要なくなった。
徳野も
「真のお父様」
「真のご父母様」
「真のお母様」
と、表現に神経使わなくてすむようになった。


 米本さんは拉致監禁問題を通して統一教会信者や元信者と関りを持つようになり、教団幹部とも交流を持つことになりましたが、ご自身は特に宗教を信じているわけではなく、ましてや集団での信仰生活など経験しておりませんから、統一教会系信者の情緒や内面世界について理解するのは容易なことではありません。
 それは統一教会系信者が米本さんの人道主義的価値観を理解できないのと同じであり、どうしようもないことであります。
 元信者である私にもそれは言えることであり、統一教会において原理講論の講義を受け、それを基に信者となった私には、霊感商法から統一教会につながり、先祖供養に惹かれて信者になった人たちの内面世界、感性は理解不能です。
 ただ、統一教会の信仰には他の宗教とは明らかに異なる特徴があり、それは今まで何度もコメントで述べてきたように「堕落論」を信じていることであり、自分達は堕落した人類始祖の血統を引き継ぐ堕落人間であると信じていることです。
 自分自身も含め、全世界の人間が堕落人間として生まれたと信じ込むようになると、一般社会の人とは全く異なる世界観、人間観をもつようになり、一般社会にある道徳などは意味を持たなくなるのです。
 さらに自分達が堕落人間であると思い込むようになると、必然的に教団の指導者に対し依存心が生まれるようになり、そこに独特の人間関係が生まれ、信者どうしが同じ感情を共有するようになります。
 「メシア」「真の父母様」はその依存的な信者によって神格化されるようになりますが、より依存的傾向が強い信者達には遥か遠い存在である「メシア」「真の父母様」よりも目の前にいる組織の「アベル」(上司、教会指導者)の影響力の方がより強く、直接的であり、依存関係も強くなるのです。

 統一信者の依存的性格も人によって違いが出てきますが、原理講論の「創造原理」により強い影響を受けた信者などは比較的組織に対する依存心が弱くなります。
 「創造原理」は基本的に一神論として書かれていますので、「神」をイメージする場合には自分の心の奥底にあるものとしてイメージするようになり、他者に精神的に依存するという発想は生まれにくくなります。
 ‘火の粉’でそのブログが引用されることが多い澤田地平氏なども比較的依存心が弱いほうで、信仰が直近の「アベル」に依存していないのは彼のブログを見ての通りです。
 日本の現在主流の統一信者、特に末端信者たちは間違いなく霊感商法お客さんタイプの信者たちであり、澤田地平氏などと違って教理に対する拘りもそれ程ありません。
 ただ、霊感商法お客さんタイプの信者であったとしても、自分達は救いが必要な堕落人間であることだけは信じているので、誰であれ依存する特別な存在は必要としているのです。

 以上のように考えれば、韓鶴子氏の「無血クーデター」などはそれ程難しいことではありません。
 統一信者にとって、「真の父母様」はあらゆる意味において絶対なのであり、文教祖が韓鶴子氏を「真の父母様」のもう片方と認めた段階で、既に韓鶴子氏は最高権力を持つ最大の武器を手にしたことになるのです。
 文教祖は生前、実際に韓鶴子氏を批判した説教をしてはいますが、「真の父母様」のもう片方の位置を否定したことはありませんから、文教祖から離婚されずに文教祖が他界した時点で、韓鶴子氏の勝利は確定したのです。

 ただし、韓鶴子氏と文教祖の不和を知り尽くし、なおかつ文教祖個人を絶対化している亨進氏、国進氏などには韓鶴子氏の力が及ばず、逆に激しい反発が生じることになります。
 澤田地平氏のブログには「文鮮明氏安楽死」事件の真実が暴かれていますが、それを文教祖絶対の信者が見たとしたら、韓鶴子氏を罵るようになるのも分かる気がします。
 http://shimpankaihiproject.blog.fc2.com/blog-entry-324.html

 その澤田氏のブログを見る限り、サンクチュアリー教会と韓鶴子氏を中心とする家庭連合が和合することは絶対にあり得ません。
 そのことを家庭連合幹部は十分に分かっているので、サンクチュアリー教会に対しては強い警戒心を持っているのです。
 そしてたとえ中立的な立場であったとしても、澤田地平氏の記事を引用することが多い‘火の粉を払え’を、家庭連合は敵視することになるのです。

 今回の記事で紹介された動画には徳野嘘吐き会長のスピーチも映っていますが、そのスピーチは組織依存の信仰を持つ信者でなければ、とても聞けたものではなく、文字通り馬鹿丸出しのスピーチです。
(引用始め)
何と言っても、この日本の帯広、聖火の郷における聖火式は 唯一真のお母様が日本の民族的な伝統、この火を使って過去のすべての罪を清算するという伝統的な文化を尊重してくださり、世界で唯一火を使った立場での聖火式を許諾してくださいました。
(引用終わり)

 上のスピーチ文にある「世界で唯一火を使った立場での聖火式を許諾してくださいました」だけを見ても、彼の馬鹿さ加減がよくわかります。
 彼は古代から「火を使う」ことが宗教儀式のメインになっていることなど全然知らないのです。彼はキリスト教の基本を知らないどころか、宗教そのものについて何もわかっていないのです。
 その馬鹿さ加減は日本家庭連合の会長としては‘罪’でさえあります。
 米本さんは徳野嘘吐き会長をまともな頭の持ち主と思っているので、「真のお母様」とスピーチで言ったことに対しても憶測を述べているのですが、それは買いかぶりであり、彼には意味を理解して言葉を話すような知的能力はなく、あるのは教団トップのポチになりきる能力だけなのです。
 そして、その非知性的な言葉をありがたく聞いているのも、同じような依存症信者ばかりなのです。

 

Re: わかりやすいです

プームチャイさん
>非常にわかりやすいです。
年に1〜2回しか家庭連合に顔を出さない、でも自称現役食口の私の感性と一致する記事です。

最高のほめ言葉、正直、うれしいです。

Re: クーデターが成功した韓鶴子氏の‘武器’

だいたいは納得しますが、あまりにも一面的すぎます。

>米本さんは拉致監禁問題を通して統一教会信者や元信者と関りを持つようになり、教団幹部とも交流を持つことになりましたが、ご自身は特に宗教を信じているわけではなく、ましてや集団での信仰生活など経験しておりませんから、統一教会系信者の情緒や内面世界について理解するのは容易なことではありません。

これまでいろんなことを取材し、さも知ったかのように(苦笑)、記事にしてきました。約40年間も。
宗教(的)関係でいえば、幸福の科学、創価学会、ヤマギシ会、エホバの証人、親鸞会、顕正会・・・。

「信者の情緒や内面世界について理解するのは容易なことではありません」

そうだと思います。だからこそ、創価学会を知るために、荒川区町屋三丁目の学会の家庭を訪ねました。約一カ月間。

この話は認識論になっていきます。
ブログで書くことにします。ごめんです。

勇気ある人は実験して欲しい!

大会で、お母様とみんなの目の前で、「お父様賛美」をして欲しいです。「お父様が、勝利圏を立てて下さり、今のお母様があるのです!」と。

実験で、やる勇気のある人はいないかな?いないか~・・・

字幕は徳野会長の指示だと思います

徳野会長はU-One Newsの動画をいつも細かくチェックしていると聞いたことがあります。どの映像を使うか、字幕はどうするかなど編集スタッフに細かく指示しているはずです。それは徳野会長を知る人であれば共通の認識だと思います。もし細かい指示がなかったとしても、編集スタッフが忖度して徳野会長に後々注意されないように字幕を付けている可能性は高いと思います。

今回、米本さんが気付いた部分は、信徒であれば何の矛盾もなく受け入れてしまう部分だと思いますが、確かにとても重要な部分だと思いました。他にもこのU-One Newsの2:00の鶴子氏の発言「聖父(父なる神)一人ではできません」や「聖父がいるならば聖母(母なる神)もいるべきです」という発言にもカッコ書きで修正が施されています。

その前後の文脈を読めば明らかですが、この聖母は独生女のことであり、まさに鶴子氏本人のことを言っているのだと思います。(「聖母によって誕生するのです」と語っています)しかし、あえて「母なる神」と言い換えているのは、あまりにも直接的な表現なので信徒たちに受け入れられるかどうか心配だったからかもしれません。(もしくは本当に鶴子氏を母なる神だと思っているのか…)

また、2:37では「独り娘によって歴史の真実が明らかにされたのです」と語っています。ここは言い換えることもあきらめたのか、このくらいは、まいっかと思ったのか、そのまま伝えています。しかし、今までの教会内の常識で言えば、歴史の真実を明らかにしたのは文教祖であって鶴子氏ではあり得ません。この部分をカットしないのは徳野会長の鶴子氏への忖度中の忖度なのかもしれません。

その後、2:52と2:56と3:12と3:30の4回ほど、鶴子氏本人が自ら「真の父母」という表現をしていますが、これは本当に鮮明・鶴子夫妻のことを指しているかは不明です。幹部たちは「ちゃんとお母さまも"真の父母"と言っているではないか」と弁明すると思いますが、本当に最近は見事なほどに「お父様」とか「文鮮明」という呼称が使われていないところを見ると、前回の投稿でも書きましたが、呉教授と七男に吹き込まれたこと、つまり自分は神様の花嫁であり、文鮮明は本来の夫ではないと思っているのは間違いないかもしれません。ここで使っている「真の父母」は鶴子氏的には「天の父母」のつもりなのかもしれません。そう考えると、「独生女=聖母=母なる神」という解釈も矛盾しないのかも(幹部たちもない頭フル回転で大変です…)

つい澤田氏が得意とする「韓オモニの分析」と似たような内容になってしまいましたが、最近の鶴子氏の一つ一つの発言を見ていくと、いかに鶴子氏が自分の路線を確固たるものにしたかがわかります。いよいよキリスト教まで動かせるようになって怖いものは何もないといった感じです。また、それを少しでも信徒たちにごまかそうとする徳野会長はじめ幹部たちの悪知恵も見えてきます。徳野会長に知性があるかどうかは分かりませんが、自分の保身のためであれば、へびのように狡猾だということは有名な話です。(「スネーク徳野」が愛称です) 今、信徒たちに一番不安を与えるのは「真のお母様はお父様と一体となってはいない」ということですので、それを誤魔化すことで頭がいっぱいといったところでしょう。

私もおふくろさんのコメントに同意します。つまり、あと何年かわかりませんが、鶴子氏は自分の独裁政治を死ぬまでやり通すと思います。それは、特に何か目的があるわけでもなく、ただ文教祖に振り回された人生を取り返して、思う存分残りの人生を謳歌したいという一心のようにも見えます。(あくまで個人の見解です)もう誰の言うことも聞かない女帝になってしまいました。本当にこの教団には虚しさしか感じません。

一言の感想です

この写真には惑わされると思いますが、
大勢が向かって座っている祭壇が(果物等供え物が整っているところが)「神様と真の父母様」の位置となっているので、当該の写真はやや儀式的な装束に身を包んでいますが、儀式的正装をした一枚の「お母様」の写真として部屋の側面に飾れれているものだと考えるのが正常信徒の見方なのではないか、と思います。

また、「お母様」関連の最近の米本様の記事はやや偏向的なリードをする効果があるかなという印象を個人的には持っています。
報道や表現の自由の範疇なのだと思いますが、信仰の浅い人なんかはそうした効果でだんだん信仰がなくなっていくかもしれませんね。
そんなこともあって教会内のネット閲覧注意喚起があるのかなと思いました。
一般論的かもしれませんが、真実は外側からだけでは必ずしも理解できるものではないかな?とも思いましたし。
あーでも違いますよ。こんなこと言うと誤解が発生しますが、
わたしは厳密には信仰者ではないです。

現在の教会の随所に不信感をぬぐえません。すべて人間がやっていることなので完璧ではないのは仕方ないか、とは思うのですが。
しかしながら米本様がいつまでこの教会とつきあって?いかれるのだろうか。。
拉致監禁はなくなった?が、本当にそうなのだろうか。
良ろしければお応えいただけませんか、
拉致監禁は絶滅したんでしょうか・・・
すみません。本日の暑さのせいか文章がおかしいかもしれませんが、投稿お許し下さい。

Re: 一言の感想です

投稿感謝です。

写真のご指摘、合っていると思います。小生は鮮明外しと受け取ったのです。しかし、それはむべなるかなと思うのですが。

>また、「お母様」関連の最近の米本様の記事はやや偏向的なリードをする効果があるかなという印象を個人的には持っています。

偏向的なリードではなく、生意気にも灯台だと思っています。

>一般論的かもしれませんが、真実は外側からだけでは必ずしも理解できるものではないかな?とも思いましたし。

半分正しいと思います。しかし、小生が影響を受けた共産党〓民青のことは、外側からの批判で、かなりの勉強になりました。


>拉致監禁はなくなった?が、本当にそうなのだろうか。
良ろしければお応えいただけませんか、
拉致監禁は絶滅したんでしょうか・・・

おそらくそうだと思います。後藤徹さんが何も発信していませんから。

Re: 字幕は徳野会長の指示だと思います

アムロさん、ご指摘、とても感謝です。

鮮から鶴への方向転換は、はっきりしていますが、いろいろなシックがいますので、朧月夜が必要なのでしょう。

>徳野会長に知性があるかどうかは分かりませんが、自分の保身のためであれば、へびのように狡猾だということは有名な話です。(「スネーク徳野」が愛称です) 今、信徒たちに一番不安を与えるのは「真のお母様はお父様と一体となってはいない」ということですので、それを誤魔化すことで頭がいっぱいといったところでしょう。

神々の黄昏さんの
「米本さんは徳野嘘吐き会長をまともな頭の持ち主と思っているので、「真のお母様」とスピーチで言ったことに対しても憶測を述べているのですが、それは買いかぶりであり、彼には意味を理解して言葉を話すような知的能力はなく、あるのは教団トップのポチになりきる能力だけなのです」は、入っているような印象を強く受けました。

コメントありがとうございます

米本様からコメントしていただいた内容だいたい理解できました。
ありがとうございました。

拉致監禁についての情報は後藤氏の発信頼みといったところなんでしょうか、被害者の会HPによると軟禁情報があるようですが、米本様ですら最新情報はわからないというのが意外でした。
軟禁されてます!なんて何とも情けない。。
しかし、もしこれから監禁を画策している仕掛け人がいたら、ご苦労様です、と言いながら通報しないといけないですね。
この手の監禁には国家権力も動かなかったようなので、実際どうなるかわかりませんけど、
今後も起きそうな雰囲気があったら、恐ろしいものがありますが、多少それのような気配は感じながらも、具体的情報がないなら良いことですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/1058-fc5caa13