FC2ブログ

“真のお母様”はメシアですか大淫婦ですか。 

神となってしまった真のお母様(1)
またカテゴリ-が増えました(泣)

“真のお母様”はメシアか大淫婦か。


徳野会長に教えを請いたいのだけど、小心だから期待薄。

ンクチュアリ教会(サ教)の教組、文亨進氏は2015年の説教で悪魔たちの連盟にたぶらかされている「お母様」 と述べた。投稿欄は必読!
 それからほどなくして、自分の母親のことを「バビロンの大淫婦」と評するようになった。当然、亨進氏への批判の声があがった。
 正直、私はついていけなくなった。そのため、亨進説教を紹介することはやめた。

 それから数年後、サ教は故文鮮明(霊?)と古参信者の康賢實女史との結婚式をあげた。
 当然のことながら、私は全くついていけず、ついに亨進&国進は狂い出したのか、とさえ思った。まぁ、霊界大好き集団だから、しかたがないのか┄┄┄とも。

 しかし---。
 真のお母様こと韓鶴子氏は「淫婦」と評されてもしかたがないと認識するようになった。 

ダウンロード (1)


 それは、このブログを読んだからである。289真理を問う行動1.27/「全部知ってて教会にいる」
 好奇心を抱いて読んだのは・・・

■澤田:2012年のね、1月18日にオモニが謎の結婚式を挙げたってことご存知ですか?
□河西夫人:あなたね、そういうことを何にも知らないで私達いると思う?
■澤田:あ、知ってんですか?知ってんですか?その謎の結婚式、知ってんですか?
□河西夫人:全部知ってて、それでちゃんと教会にいるのよ。
■澤田:その結婚式も知ってんですか?
□河西夫人:知ってますよ。
■澤田:誰と結婚式、したんですか?
□河西夫人:そんなことは、あなたに言う必要ない。
■澤田:言って下さいよ、知ってるんだったら。
□河西夫人:いやいや…
■澤田:それを知ってていらっ…、驚きましたね。

□河西夫人:そういうことを知って、教会にいるの。
■河西夫人は韓氏オモニの謎の結婚式を知っているというのです。そして、結婚相手を聞いたときの「そんなことはあなたに言う必要ない」という言葉は、結婚相手を知っていることを示しています。777クラスになれば、私達が知っている範囲のことはもちろん、それ以上のことも知っているのかも知れません。

 この原稿(2019/01/29)を読んだときは、なんのことかチンプンカンプンだった。
 澤田地平氏のこのあとの記事を読んで理解できた。俺はちょっと鈍い(泣

290松濤本部前行動2.3/上から順番に腐ってしまった家庭連合
http://shimpankaihiproject.blog.fc2.com/blog-entry-297.html
291松濤本部前行動2.10/河西夫人よ、家内を騙すな
http://shimpankaihiproject.blog.fc2.com/blog-entry-298.html
296河西園美様、人間として正しいことをして下さい
http://shimpankaihiproject.blog.fc2.com/blog-entry-303.html 


 つまり、真のお母様は2012年1月18日にお父様が麗水に行かれて留守のときに、金孝律氏と結婚式をあげたというのである。
 ちなみに、文鮮明氏が亡くなったのは8ヶ月後の9月3日のことだった。
 
孝律さんは文家の執事長(日本的には女中頭)。韓鶴子さんは夫が亡くなったあと「これからは金孝律さんが中心となります」と指示を発令した。「え、どういうこと?」と話題沸騰、松濤本部はてんやわんや。
 ちなみに、実際は中心とはならず、あいまいなまま終わった。彼が肺癌になっていたからである。まだ亡くなっていないはず。遅発性の肺ガンだと思う。いや、もう亡くなったのか・・・。

 小生のことを原理が分っとらんとか統一組織が理解できていないとか言う人たちに質問したい。
「原理的観点」「摂理的観点」から教えてくだされ。
 どうして韓鶴子さんは金孝律さんをごひいきにしたのだろうか。 

 思い出せないのだが、あるブログに、韓鶴子氏と金孝律氏との肉体関係のことが書かれてあった。関係を結んだのは、文鮮明氏がダンベリ-の刑務所に入っているときだという。
 にわかには信じられなかったが、今から考えると、可能性は十分にあった。彼女は女盛りの40代だったのだから。
 韓鶴子氏は元彼か現彼か知らんが金孝律を引き立て、夫の目を盗んで、あれまぁ~~、今度は結婚式まであげちゃった。
 統一原理はすごいね。堕落論、万歳!

 澤田地平氏の記事が出てから2ヶ月以上が過ぎるが、韓鶴子氏を絶対だという家庭連合は記事の訂正要求を出していない!
どうして?
 小生が徳野はバカだと書いたときには、すぐに訴えてきたのに。
 
 鶴さんのアダムエバ問題(不適切な異性関係)は、まだありましたね。ニッコリ
 すでにたくさんの記事を書いたので、繰り返しません。
 カテゴリ-「韓鶴子とセックス」http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-category-50.htmlを読んでください。
 家庭平和協会が、文顯進氏の義父・郭錠煥氏が本を出したと喧伝しているが、「俺と義理息子の母親との清い関係」でも書いてあるのかいな。<この本「事必帰正」についての評価は下の囲み記事で>

 やることなすこと・なすことやること、非原理・非摂理の非教会員からみたら、泣ける程に幼稚なのだ。

 郭錠煥さん、「韓鶴子さんとは寝ていない!断じて!」 と証言してくださいな。

て、ここまで読まれて、韓鶴子さんは神様(メシア、独生女)ですか大淫婦ですか-どちらだと思われたでしょうか。徳野さん、近藤さん、毅然として、小生に記事の訂正要求(配達証明書付郵便)をしてください。
 誠実に対応させていただきます。

【重要参考記事】「家庭連合」韓氏オモニ「聖書」と「原理講論」決別宣言の衝撃!

-郭錠煥氏の『事必帰正』について-

(1)実に分厚く(567ペ-ジ)、また紙が高級紙であるためか、おそろしく重い本であった。重さは、1日に食べるべき野菜(350グラム)の2日分以上、900グラム近くもあった。おそらく文3派の人たちは紙の質がよく重い本であれば、権威ある本と思われる-と思い込んでいるようだ。幼稚すぎ(泣)。本の体をなしていない。
 家庭連合へのアドバイス。3キログラムの反論本を出したらどうか。ならば家庭平和協会は5キロじゃぁ!何だか楽しそッ

(2)評価が分かれる人物・団体の本をどういうスタンスで読めばいいだろうか。
 それは、自分らに都合の悪いことを、釈明しているかどうか。一切触れていなければ、信用できない本ということになる。この視点でいろいろ考察すればいい。
 『事必帰正』は文鮮明氏、郭錠煥氏、統一教会にとって、都合の悪いことは一切書かれていない。
 統一教会の『統一運動史』(2冊本)と同じである。

(3)この感想記が参考になる。farisuの真実の紐解きの「郭先生の「事必帰正」は、お母様への未練を語られている 」
 とりわけ、この指摘である。
サイト「摂理的葛藤に対する真の視角と理解」にある記事を読んで見れば、郭先生の大半の内容と一致しています。当然、そのサイトの記事とすり合わせをして、書かれているいように思われます」 
 郭氏は83歳。567ペ-ジを1人で書いたとは到底思えない。「はじめに」と「終わりに」だけは彼が書いたと信じたい。

(4)結論。『事必帰正』は家庭連合やサンクチュアリ教会を意識した文3派幹部たちが書いた-郭さんが書いていない-たんなる宣伝物に過ぎない。だから、出版キャンペ-ンをやる。滋賀 4月28日(日)、福岡 4月29日(月)、東京 4月30日(火)。
 3年前、郭さんが初めて本を出したときには知らん顔をしていたくせに。

 ともあれ、なにはともあれ、分派摘発王・井口康雄断食大魔神の出番じゃ出番じゃ。


-介護ブログの最新記事-
「兄帰る」
「小生の特殊なぎっくり腰」 痛い!痛い!まだ痛い! 



味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

家庭連合を崩壊させられる情報なのでは

独生女のアボジ有・原罪論より、はるかに衝撃的な情報でした。

女性食口は教義にそこまでこだわらず、お母様が原罪なくたっていいじゃないと考える人も中にはいますが、さすがにアボジ存命中に、側近と結婚していたことが事実となれば、原理的にこじつけようにも難しく、疑念を持つ食口が多く出るのではないかと思います。

教会は本当に秘密が多過ぎる。
本部は一般食口に隠さずに情報をオープンにしてほしい。
嘘をついてなくとも、騙しているのと同じだと思います。

河西夫人の証言は貴重ですね。
ご自身がどのように解釈して納得されているのか、ぜひきかせていただきたいと思います。

お母様は、たしかアボジ聖和式にピーター金さんを壇上に立たせて紹介していたと記憶していますが、その際に「新しい夫です。」と紹介してくれたら良かったのになぁ

「お母様」とは、もう呼べない

こんな事になって居たとは。
「真のお母様」と呼べなくなって久しいのですが、それでも「韓オモニ」と呼んだりして数十年“ご尊影”に敬拝を捧げた影響から抜けれなかったのです。
いよいよ、唯の「鶴子さん」になってしまいましたね。
  • [2019/04/20 11:26]
  • URL |
  • オズの魔法使い
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

オリジナルの「原理的観点」「摂理的観点」と謎の結婚式

>「原理的観点」「摂理的観点」から教えてくだされ。
 どうして韓鶴子さんは金孝律さんをごひいきにしたのだろうか。

 韓鶴子氏が自分の「無原罪」誕生を主張する「独生女」論は澤田地平氏が指摘しているように文鮮明教祖の教理とは食い違いますが、それ以外の韓氏の宗教思想は文教祖とあまり変わりません。
 つまり、「堕落論」を根拠とした「原罪」についての考えや、「神の摂理」として教団の活動を捉え、そのために日本の教会に巨額の資金を求めるやり方は文教祖と同じであり、韓氏の場合も相変わらず反社会的活動に結び付くような特殊な宗教思想を持ち続けています。
 韓氏が「独生女」論を主張するようになったのは、「鶴は鮮が嫌い」になったためであり、文教祖が行った数多くの女性信者との性関係を見てきた韓氏は文教祖の「無原罪」誕生に疑いをもつようになり、そこから「独生女」論が誕生したと考えればすべての彼女の言動が理解できるようになります。
 実際に文亨進氏のスピーチの中には、そのような理由で「独生女」論が誕生したと説明していたものがあったと記憶しています。

 韓鶴子氏に関しては日本ブログ村のブログで紹介された実際のスピーチや、裁判の中で質問に答えた発言内容を見ても、知的な能力に乏しいのは明らかであり、彼女は自分で新しい宗教思想を生み出せるような人物ではあり得ないのです。
 韓氏はその容貌を見てもわかるように、至って平凡な頭脳の持ち主であり、知性よりは感情によって物事の考え方が左右されます。
 韓氏の考えや行動に解明が難しいものなど何もなく、文教祖の宗教思想が全てわかれば、彼女の主張の全てもわかるようになります。
「韓鶴子さんは金孝律さんをごひいきにした」のは文教祖が女性信者の中で自分の要望に適った女性をひいきにしたのと同じ理由であり、いわゆる「血統転換」のためです。
 「原理的観点」「摂理的観点」については、原理講論と文教祖の説教のどちらを根拠にするかによって観点も変わってきますが、文教祖の説教を根拠とするならば、以下に書かれた内容が「原理的観点」「摂理的観点」なのであり、韓鶴子氏の行動の意味付けもできるようになります。
 
(朴正華筆『六マリアの悲劇』より引用)
―引用始め
「これから先生はどういうことを行ない、どうやって理想の天国を完成させていくのですか」と聞いた。
―それは、イエスがこの世の中に生まれて達成できなかった、女の人たちとの復帰だ。まず、天使長ルーシェルとのセックスによって奪われたものを、それと同じ方法で、夫がいる人妻六人、すなわち六人のマリアを奪い取ることによって取り戻さなければならない。それは、復帰摂理のためには仕方なくやらねばならない宿題であり、命をかけて行なわなければならない、重大な使命なのだ―
________________________________________
 六マリアを復帰したら、再臨のメシアは次に、セックス経験のない処女を選んでエバと定め「小羊の儀式」(正式な結婚)をする。アダムの再来であるメシアとエバは、真のお父様・お母様であり、その二人から生まれる子孫は、永遠に罪のない清潔な存在となる。そして、この世の中を、六千年前に神が創造しようとした理想の原点に戻すことができるのだ―
「しかし先生、この世の中には天使長ルーシェルに毒されたサタンの血を引く人間が、五十億人もいるのです。その人たちのすべてを『血代交換』することが可能なのですか?」
―最初に再臨のメシアから復帰させられた女は、他の男の食口(信者のこと)と、女が二回上になって「蘇生、長生、完成」の三回にわたる復帰をしてあげることができる。復帰を受けた男の食口は、違う女の食口たちとも、女が上で二回、下で一回セックスをして復帰させる。またその女の食口が、他の男の食口に、女が上になって二回、下で一回セックスをして復帰させる。こういうやり方で広まっていくことになる。________________________________________
―引用終わり

 文鮮明氏の「み言葉」によれば、人類始祖アダムとエバの堕落によって生じた「原罪」は「メシア」による『血代交換』=「血統転換」によって初めて解消されるのであり、信者が真に救われるためには「血統転換」=「『復帰』のための性関係」を行うことが必須なのです。
 ‘ちゃぬの裏韓国日記’ブログによれば、日本人でも777双祝福を受けた古参の信者は以上のような「血統転換」の話を実際に聞いたということですから、『六マリアの悲劇』に書かれていた問答は紛れもない事実なのです。

 澤田地平氏のブログの動画には河西夫人と呼ばれる河西園美氏が登場しましたが、彼女も777双祝福家庭に属しており、当然上のような「血統転換」の内容を知っていることになります。
 もし、河西夫人が「血統転換」について聞いた話をそのまま信じているとしたら、韓氏が謎の結婚式を挙げたとしても特に不思議に思うことはなく、多少拡大解釈した「原理的観点」でそれを受け入れることができます。
 その拡大解釈とは、韓鶴子氏も文教祖と全く同じ権限をもつ「メシア」であると解釈することなのですが、依存が‘信仰’の基本である統一信者にとってそのような拡大解釈は朝めし前であり、河西夫人も例外ではなかったということです。
 777双祝福家庭の河西夫人はそのように拡大解釈した「血統転換」を信じていたため、六千双祝福家庭の澤田地平氏に対して「原理をもう一度最初から学びなさい」と路上でお説教することになったのです。

 従いまして、「独生女」論が正しいと思う信者にとっては、謎の結婚式が実際に行われていたとしても“真のお母様”はメシアなのであり、金孝律氏は真に「復帰」された‘信仰者’となるのです。
 そのような話は統一信者ではない米本さんには馬鹿げたことで、まともな日本人である米本さんからすれば、“真のお母様”は大淫婦ということになってしまうのですが、朝鮮系「カルト」宗教を信じる信者は正反対のことを考えているということです。
 米本さんや他のまともな一般人が河西夫人のような統一信者の考え方に強い違和感を持つのは統一原理の「堕落論」を信じていないからなのですが、それは常識的な科学的知識を持った人なら当然のことです。
 現在の人類はアダムとエバから始まったのであり、それ以前には精神=霊魂を持った人類は存在しなかったという統一原理の歴史観は考古学的な真実に反しており、非科学的な作り話であるのは明らかです。
 また、霊的な存在とされる「サタン」の血統が存在するというのも理屈に合っておらず、言っていることが矛盾しています。
 統一原理によれば、人間は堕落せずに完成することによって初めて神から創造性を賦与され、創造力を獲得できるはずなのですが、堕落した世界には(文化的に発達した)創造性に満ちた人間社会が既に作られており、そのこと自体が統一原理の矛盾を物語っています。統一原理によればサタンは人間以下の存在であり、創造性は賦与されていないことになっていますが、その創造性を持たないサタンに支配された堕落人間達が神側の人間達が作るよりも遥かに創造的な文明社会を先行して創り上げて行ったというのは「原理的」にあり得ないことであり、統一原理は完全に間違いということになるのです。
 科学的な思考ができて、論理的にまともな考え方ができる人間なら統一原理の「堕落論」を信じることはあり得ませんが、思考が感情に支配され、依存的な傾向を持つ特殊な状態にある人間は非科学的な「堕落論」を信じる過ちを犯してしまいます。
 特に、統一原理を生み出した朝鮮半島にはそのような感情に思考が支配される強い傾向、歴史的に朝貢国家として存続してきた依存的な文化があり、「堕落論」を生み出す土壌がしっかりあります。
 性交による「血統転換」についても朝鮮半島にある独特の民族文化が影響しており、一般的な日本人には理解しがたいものであっても、韓国人にはより抵抗が少ない教理であったと思われます。
 朝鮮民族は日本にとって何かと厄介な面が多くありますが、それは朝鮮民族の歴史的な伝統が災いしてのことと思われます。
 因みに日韓併合について、それは不法な侵略であり、朝鮮民族は被害者だと考えているのは主に両班と言われる人たちではないかと思います。
 日本は日韓併合した後に身分開放、土地政策などを行っており、旧朝鮮王朝の土地は朝鮮総督府によって接収され、一般の人々に分配されてしまっています。ただ、その土地政策によって貧しい朝鮮人たちは恩恵を受けるようになり、朝鮮全体としても人口は増え、経済的にも豊かになっています。
 日韓併合によって被害を被ったと感じているのは主にそれまで特権階級にいて権威をもっていた人々であり、一部の人達ではあったのですが、朝鮮文化の強いDNAを持った人達でもありました。
 結局、そのような人達が第二次世界大戦後は韓国を作っていくことになったのですが、統一原理にはそのような両班文化が強く影響しているのは間違いありません。

再度オリジナルの原理観点から

原理のオリジナルの教えとは、メシアとは神の種子を持った人間である。
最初のメシアであるイエス・キリストは神の種子を繫殖させることができずに十字架にかかってしまった。
そこでメシアである文鮮明氏が地上に再び遣わされた。
このオリジナルの原理観点からすると、「独生女」論は神の血統の否定です。
これは文鮮明氏に対する憎しみが基になっていると思われます。
その証拠にイベントで文鮮明氏に言及することは決してありません。

思い込みの涙

神々の黄昏さんの記事にある
「性交による「血統転換」」ですが、
組織として原研は真っ向否定してましたが、世間知らずの現場の原研メンバーは、思い思いの妄想を抱いており、1981年当時(カープ始まりの年)、以前もコメントしましたが、涙を流し、堕落した経路の逆という説明:
メシア→女性→男性
を私は「血分け」という言葉で淡々と説明されてます。言葉に詰まりもなく。
当時の会長は太田洪量(コウリョウさんと呼ばれてた)、ある時、九州か西日本のブロック長も来てたので、そこらへんが情報源かも知れないし、反対本からの知識かも知れないですが、皆心が麻痺してましたね。ものすごく思い込みが強かった
(メンバーに多々質問しても答えれなかった→血分けの説明へという経緯)

全員その血分け認識だったかはわかりませんが、総じて、聞いて去ったら地獄へ行くでした。
私は、全身全面蒼白がずっと続きました。もうとんでもないことです。

今も現存してる信者が「血統転換」をどういう認識でいるのか知らないですが、
あの「血分け」の認識なら、完全な異常集団です。
ちゃぬさん記事では、あの夫婦のDNA鑑定をした者がいて、親子という判定だった。と7男が説教で言った、と記事にありますが、皆どう思ってるんだろうか?
「令和」にはもう引きずらないでほしい。

Re: 思い込みの涙

>ちゃぬさん記事では、あの夫婦のDNA鑑定をした者がいて、親子という判定だった。と7男が説教で言った、と記事にありますが、皆どう思ってるんだろうか?

 ちゃぬさんの失当記事です。

 後日、説明します。

すばらしき統一原理!

神々の黄昏さん
>777双祝福家庭の河西夫人はそのように拡大解釈した「血統転換」を信じていたため、六千双祝福家庭の澤田地平氏に対して「原理をもう一度最初から学びなさい」と路上でお説教することになったのです。

 学ぶべき原理とは┄┄┄。
最初に再臨のメシアから復帰させられた女は、他の男の食口(信者のこと)と、女が二回上になって「蘇生、長生、完成」の三回にわたる復帰をしてあげることができる。復帰を受けた男の食口は、違う女の食口たちとも、女が上で二回、下で一回セックスをして復帰させる。またその女の食口が、他の男の食口に、女が上になって二回、下で一回セックスをして復帰させる。こういうやり方で広まっていくことになる。

 小生、小学校の運動会でリレ-はしたことがあるけど。セックスリレ-とは寡聞にして知らずです。

 やはり、小生も統一原理信仰者になるべきだった。ぐすん。

バトンの代わりに男根よ!

神々さん等は文教祖や古参幹部の思想的核心を儒教や両班文化とみなしてるが、私はちがう。
文教祖の中心思想はシャーマニズムつまり朝鮮の土俗信仰、ムーダン信仰である。


★統一協会とシャーマニズムその2

https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC90dW5rdTU4Mi8zNDY1NjczOS5odG1s


より引用

 韓国の土着の宗教はシャーマニズムで、その主な特徴は、ハナニム(または天の王)を、数々の自然神のうちで最高の神として信仰することにある。
 シャーマニズムの世界観では、神は超越ではなく内在していて、神々や女神や精霊たちが霊媒であるシャーマンを通してしゃべり、シャーマンの体の中に安定して住みつく。これはシャーマンと神との霊的な結婚であり、ネリム クッ(神降しの儀式)と呼ばれる。
 結婚したシャーマンと霊との性行為は大体は夢や白昼夢の中でなされ、エクスタシーの体験が伴なう。シャーマンは神と結婚し性関係をもっているので、シャーマン自身も神のような神聖な状態に転換されたと見なされる。

中略


「統一 あるある シャ―マニック・ランキング」。ほかにも、文氏側近の朴ボーヒ(後出)の娘フンスク(びんびんに生きている21才)が、17才で亡くなった文フンジンと霊界結婚させられ、フンジンの妻として生涯独身で過ごすことになったとか(まじめか)、
 文氏縁(いにしえ)の古参女性信者たちをイエスや釈迦などの四大聖人や歴史的人物の妻として霊界祝福(結婚)を与えたり、
「先生は若いとき、男ム―ダンだとうわさになったや」(三・十節の御言か)と語ったり、
 統一思想要項の著者(故)李相軒の霊界メッセージがいくつも出版されたり、
 その他、マニア向けにいうと、核マルにリンチ殺害された川口君の霊が原研の姉妹に入って唸ったり叫んだりなど(断食おぢI氏のコーディネイトか)、統一教会におけるシャーマニズムの侵襲は、新旧大小こもごも、枚挙に暇(いとま)がない。 
 中略
20世紀前半朝鮮に出現した、シャーマニズムの影響を色濃く受けた数々のキリスト教系神霊宗教団体(の一部)が行っていたという “ピガルムあるいはヨンチェと呼ばれる性の儀式(血わけ)”とは、
(神と一つになって聖なる存在となった)教祖が男だったら女の信者と、女教祖だったら男の信者と性関係を持ち、その後、(男→)女→男→女→男→・・・と次々にリレーのようにセックスをしていくというもので、性関係を通して新しい霊の身体を受け取り、聖なる血統に転換されていくという教えである。(団体の例:イエス教会、聖主教団、腹中教、イスラエル修道院、荒野教会など。)

 40年代に文氏と関係があった、血わけを行っていた女教祖(丁得恩)が説明した部分(P65,66)を抄訳すると: 
「ヨンチェとは、エデンの園でエバとへびの関係から人類が受け継いだ汚れた血を清めるための方法です。ヨンチェが行われるためには、誰から誰へヨンチェがなされるべきかを告げる天の啓示がなければならず、与える側と受ける側の二人は、『命がけでこの儀式を行うことを欲します』と言葉に出して言わなければなりません。与える方が上になり、受ける方が下になって、霊的な監督者の立ち会いのもと、神聖な環境で行われなければならず、一種の洗礼とみなすことができます。」

 文鮮明と統一教会は、1946年から50年代を通して、1962年に聖酒式と三日儀式がそれに取って代わるまで、血わけの儀式を実践していた、と作者は論じている。


引用終わり
====================
 というわけで、セックスリレーの考えは文教祖や統一のオリジナルでなく、朝鮮シャーマニズムではなじみのある思想です、それと聖書の失楽園と結びつけたらヒットしたわけね。(キリスト教、西洋文明を利用したハロー効果)

男ムーダン文教祖が女性信者に種付けし、それをマルチのように拡大して「血統を浄化」しようとした。
「俺は海賊世界の王になる!」と宣言したのはいいけれど。
 国家権力の前にはヘタレた文教祖は方向転換 セックスリレーを「祝福結婚」に偽装した。
日本信者はそれをありがったがって純潔運動と勘違いしたわけ。


★セックスリレーのどかが悪い

https://ameblo.jp/5200043/entry-12177423790.html


 ところで、サ教の文教祖と姜さんの霊界結婚や祈祷会でトランス状態を体験させる「ご利益信仰」もシャーマニズムの脈絡から見る方が正しい。
 それにしても、「川口君事件」も利用していたとは。私の新人研の講師が早稲田原研出身の山崎さんだったから、この事件何度も聴いたわ。
地平さんも懐かしいでしょう。
きっと地平さんには
「鶴子のビッチやろう他の男と寝やがって、別れたけど呪ってやる、永遠に付きまとってやる」と
ヤンデレストーカー文教祖の霊が憑依してるんだろうな。
(自分のヤリチンは棚に上げ)
 おおこわ!

>>小生、小学校の運動会でリレ-はしたことがあるけど。セックスリレ-とは寡聞にして知らずです。

米本さん、寿司詰めキャラバンにのって珍味売って、文鮮明さんの「おさがり」をもらったら
セックスリレーを体験できたことになるよ。(E利川さんなんかどう)

セックスリレー推進連合に名称変えよ!

「セックスリレー」か、昔、私も世間知らずの学生が集まった原研で確かに聞いた。
それぞれどこまで理解してたのか知らないけど。

セックスリレー推進連合、セックスリレー推進組合の信者の皆さん!
あれは神の血、神の遺伝子なんかじゃないですよ。
植え付けられた魔物の血、妄想者の思い込みウイルスです。それに感染してるんです。そして、思い込みの心の磁気で、伝道という思い込みで、他に感染させているんです。感染源になってるんです。
純血を欲しがる魔族と同じ。
それに、金をつぎ込むんですか?

Re: バトンの代わりに男根よ!

 goutさん、投稿感謝です。勉強になりました。
 そういえば、ここでも朝鮮型シャーマニズムのことは話題になっていました。思い出しました。

●『統一教会の儀式セックスによる血統転換』抄訳([2014/06/11 10:14]
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-485.html
●投稿欄も充実している。


韓鶴子(メシア)⇒金孝律⇒妻⇒徳野英治⇒江利川安栄⇒米っち⇒6マリア。
 楽しそッv-10

「マッチング結婚⇒血統転換」???

 『我らの不快な隣人』(2008年)で「マッチング結婚⇒血統転換」のことを荒唐無鶏と嘆いている。


 でも、今回goutさんなどの記事を読んで理解できたかもしれない。

 当時2、3人に聞いたのだが、「女が上で二回、下で一回セックス」、そうやっていたと話していた。指定されていた川崎のどっこかのマンションでだったという。

 小生はこの話を異常かつ異様に関心をもった。まじわる場合、ぬれていなければ、まじわることなどできない。

 ロ-ションかぁ(涙涙涙)

 現総務局長の近藤徳茂さんに聞いたことがある。

 セックスといっても、たったままで入ればいいのです。射精しなくても。

 神学的な意味があるのやら。涙涙涙

有り難うございます。

いつも拝見していて、初めてコメント致します。
尊敬していますので、御本を書き続けて下さい。

淫乱を超えるサタン連合早く滅びろ!

夫の活動中に、妻は不倫の終着・結婚式を行っていた?
何これ?
真の不倫女メシア!
じゃないか!
これを崇め、金を貢ぎ、祝福だ、天国だ!と口にする、伝道する、信徒たち、
完全バカじゃん!


こんな不倫推奨宗教団体 許されるのか?
さすが、韓国、とんでもない悪魔を超える悪魔を輸出してくれたね

未だ信徒の皆さん、金を貢ぐな!命令だ!早く潰せ!
亡国団体、消えてしまえ!

こんな悪魔憑き夫婦なんかよりも、
わが国の天皇皇后両陛下を見習ってください。
正真正銘、真の夫婦です。

国進、亨進も、文鮮明と違う話をしている

>【重要参考記事】「家庭連合」韓氏オモニ「聖書」と「原理講論」決別宣言の衝撃!
記事から一部引用
>韓鶴子オモニは、長年「文鮮明総裁」に直接学びながら、「聖書」が神の啓示である事も、「原理講論」が永遠不変の真理である事も、悟る事が出来なかったようです。

「家庭連合」韓鶴子総裁によるこの歴史的な「決別宣言」が全世界に与える衝撃は計り知れません。「家庭連合」は「聖書」と「原理講論」を「価値ある聖典」とは認めないという衝撃的な「決別宣言」をしてしまった事に他ならないからです。

これは、サンクチュアリ教会の日本人信者の記事です。
たまたま、動画で元アメリカ人男性信者が7男亨進を批判している動画がありました。
彼いわく、7男亨進も、父親の文鮮明をメシヤとして信じていないのはないか。亨進も、文鮮明の教えを説教していないと言ってます。
アメリカ人はディベート(討論)をしっかりやりますから、4男7男もおたおたできませんね。
江利川さんはじめ、日本のサンクチュアリ教会の幹部や信者は、こういう意見を真摯に受け止め、考えてみるべきです。
国進氏や亨進氏の表情がすべてを物語っているようです。

ところが、日本産のカルト幸福の科学の長男は、正直に話しています。

韓国産のカルトは、あちらの文化や歴史や民度(ウソが多く、プライドが高いので反省がなくサイコパスが多い)が入り混じっていますから、文一族にも、反映されているようです。

・【もう限界】幸福の科学・職員さんの苦悩〜退職のススメ〜

https://www.youtube.com/watch?v=luFDFCAPBRs

文鮮明がやっていた訓読会とは、かなり違う朝のキングスレポート
・The King's Report 04/12/2019

https://www.youtube.com/watch?v=mRqUDKSlOtM

元アメリカ人男性信者の7男の説教を分析し、亨進に討論を投げかけているが、反論がないらしい。
22:00頃から、亨進が出てくる。
・Does Pastor Hyung Jin Moon Believe that Rev. Moon Succeeded as the Second Coming?


https://www.youtube.com/watch?v=s9zmyZbEDhE
・The Confused Gospel of Pastor Hyung Jin Moon; Why He Does Not Preach on the Words of Rev. Moon
https://www.youtube.com/watch?v=AJTmNFLhKHs

てりさんへ

 初投稿、感謝です。
 気が向いたら、また投稿してください。ぺこり。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/1028-78c9420e