FC2ブログ

いよいよ最後の骨肉の闘いに。韓鶴子危うし!(追記あり) 

「消えゆく分裂3派」 (22)

 新記事をアップしたばかりだが、ニュ-スが飛び込んできたので、早々と更新せざるを得ない。
 小生が読んでもらいたいのは-
「心をどこかに置いてきた分裂3派の人たち(上) 」
「心をどこかに置いてきた分裂3派の人たち(下)」
 内観してみれば、心を取り戻すことができるかもしれないので。


(美洲)韓国日報 2019年3月2日
http://www.koreatimes.com/article/1234209
文鮮明の息子文亨進氏、母親と後継者争奪訴訟

 故文鮮明総裁から統一教後継者に指名された末っ子文亨進氏は、現在の家庭連合の総裁を務めている母親の韓鶴子氏を相手にした統一教の後継者争奪訴訟をニューヨークで提起した。

 昨年2018年、銃器結婚式で論争を起こした「世界平和統一サンクチュアリ」教会を率いている文氏は2月22日、連邦裁判所ニューヨーク地方裁判所に母の韓氏と世界基督教統一神霊協会、世界平和統一家庭連合などを相手に提出した訴状で、
「統一教の唯一の指導者である文鮮明総裁が2009年私(亨進)を後継者に指名し、2010年には、文書でこれを宣布する事もした」
とし、
「しかし、2012年9月、父が亡くなった後、母の韓氏が私を後継者の位置から追い出した」
 と主張した。
 文氏は韓氏などについて組織的な不正腐敗疑惑(RICO)など12の容疑を主張している。

 一方、韓鶴子氏が率いている統一教は、2018年7月に文氏と文氏の教会が統一教会のロゴを盗用したとして、連邦裁判所ペンシルバニア地方裁判所に商標権侵害訴訟を提起している。これに対し文氏は2ヵ月後、統一教を相手に反訴を提起した。
(記事の引用終わり)


 若干の感想と疑問を書こうとして、サ教のブログを見ていたら、シャボン玉さんがサンデージャーナルの詳細な記事を翻訳していた。(2019/03/04 09:55) 三派のバトルに関心がある方には、必読記事である。
 なお、元原はhttps://yuun0726.muragon.com/entry/778.html

『後継者争奪訴訟』新聞報道 2019.2.28

文鮮明 七男 文亨進, 母を相手に骨肉の争い, 訴訟の顛末(てんまつ)

「母は後継者の資格はなく、私が指導者だ」

故 文鮮明総裁により統一教の後継者に指名された七男 文亨進氏が統一教の首長である母・韓鶴子氏を相手に「母は首長の資格がない。私が後継者」と電撃訴訟を提起したことを本紙が取材して確認した。

「母と側近が自分の後継者の座を奪った」という主張だ。文氏は昨年7月末、韓鶴子氏側が商標権侵害訴訟を提起するや、それに対し訴訟を起してカウンターパンチを放ったが、続けて母親の権威を全面否定する直撃弾を飛ばして逆襲を開始したわけだ。

特に商標権侵害訴訟でも文氏側が韓鶴子氏の強力な反発にもかかわらず、先月末、裁判所から韓氏に対するデポジション命令を受け取ったことで、韓氏はなすすべもなく米国に呼ばれ、尋問を受けなければならない状況に処した。

韓鶴子氏の側近らは文氏に、韓氏の生存期間だけ沈黙してくれれば、逝去後の後継者の座を保証すると提案したが、文氏はこれを拒否したことが分かった。

統一教の覇権(はけん / 地位あるいは権力を掌握すること)を巡って展開されている母と息子間の熾烈な骨肉の争いである訴訟の顛末を探ってみた。

半自動小銃を持って合同結婚式を挙行することで世界的な物議を引き起こした統一教の創始者 故 文鮮明総裁の七男 文亨進氏。

文氏は去る2010年 文総裁によって統一教の後継者に指名されたが、2012年9月 文総裁逝去直後、母・韓鶴子氏が事実上、統一教の首長になり、文氏は米国に追いやられ、さらに米国総会長の座まで剥奪された。

臥薪嘗胆(がしんしょうたん )した文亨進氏が今度は自分の母・韓鶴子氏を相手に刀を抜いた。「母は統一教の後継者の資格がない」と権威を全面否定する直撃弾を飛ばしたのだ。

c8hphpsy.jpg


私は後継者「私を解任したことは無効」

文氏は去る2月22日、ニューヨーク南部連邦裁判所に韓鶴子氏、世界基督教統一神霊協会、世界平和統一家庭連合、金孝律(キム・ヒョヨル)、梁昌植(ヤン・チャンシク)、金ギフン、そして外国人幹部4人を相手に訴訟を提起したことが確認された。

原告は文亨進 個人1人であり、文氏の教会などは含まれていなかった。文氏は母親である韓鶴子氏の名前を被告リストの1番に挙げ、母との統一教後継者争奪戦に突入したのだ。

世界基督教統一神霊協会と世界平和統一家庭連合は統一教会の核心的な2つの団体であり、韓鶴子氏と残り8人の個人は、この団体の理事を務めていると文氏は主張した。文氏がニューヨーク南部連邦裁判所に訴訟を提起したのは、裁判所の管轄地域内に統一教米国本社があり、文鮮明総裁と韓鶴子氏の住居もまたニューヨークにあるからだと明かした。

文氏は訴訟状で「統一教の唯一の指導者である文鮮明総裁が2009年、私を後継者に指名し、2010年には文書でこれを宣布した。その後、統一教後継者の役割を遂行したが、去る2012年9月3日、父の逝去後、母である韓鶴子氏が一部側近らと共に統一教を掌握し、私を後継者の座から追いやった。私だけが唯一の統一教の指導者であり、韓鶴子氏は何の資格もない」とし、連邦裁判所が「文亨進が統一教の後継者であり、唯一の指導者であることを認定してほしい」と要請した。

特に文氏は「韓鶴子氏と世界平和統一家庭連合が2009年、私を家庭連合のエージェントとして指名し、文鮮明総裁が2010年6月5日、文書でこれを承認した。したがって、何の権限もない韓鶴子氏が私を解任したことは無効」と主張した。

文氏は韓氏のほか、4人の韓国人と4人の外国人など、統一教で主導的役割をする幹部らがあらゆる不正を犯して巨大な賃金と補償給付を受けることによって統一教に害を及ぼしたとし、彼らに組織的腐敗容疑[RICO]を犯したと主張した。

彼らが電信換詐欺マネーロンダリングなど、米国の金融機関を脅かす様々な犯罪行為をしたというのが、七男 文亨進氏の主張だ。

裁判所の判決を通して指導者であることの認定を受けようという意図

文氏は訴訟状で「私は2012年9月16日、米国に追いやられ、2013年2月23日、米国総会長職から追われたのち、2013年7月10日、米国総会理事からも強圧的に辞退させられた。」と主張、自身が母である韓鶴子氏から大きな被害を受けたと強調した。文氏は、自身が2015年1月から韓鶴子氏の側近らの不正を暴露しようとすると、彼らが自身を懐柔したと主張した。

韓氏の側近らが「韓鶴子氏が死ぬまで沈黙を守ってほしい。韓鶴子氏が死んだら、全ての権利を回復させてやろう」と提案したというものだ。

文氏はこの提案を受け入れずに暴露を止めなかったため、結局、2015年2月26日、世界平和統一家庭連合 理事からも追われた」と主張した。文氏は、34ページに及ぶ長文の訴訟状で裁判所に彼らの10余の容疑について判断を要求したが、最も重要なことは、裁判所が「文亨進だけが統一教の唯一の後継者であり、指導者」という事実を認定受けたいというものだ。

また、韓鶴子氏の力の源泉となっている天一国憲法を無効にすることだ。文氏は、「天一国憲法は統一教指導者である文亨進が承認していないので、法的に無効」であることを裁判所が認定してくれることを要請した。文氏は、韓鶴子氏と側近らの統一教の財産権の侵害、自身に対する誹謗なども訴訟の理由にあげたが、最も重要なことは米国の裁判所を介して、自身が統一教の指導者であることを認定されることである。

もし、このような判決が下された場合、韓鶴子氏は統一教会の首長の座から退くことはもちろん、実質的にすべてを失うことになるため、今回の裁判は双方が命をかけた総力戦を展開するものと思われる。非常にじれったい法廷争いが予想され、想像できないほどの膨大な弁護士費用の支出が火を見るより明らかだ。

<注>天の声 江利川安栄よ。日本サンクチュアリ協会の会員への献金を強めよ!

特にこの訴訟で文氏は韓氏が、米国永住権者であると主張した。
既に本紙はFBI秘密文書などを通じて文鮮明総裁が1970年代に米国永住権を取得したと報道した。文氏の訴訟状が本紙報道の正確性を再度証明したものである。

文氏は訴訟状で、韓氏が韓国国籍者として京畿道加平郡雪岳面ミサリ路324-275番地に居住しているが、米国ニューヨークアーヴィングトンの50イーストサニーサイドレーンに定期的に居住したと主張した。

1972年から文鮮明総裁が逝去した2012年まで、事実上、ニューヨークに居住し、米国永住権を持っており、去る2018年11月にニューヨークで統一教の集会を主導したと明かした。文氏が韓氏の米国内住所として提示した所は、ニューヨークのテリータウンで統一教でイーストガーデンと呼ばれる所である。

韓氏がニューヨークに居住し、ニューヨークで自身に向けて敵対的、不法行為をするため、ニューヨーク州南部連邦裁判所に裁判管轄権があるというものだ。

昨年の韓鶴子の先制攻撃、こぶを取ろうとして、こぶを付けた形

文氏は母親が掌握した統一教から訴訟を受けはしたが、直接に母親を相手に先に訴訟を提起したのは今回が初めてだ。すなわち、守勢的立場から攻勢の立場に転換したものである。このように文氏が電撃的に母を相手に訴訟を提起したのは、昨年、統一教が文氏を相手に提起した商標権侵害訴訟と無関係ではないと分析される。

昨年7月30日、統一教が文氏と文氏の教会を相手に統一教「12文」ロゴを盗用したとペンシルバニア中部連邦裁判所に商標権侵害訴訟を提起すると、文氏は昨年9月26日、統一教側がとんでもない難癖をつけていると反訴した。

このように、双方の主張が真っ向から対抗すると、連邦裁判所は、ディスカバリー命令を下した。ディスカバリーとは民事訴訟の当事者が自分の主張を立証するために、互いに相手を直接調査する手続きである。商標権侵害訴訟は、韓鶴子氏側が先に提起したが、まさにこのディスカバリー手続きが進むにつれて、文氏が勝機を掴むようになり、このような自信感をもとに文氏が母親を相手に電撃訴訟を提起したものと分析される。

商標権侵害訴訟で統一教側が最も恐れているのは、現在、事実上の統一教首長の役割をする韓鶴子氏に対するデポジションだ。デポジションはディスカバリー手続きの一つで、両者の弁護士がそれぞれこの事件に関連した相手の人物はもちろん、第三者に直接審問する手続きだ。

文氏が韓鶴子氏に対するデポジションを要求することにより状況が逆転したのだ。文氏が統一教側のアキレス腱に食い下がったものである。韓鶴子氏側は統一教の名前で訴訟を提起したので、韓氏がデポジション対象になる恐れはないと判断したが、裁判所は文氏の手を上げたのだ。

当初、裁判所は4月30日までにデポジションをすべて終えよと命令した。これにより、文氏側は韓鶴子氏に対するデポジションを粘り強く要求したが、韓氏側はこれを受け入れなかった。韓氏側は「この訴訟の原告は統一教であるので韓氏は関係ない。韓氏は統一教のマネージャーでも、ディレクターでも、オフィサーでもなく、統一教の精神的指導者であるため、デポジションの対象になりえない」と主張した。

統一教で神的な存在として崇められる韓氏がデポジションでも受ける日が来れば、権威に大きな傷になるので必死にデポジション阻止に乗り出したのだ。統一教側は文氏側がビデオ・デポジションを実施、この動画を公開するかもしれないと主張した。

実際、ビデオ・デポジションはデポジション速記録とは別で生々しい肉声が入った動画のため、波及効果がとてつもなく、刑事問題につながる場合もしばしば発生し、弱点が多いほど、ビデオ・ポジションを避けようとする傾向が強い。

韓鶴子, 「デポジションだけはダメだ」必死で阻止

一方、文氏は「韓氏が統一教のマネージング・エージェントであるため、訴訟当事者」と主張し、執拗に母・韓氏に対するデポジションを要求した。

文氏側は統一教側が韓氏に対するデポジション要求を受け入れないため、昨年12月18日韓鶴子氏に対するデポジション命令を下してくれと連邦裁判所に要請した。これにより、裁判所は、去る1月17日に双方の弁護士と会議を持ち、韓氏のデポジション可否について検討し、文氏側の要求を電撃的に受け入れた。統一教側の足の甲に火がついたのだ。

連邦裁判所裁判所は1月18日「連邦民事訴訟法第26条及び第30条に基づき、韓鶴子氏に対するデポジションを命令する。韓氏に対するデポジションは、ニューヨークの原告側、すなわち、統一教側の弁護士のオフィスで実施せよ。双方は、すぐににデポジション日程を協議し、デポジションを指示せよ」と命令したものだ。

韓氏側の立場では、青天の霹靂のようなニュースだった。たとえデポジション場所が自分の弁護士事務所だとしても、デポジションは大きな打撃である。いわゆる統一教で「至尊」として奉じている韓鶴子氏が米国裁判所の命令に従って、息子側の弁護士に尋問を受けるということは想像もできないことだ。

息子が勝機を掴んだも同然だ。連邦裁判所がこのような命令を下すと、文氏側は素早くデポジションをしようと要求するのに対し、韓氏側はデポジションを阻止または延期させるために必死になっている。

文氏側は連邦裁判所の命令が下った四日後の1月22日、韓氏側にデポジション日付を通知してくれと要求し、1月30日にも韓氏側の弁護士に電話を介してデポジションの可能な日を教えてくれと要請したが、韓氏側は「次の週に日付を教える」と答えた。

文氏側は2月2日と6日にもデポジションの日付を要求したが、回答を貰えず、2月7日、韓氏側の弁護士は、「韓鶴子のデポジションはディスカバリーの最後に可能である」と、正確な日付を伝えなかった。これにより、文氏側は2月8日、裁判所に韓鶴子デポジション日付を裁判所が強制的に指定してくれと要求した。

文氏側はこの要請で「原告側が韓鶴子に対するデポジションを4月30日ディスカバリー締め切りまで先送りてほしいと要求が、これは1月18日、連邦裁判所の命令に違反したものである。連邦裁判所の命令にもかかわらず、韓氏側が協力せず、あらゆる方法を動員して延期しようとしている。

したがって、連邦裁判所が「韓氏がニューヨークで最低2日連続、デポジションを受け、3時間ずつ、最低3回の尋問ができるようにしてくれ。3月11日から始まる週か、3月18日から始まる週、4月15日から始まる週など、3つのスケジュールの中で一日をデポジション日として決めてほしい」と要求した。

ディスカバリー完了日まで2ヶ月ほど残りっている点を考慮すると、連邦裁判所は遅くとも来週には結論を下すものと見られる。韓鶴子氏が息子のデポジションを受けるか否かの分かれ道に置かれたものである。まさにこのような絶体絶命の瞬間に息子がニューヨーク州南部連邦裁判所に「自分が統一教の後継者」であることを認定してくれという訴訟を提起したのである。

韓鶴子、統一教 掌握7年ぶりに最大危機に直面

韓鶴子氏がもしデポジションを避けようとすれば、商標権侵害訴訟を放棄するしかない。この場合、商標権侵害訴訟で敗訴したり、少なくとも文氏側と合意して訴訟を終結しなければならない。

しかし、文氏が容易に合意してくれないのは自明である。商標権侵害訴訟は大きな訴訟ではないように見えるが、統一教の後継者が、自分たちが異端として追いやった息子に負けた場合、韓氏の権威が一朝にして崩れるかもしれない。

また、文氏が素早くニューヨーク州南部連邦裁判所に訴訟を提起したのも韓氏側が商標権侵害訴訟と関連し合意を要求すると、南部裁判所の訴訟、すなわち、後継者認定要請の訴訟でも譲歩を要求するためのものと見られる。

韓氏が、このような合意を避けるためには、息子のデポジションを受ける方法しかない。
下手に訴訟を提起してひどい目に合う危機に瀕しているのだ。文氏もデポジションを受けるが、持っているものが多い韓氏側が不利になるしかない。韓氏が統一教を掌握してから7年ぶりに権威に大きな傷を受ける危機に直面したわけだ。
(引用終わり)
シャボン玉さん、翻訳ごくろうさまでした。たいした翻訳力です。感心しました。おかげで、事情がよく理解できました。ペコリ




-追記-

「真のお父様に帰ろう!『三代王権・こころのサンクチュアリ教会』」も記事にしていました。
http://h2fanclub.blogspot.com/2019/03/blog-post.html
 リンクもついていて、より分かりやすいです。
デポジション(証言録取)
RICO法
ディスカバリー命令(証拠開示手続き)」
pasted image 0

鶴子頑張れ、文亨進頑張れ。喧嘩だワッショイ、祭りだワッショイ-と感じた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

疲れた(泣)

 何だか午前中はコピぺコピぺで終わった。
 コピぺといっても、内容を理解しなければならないので、疲れたぁ!

 3月6日まではお休みです。読みたかった「朝井まかて」さんの小説をさっき買ってきました。にっこり

 1つだけ理解できなかったことがあります。サンデージャーナルが韓鶴子さんの永住権に拘泥していたこと。どんな意味があるのだろうか。知っている人がいれば、教えてください。

クロスカウンター

韓鶴子女史の先制攻撃に対して、文亨進氏がクロスカウンターを放った感じですね。
劇画「あしたのジョー」では、相手の力を利用して倍以上の破壊力を発揮することになりますが、果たしてどうなるでしょう。

クロスカウンター

韓鶴子女史の先制攻撃に対して、文亨進氏がクロスカウンターを放った感じですね。
劇画「あしたのジョー」では、相手の力を利用して倍以上の破壊力を発揮することになりますが、果たしてどうなるでしょう。

もうぐちゃぐちゃ。

ここまでくると、正直なところもう勝手にやってくれという感じ(-_-;)
しかし、またしても莫大な弁護士費用が食口の献金によって賄われると思うと、何か底知れぬ虚しさに襲われました。

そんな教団に身を置く者としては、こんな恥さらしはいい加減もう止めてほしい。
どうしたら、こんな教団に真理を見出せるというのか?

不思議です。

ウルトラ仮面さん、何故それなら教会をやめないのですか?ご家族の関係でですか?

親に泣きつかれ頼まれて教会に行っている二世さんですか?

不思議なのは3男派

ウルトラ仮面のあんちゃんは間違いなく3男派だな!
だってゆうてることが3男派のひとたちとドンピシャ一致するもんね( *´艸`)
*教会関係の裁判はやめてくれ ← 裁判で統一教会のお金返せと訴えられている3男派のゆうてること!
*7男がおこす後継者裁判にも文句をゆう ← 統一教会の真の後継者は3男だと信じている3男派には都合が悪い!!
*教団に身を置くもの ← 3男派には脱会していない人も多い
*澤田地平さんがケガさせられたのを内輪もめだとして恥さらしと思ってる ← 7男派を家庭連合と同じようにみている3男派のマインド(3男は母、韓鶴子と7男によって教会から追い出されたと思ってる)
*どうしたら、こんな教団に真理を見出せるというのか? ← 3男派のほうに導こうと考えてる( ^)o(^ )
3男派は裁判で追いつめられているから裁判アレルギーになっているんだよね( ;∀;)
でも、裁判での決着を重要だと思ってる米本さんにはウルトラ仮面のあんちゃんのコメントは通用しないよ!(*'ω'*)
  • [2019/03/05 06:06]
  • URL |
  • いつも米本ファン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

永住権の疑問について

 永住権についての疑問がお有りということで、私の考えをお知らせします。


▼翻訳記事抜粋
文氏は韓氏が、米国永住権者であると主張した。既に本紙はFBI秘密文書などを通じて文鮮明総裁が1970年代に米国永住権を取得したと報道した。文氏の訴訟状が本紙報道の正確性を再度証明したものである。


 統一教会=家庭連合の幹部たちは、一般の在米韓国人と違って、韓国を祖国とする韓国人である事を強調するため、アメリカの永住権や市民権を取った事をおおやけにしません。

 それで、本紙というサンディジャーナルが、秘密のように「おおやけにされていないが、実は文鮮明氏と韓鶴子さんが実は米国永住権者であった」と報道したのでしょう。そして、それが正確であったと自画自賛しているわけです。

 繰り返しますが、それ(永住権者)は本当は秘密ではないのですが、おおやけにしてないだけの事であり、それをおおやけにしたのが唯一わが本紙であったと自慢しているわけです。

 実際、去年亡くなった朴普煕(パクボヒ)総裁は、講演の時は自分の韓国パスポートを持ち歩き、ここぞという時には、ふところからその韓国パスポートを取り出し、「私は誇らしい!韓国人です」というのが得意技でした。

 朴普煕総裁ぐらいになると、アメリカ市民権を持っても当然の社会的地位にいるのに、御自分が韓国を愛しているので、韓国籍は捨てないという事を強調しておられたのでした。

Re:不思議です。

疑問ごもっともと思います。
なぜ教会をやめないのか、なかなか一口には言えないのですが、一番の理由は今まであまりに多くの時間と犠牲を捧げてきたが故に、未練がましくも残っているということ。
それから、教会の否定が祝福の否定につながり、それは夫婦と家庭の否定につながりかねないかねないということ。
また、私自身は最終的に教会をやめることになっても、それなりに折り合いをつける覚悟はありますが、教会には私の何倍もの犠牲を捧げてきた多くの食口がいます。そんな人たちが教会に裏切られたと感じたならば、ショックのあまり精神に失調をきたす人もいるかもしれません。そういう結果にならない為にも、教会の改革を望み続けてきました。
今でも、少なからず教会の改革を望む人はいますし、幹部の中もにいると思います。しかし改革の前に、一番の拠り所になるべき教義に重大な疑義が生じている現状、改革の壁はあまりに大きく厚くなってしまいました。

私自身いろいろなことがありましたが、正直なところ自分の無力さを痛感しています。
何か愚痴のような、とりとめのない文章になってしまいました。お許しください。

Re:不思議なのは3男派

「いつも米本ファン」さんは、私を3男派と仰っていますが、実際は家庭連合に身を置いています。
かつて、心情的には3男派に近かったこともありますが、その後の銃器礼賛の姿勢や、理由はどうあれ母親への辛辣な攻撃など容認しかねます。

それから裁判についてですが、私のコメントがなぜ裁判の決着を重要と思っていないと判断されたか理由はよくわかりませんが、起こってしまった裁判ならば一日も早く決着して、結果はどうあれ長引かせることなく、双方その結果を受け入れてほしいと思っています。

骨肉の争い

とうとう 骨肉の争いもここまで来ましたね。

TMはニューヨークの裁判所から近々呼び出されるようです。
サンクの逆襲ですね。
これから何年も泥沼の闘争に入るんでしょうか。
家庭連合の巨額の裁判費用はもちろん日本の献金から(T_T)
裁判費用のため 今後ますます 献金せい という圧力は強まるでしょう。
サンクの方は資金はあるのでしょうか。
クッチンニムの鉄砲屋が主な財源でしょうが。
クッチんニムとその弁護士もH1との抗争などで裁判に慣れているというのはあるでしょうが。
アメリカの裁判所の方もあまり例のない宗教団体の後継者権の事案だとは思いますが、さてどのような対応を誰がするんでしょうか。

かく言う私も恥を晒すようですが骨肉の争いの経験があります。
嫌なもんですね。
それにしても母親を淫婦と罵ったり裁判で徹底抗戦したりと
すごいですね (・_・;)

ウルトラ仮面さんについて。
迷いもわかりますが教会にいるシックのことを考えてというところで偽善を感じますね。1世は高齢になっている人も多いですが、自分が棺桶に入る前に自分のことは自分できちんと判断をして実行した(離教した)と納得して入るほうが遥かにベターでしょうに。
  • [2019/03/06 07:00]
  • URL |
  • あさってのジョー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ウルトラ仮面さんへの間違い指摘

心情的には3男派に近かったこともありますが、その後の銃器礼賛の姿勢や、理由はどうあれ母親への辛辣な攻撃など容認しかねます。

ウルトラ仮面さん、それってサンクチュアリ教会の七男派だと思いますよ。

現役が間違い部外者が知っているという、、、情報をいかに手にするかの重要性を感じました。

今まで信じてきた物を否定するのは大変だと思いますし、感動した自分の心まで否定する必要もないと感じます。また自分オリジナルの生き方がそこにプラスされ見つかるといいですね。やはり依存は怖い。

夫婦の関係に愛情がなかったら必然的に信じる物が違えば離婚になるんでしょうね。
それを見つめる二世達が可哀想です。子供さんは可愛いだろうから、その宗教の縁で授かったんだろうし、そこでも何もかも否定をする必要はないと思います。ただ子供さんも依存症型の人生を歩まなければいいなぁと思いました。

アムロさんに注意

「感受力の欠如について」の投稿は、「前記事」に書き直してください。
 終了した段階で、ここでの投稿は削除します。

忠告!

 ウルトラ仮面さんへの言及はやめてください。

 記事のテ-マは「いよいよ最後の骨肉の闘いに。韓鶴子危うし!」です。

(追記)ウルトラ仮面さんの投稿はこうでした。
「ここまでくると、正直なところもう勝手にやってくれという感じ(-_-;)
 しかし、またしても莫大な弁護士費用が食口の献金によって賄われると思うと、何か底知れぬ虚しさに襲われました。
 そんな教団に身を置く者としては、こんな恥さらしはいい加減もう止めてほしい。
 どうしたら、こんな教団に真理を見出せるというのか?」

 小生には実に素直な意見と読めました。

あらためて確認を!

 私は、韓鶴子派・文3派・文7派を批判しています。
 反統一派も批判してきました。統一をやめた元信だって、批判します。

 しかしながら、所属している組織をやめるべきだとは思っていません。
 前に統一教会をやめるべきか相談されたとき、「そんなこと自分で決めなよ」

 あたりまえのことです。自分の意見をあまり強固に主張すると、世間を狭くします。自戒を込めて。

お知らせ

 末尾に「追加記事」を書きました。

 サンデージャーナルの記事が理解しやすくなったと思います。数行ですので、お目通しを。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お詫び

米本さんからご注意を受けましたが、私のコメントを発端に、記事とは関係ないコメントが続くことになったことお詫び申し上げます。
いずれにしても、皆様のご意見しかと受け止めたいと思います。
  
申し訳ありませんが一点だけ
sunさんご指摘の
>ウルトラ仮面さん、それってサンクチュアリ教会の七男派だと思いますよ。

全くもってその通りです。
頭の中ではそのつもりでしたが、ケアレスミスでした。
こちらもお詫び申し上げます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ウルトラ仮面さんのお詫びに対して

管理人、米本さんの言葉に反して申し訳ないですが、ウルトラ仮面さんのお詫びに対しての返信です。
個人に対してはこれで最後にします^_^;


『ケアレスミスだったんですね。
別にウルトラ仮面さんを攻撃するつもりはなく、崩壊していく組織にしがみついたらしがみつく分だけ傷が深くなる。特に純粋な二世達は、と思い書きました。

組織を続けるか辞めるのは米本さんが仰る通り本人の自由ですが、依存度が高くなる程傷が深くなるのをただ心配しました。しかしそれがかえってウルトラ仮面さんを苦しめてしまったらすみません。ウルトラ仮面さんのご家族にとり最善の道が見つかるといいですね。』



あと


米本さんの発言で、統一をやめた元信だって、批判します。、、、とあるけど米本さんも全員批判はしないでしょう?かつて共に拉致監禁反対運動した方々には思い入れも深いと感じます。

「ヤクザ組織」に対する法の裁き

(『後継者争奪訴訟』新聞報道 2019.2.28より)
特に文氏は「韓鶴子氏と世界平和統一家庭連合が2009年、私を家庭連合のエージェントとして指名し、文鮮明総裁が2010年6月5日、文書でこれを承認した。したがって、何の権限もない韓鶴子氏が私を解任したことは無効」と主張した。

文氏は韓氏のほか、4人の韓国人と4人の外国人など、統一教で主導的役割をする幹部らがあらゆる不正を犯して巨大な賃金と補償給付を受けることによって統一教に害を及ぼしたとし、彼らに組織的腐敗容疑[RICO]を犯したと主張した。


 数年前に‘火の粉’によって紹介された文亨進氏の‘暴露スピーチ動画’は統一教会=家庭連合関係者にとってとても衝撃的であり、そこには一般信者が知ることができなかった教団中枢部の内情が明かされており、それまで暗闇の中にあった教団内の現実の権力構造が白日の下に晒されることになりました。
 その‘暴露スピーチ’は教団外部の反対派などによるものではなく、まさに教団中枢部の最重要人物である「真の子女様」によってなされたものであるため、信頼性は十分にあり、たとえ教団内部の狂信的な信者であったとしてもその内容を否定することはできません。
 ただ、その亨進氏による‘暴露スピーチ’は教団内の信者に向けて発せられたものであり、一般社会に対して大きな関心を引き寄せ、広くイシュー化することはできませんでした。
 ‘火の粉’の前回の記事まで取り上げられていた暴力事件の被害者である澤田地平氏も‘火の粉’によって‘暴露スピーチ’の真実を知り、サンクチュアリー教会に転身することになった一人のようですが、彼の抗議活動も教団内部においては大きな意味を持つものでありながら、やはり、一般社会に対してイシュー化するのは難しく、教団外部の人達からは冷ややかに見られてしまうことになりました。

 亨進氏のスピーチや地平氏の抗議活動にしても、その行為の動機には良心があり、その主張には正当性があるのですが、その行為が思うほど教団にダメージを与えられなかったのは統一教団信者の本質をよく理解できていなかったためとも考えられます。
 一般的な統一教会系信者の持っている信仰は伝統的な一神教信者の持っている信仰とは異質なものであり、主流の統一教会系信者の場合は「組織に対する依存」が信仰の中身であり、「真理」や「教義」などは二の次だったのです。
 そのため、亨進氏の‘暴露スピーチ’は予想ほどには影響を広げられず、地平氏の理路整然とした‘問いかけ抗議活動’もそれ程には一般信者に影響を与えることができなかったのです。

 そのように良心を動機とし、教団組織そのものに対して批判活動を行った彼らの行為が影響力を発揮できなかったのは、訴えを行った相手が‘組織依存’が本質である信者達だったからであり、彼らの行為そのものが意味のないものだったからではありません。
 もし、統一教団の信者たちが伝統的な一神教の信者のようであったなら、彼らの行為によって間違いなく教団そのものを揺るがすような事態が発生したはずです。

 今回の記事では亨進氏による『後継者争奪訴訟』が紹介されていますが、その法的な根拠は米国のRICO法であり、その訴えを判定するのは依存的宗教信者ではなく、良識と知性をもった裁判官であり、一般社会の中枢にいる公的な人物です。
 その裁判は法的な拘束力を持つことになり、違法な行為を行った者はそれ相応の罰を受けることになります。
 従って、韓鶴子氏の不正がそこで裁かれるなら、その影響は‘暴露スピーチ’以上のものとなります。

 澤田地平氏の動画を見てもわかるように、統一教団は実質的に「ヤクザ組織」であり、一般社会の常識が通用するような団体ではありません。
 資金を信者達から搾取することによって成り立っている「ヤクザ組織」は法の力によってこそ懲らしめることができます。
 因みに記事に貼ってあるウィキペディアの「RICO法」には以下のような記述がありました。

組織犯罪 (Organized Crime) の概念の確立[編集]
大統領委員会が想定した組織犯罪の概念は、マフィアやコーサ・ノストラなどの全国的に活動する犯罪組織を中核に置いた。そのような組織は、アメリカ合衆国人民と合衆国政府の規律の外で活動する社会であり、その社会において多数の犯罪者が犯罪に組織的に関与しており、その社会を律する法は、いかなる合法的な政府のそれよりも厳格であると定義した[5]。しかし、上記のような単一の階層構造を有する結合体のみを、組織犯罪の主体として捉えてはおらず、「犯罪者集団 (criminal group) 」や「組織犯罪者集団 (organized criminal group) 」などの多様な形態をとる組織についても言及し、その危険性を考査している[8]。

sunさんにイエロ-カ-ド

 しつこいです。
 
>米本さんの発言で、統一をやめた元信だって、批判します。、、、とあるけど米本さんも全員批判はしないでしょう? 

 小生に質問があれば、私個人に直接やってください。
 右サイドにアドレスは公開しています。
「いよいよ最後の骨肉の闘いに。韓鶴子危うし!」。どういう関係があるのですか。

 気をつけてください。

依存症

 神々の黄昏さんの<「ヤクザ組織」に対する法の裁き>に触発されて。

「依存症」とは、依存を断ち切ることができない精神疾患-と、どこかの文章に書いてありました。
 
 小生は、ニコチン中毒(ニコチン依存症)で、40歳のときからタバコをやめたいともがいていました。
 一昨年、禁煙に成功するまでに費やしたお金は20万円弱。肺気腫になることが分かったので、(人工呼吸器を片手に移動することになる)、ようやくタバコから「解放」されました。

 すべてとは言えないでしょうが、統一に限らず、宗教依存症の人は少なくないと思います。周囲に迷わくをかけなければ、別に宗教依存だってかまわないと思うけど、そうでなければ薬物依存と変わらないでしょう。

 タバコをやめて初めて受動喫煙の被害が分かりました。

 宗教依存の人たちも、自分がどれだけ子どもをふくめて他者に迷わくをかけているか気がついていないでしょう。

 仏壇を朝から晩まで拝んでいるのは、宗教依存ですが、他者に迷わくをかけていなければ「信仰の自由」というものでしょう。 

統一さんを辞めることについて

 統一教会(家庭連合)に、退会届けを出す必要は全くありません。

 思想として、組織に決別するのであれば、退会意志表明を書くのは意味あることかもしれません。何人かがやっていますね。

 しかし、そうでなければ、やみくもに対立することなく、自然退会になるのが一番です。
 だんだん礼拝に顔を出さなくなるというやつです。人間関係が悪化しませんから。

 小生も民青を辞めるとき、若干のトラブルはあったような記憶はあるけど・・・記憶を辿って文字化しようとすれば、すごく時間がかかると思うので、省略です。ぺこり

 

退場の危機?

イエローカードを一枚くらいまして、、、失礼しました。
このコメントで二枚目が出て退場になるのでしょうか?サッカーと違い一試合(一記事)ごとではなく累積ですか?言論の自由の範囲も中々難しいもんですね。

<他者に迷わくをかけていなければ「信仰の自由」というものでしょう。

高額献金により自己破産した場合回収できない負債分は統一教会と関係ない銀行や利用者の迷惑になっていませんか。銀行もブラックな貸し剥がしをしているから蕩減と考えているのでしょうか。

<自然退会になるのが一番です。
 だんだん礼拝に顔を出さなくなるというやつです。人間関係が悪化しませんから。

家族の中に熱心な信者がいたら、自然な家庭内別居ですかね。



結局

1990年に、この組織に入りましたが、2010年ぐらい迄、約20年いました。

ある時、教会に足を運んでる時、急に、
「もうここはダメだ」と感じ、行かなくなりました。

自分を見つめてたら、他を知り、組織を知り、結局、あの夫婦
(親子?)は、
全くわかってないですね。

この組織、だれもかれも皆、自我の固まりです。
自業自得・因果応報の世界、有料ありきの血統転換とか祈願とか献金とか、自己満世界、有料先生のおこぼれで生活する職員・・・地獄人

人格完成?天国? ”神”をパシリに使い、組織依存の自己満足集団、メシアが誰か? アホか? 外から見ると、世界を壊す魔族組織。
結局、皆、虫けらにも劣るよ。
悲哀しか感じない。

死語

本当に面白くなってきましたが、一体、このアホ親子は何をしたいのでしょうか?

「私こそ独生女」「俺こそ真の後継者」だと裁判所に訴えて認めてもらえば信徒はついてくるとでも思っているのでしょうか。(心底信じているんだろうな…)教会の本質は愛であり伝道である。その伝道の本質は長子権復帰であり、その方法は自然屈服しかないと習わなかったのか? 自己中で甘えん坊でオタクの末っ子には届いてないか… 分裂三派内では「自然屈服」は死語になっていますね(トホホ)

ちなみに私もこんな組織に嫌気がさして自然退会です。脱会書を書く時間と紙がもったいない!(笑)

信者の金で築いた財産をめぐる文一族の醜い相続争いとそれに協力する江利川氏

>彼らが電信換詐欺、マネーロンダリングなど、米国の金融機関を脅かす様々な犯罪行為をしたというのが、七男 文亨進氏の主張だ<

サンクチュアリ教会の偽善・欺瞞は、文鮮明を絶対礼讃し神格化し、原理や文鮮明の文言は真理であり、文鮮明の言動は絶対に善だと信じていることであり、また、人々にもそのように、信じさせようとしていることである。
文亨進が訴えている上記の内容~マネーロンや不正や詐欺など、文鮮明もやっていた。文は麻薬密売までしていたのだ。
こんな文一族に振り回される信者は、哀れというか、愚かである。文鮮明からはじまり、妻の鶴子や文の子女が固執しているのは、金と権力なのだ。
亨進が説教で、裁判費用が一回に12万ドル(約1300万円)かかると話しているし、信者に要請している。いろんな理由をつけて、日本に金を要求する北の金や南の文と同じだ。やはり、朝鮮人のDNAは同じと感じる。
訴訟の統一マークのロゴは、旭日旗にバッテンXという話がある。文鮮明は反日活動家であったので、ありえる話。

・文亨進の説教 29:40~32:00
https://www.youtube.com/watch?v=ydtYSi9l0zg(英語)
 裁判費用一回につき12万ドル以上かかると話している。

https://nqj17437.wordpress.com/category/%E4%BA%A8%E9%80%B2%E6%A7%98%E7%A4%BC%E6%8B%9D/ (日本語翻訳)
・サンクチュアリの破産を狙う家庭連合

ディフェンド&ビルド(防御と創建)キャンペーンでは、(現時点で)総計287名の人が計33万5千252ドル75セント寄付してくれました。このキャンペーンの当初の目標は真の神の日(陽2月5日)までに200万ドル集めるというものでした。

皆さんに知って欲しいことは、弁護士に依頼して書類を裁判所に提出したり手続きするごとに12万ドル(約1300万円)掛かるということです。それも一回ごとにです。家庭連合が裁判所にくだらない申し立てをするたびに、12万ドル以上のお金が飛んでいきます。分かるでしょう、これが現在のアメリカの訴訟システムなのです。こうやって人を破産させるのです。家庭連合は、まさしくそれを狙っています。統一マークの使用をめぐる訴えを起こして。

お父様がつくられたマークです。

裁判所に回答を送ったり、質問を提出するまたそれに家庭連合が回答、質問する、その一連のやり取りで12万ドルがサッと消えるのです。これが(アメリカでの)訴訟の実態です。これが訴訟事件の性格なのです。まさしくこれは戦いです。

いまは裁判の詳しいやり取りの内容をお話しすることはできませんが、いま言えることは、われわれが何か裁判所に送る、それに家庭連合が回答するそのやり取りのたびに、12万ドル、12万ドル、と飛んでいくという現実です。

こうした過程を通して家庭連合はサンクチュアリを故意に破産させようとしているのです。ここに数字が出ていますが、204名が500ドル以上、181名が1千ドル以上、12名が4千ドル以上、1万ドル以上の人が6名ということになっています。

>天の声 江利川安栄よ。日本サンクチュアリ協会の会員への献金を強めよ!<

すでに、去年から、「防御と創建キャンペーン」という名の「献金キャンペーン」がはじまっているようだ。
・2018年9月23日の江利川氏の説教
https://www.youtube.com/watch?v=SIweLya8p2I&feature=youtu.be
・キリスト教は引き上げられ/非原理の詐欺集団は崩れ落ちる

45:40~51:00
江利川氏お得意の金集めの説教。
母の国日本ガ~、母の国の責任は人材と経済デ~ス。
文鮮明が、いかにして、日本から人材と金を収奪するかで、考えついたが「父の国母の国」という造語。
この母の国という造語を今でも使いまくり、信者を誘導するオール統一の幹部らは、人々を騙しているということ。統一各派の幹部や江利川氏も詐欺師である。
これ以上、母の国ということばを使って、お人よしの日本人を誘導しないでほしい。
ネチネチとした恨み、嫉妬、しつこさなど腐った女のような性質はむしろ韓国だろう。日本は侍・武士道の国。
また、亨進の話をそのまま、信者に流す。日本はキリスト教の国でないから、アーダ、コーダと理由づけして、日本下げ。では、キリスト教の国韓国の実態をどう解釈するのか。説明してみなさい。ウソつき、騙し、ユスリ、タカリの国が、神の祖国? 文鮮明も亨進も顕進も鶴子も同じようにキリスト教の国韓国を自慢げに話している。文一族は、歴史をしっかり勉強してから、人々の前で話すこと。

・日本サンクチュアリ教会のHPに江利川氏の「お金集めの宣伝」がでている。

・【防御と創建キャンペーン】
公開礼拝の説教において今の摂理と献金について説明させていただきました。二代王は、その献金を「防御と創建キャンペーン」と命名されました。
皆様がPayPalなどで、アメリカ本部に送金される場合『防御と創建キャンペーン』の献金であることを明記いただくか、別にメール等でその旨をお知らせください。尚、日本事務局(administrator@sanctuary-jp.org)へもお知らせくだされば、アメリカの担当筋と対照させていただきます。
世界、天宙が伸るか反るかの激しい動きをする中にありますが、皆様が摂理の中心人物として責任と使命を果たされ、ご健勝であられることをお祈り申し上げます。

日本サンクチュアリ協会

           総会長 江利川安栄

文一族はウソつきだよ!

文鮮明と文亨進が「真の家庭」について話しています。
裁判闘争するムーンファミリーは、真の家庭ではないということの証明です。いい加減、日本人信者は、文一族の欺瞞に気づくべきです。

ちゃぬの裏韓国日記より。
・【文亨進】文教祖から王冠を受けたから後継者(写真)
https://ameblo.jp/chanu1/entry-11994726663.html
一部引用
『永遠の愛に従って絶対一体になった夫婦は、和合一方きりの血統につながるので、そこに生まれた子供には兄弟紛争という概念がないのです。紛争ではなく、一つになるような後孫を持つことによって、神の血統を中心として、神の愛を中心として、三代共々が一つになるようになった基準が、天国の出発の起点だったのです。』
(蕩減復帰の峠を越えましょう 1995年1月19日 韓国・水沢里中央研修院)

おかしいですね。文教祖の直系の子女は「和合一方きりの血統で兄弟紛争という概念がない」はずなのですが。
でも、実際はお互いをサタン呼ばわりしながら、裁判闘争です。

・真の子女は血統が違うので世間の財閥のように争ったりしない(by文亨進)
https://ameblo.jp/chanu1/entry-11162697456.html
一部引用
 韓国の財閥の二世たちを見れば、常に争い、常にうまくいくことがないのですが、わたしたちは違います。わたしたちの教会は違います。わたしたちは、血筋が違うのです。(拍手) わたしたちは、真の父母様から来たので、今後、真の家庭は一つになり、また一緒に仕事をする、そのような手本を歴史に残します。』
(2008年4月18日 文亨進世界会長就任挨拶 天正宮博物館)
~~~~~~~~

7男の亨進は、常に、日本はキリスト教でないと侮辱発言をし、江利川は、彼の話をそのまま、信者に流す。ハーバードで比較宗教を勉強したとは、思えない劣悪な説教をする。江利川も高学歴なのに、小学生でも知っているような事実を無視して、信者を誘導するとは、情けない。サ教会信者は江利川を盲目的に信じる愚かさ。

小学生でもわかるような動画がたくさんネットにでている。

・日本の世界最大宗教の普及率の低さに驚愕!ザビエルも困った一神教が浸透しなかった最大の国の謎
https://www.youtube.com/watch?v=6n4lAekfByA
・【海外の反応】外国人も驚く世界最大宗教の普及率の低さ!日本人は特別なのか!ザビエルもさじを投げて逃げ出した日本の特殊性とは!驚愕
https://www.youtube.com/watch?v=t9_fk-JQ72k

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/1018-e8302251