FC2ブログ

汝、妄想することなかれ 

変貌するサンクチュアリ教会(23)

文亨進サンク王は、偉大である。
御言を聞いて、しびれてしまった。

コロナは完全に詐欺でした。あいつらが言っていたように、一つも危険ではなかったではないですか。ビタミンC、ビタミンD、そしてジンク(亜鉛)、カイニン、ハイドラクトコーキン(抗マラリア薬・ヒドロキシクロロキン)、いろいろな方法で治療できるではないですか、簡単に。 

このコロナが、私の考えでは、私が科学的にいろいろと研究したのですが、そして多くの専門家の言う事を聞いてみたのですが、マスクは役に立たない。このようなマスクでは使えない。だったら自分は使わない。と、このように言えなければなりません。 



続きを読む

オール統一ブログ村は統合失調症であふれかえっている 

「消えゆく分裂3派」 (33)

前々回記事の ichanさんの投稿である。

統合失調症 セルフチェック
https://www.mental-navi.net/togoshicchosho/check/

統合失調症は、心のガンと言われるほどの恐ろしい病気です。
オール統一ブログ村は、統合失調症を思わせるブロガーをよく見かけます。
神の声が聞こえるとき、何者かに支配されているというように思うときは統合失調症を疑った方がいいでしょう。
白装束、統三教会、toramaru、makotonomori、お笑い海鳥(敬称略)あたりは統合失調症を感じさせます。
文章読むときは、注意しないと引き込まれていき、影響を受けてしまいます。
なんつーか私も専門家ではないので、歯痒いのですが、統一教会は統合失調症か、妄想障害の人が溢れてると思うんです。

続きを読む

,猫を虐待して喜ぶサ狂人かな。 

変貌するサンクチュアリ教会(24)

前回記事の投稿欄で、ichanさんが紹介してくれたサイトです。

 makotonomori氏は、猫を殺しました。↓
https://ameblo.jp/kimagure-or/entry-12592403897.html


クリックしてみてください。サイトの管理人はkimagure-orさん。
kimagure-orさんが「新型コロナウィルスについて疑問に思ったこと」を記事にしたところ、サ教の「makotonomorison30000」さんが唐突にこんな投稿をしているのである。

このごろ良くわなで猫を捕まえる
野良は荒く めだかの池で かごの中に入れて沈めて泳がせる
少し人間の残酷さを感じ 引き上げる行為を3回ほど繰り返すと
荒れ狂う猫もおとなしくなる
2番目に捕まえた猫は 元飼い猫だったようで 威嚇も噛み付きもせずただ逃がしてと泣き続けた とてもかわいかったため 水攻めはしなかった。

続きを読む

やっぱ、サ教は妄想集団だ! 

変貌するサンクチュアリ教会(25)

精神分裂病だと思われるサ狂人の森一郎氏によって、すっかりブログがかき乱された。不快なこと、この上もない。
気分転換に、サ教ブログを眺めた。
白装束が相変わらず、精神分裂を健全に(笑)やっていて、微笑ましかった。

お父様が大事だとおっしゃた

お父様が大事だとおっしゃた

お父様が大事だとおっしゃた

お父様が大事だとおっしゃた

お父様が大事だとおっしゃた

お父様が大事だとおっしゃた

だから来ました

だから やれ

だから 祈れ 意識し続けるんだ

http://shimpankaihiproject.blog.fc2.com/blog-entry-374.html

続きを読む

無知な反マスク教会 

変貌するサンクチュアリ教会(26)


反マスク教会の信者は、コロナ後遺症の怖さを知らないようだ。
兄弟ブログで3回にわたって「コロナ後遺症」のことを書いた。

コロナの怖さ
コロナ後遺症「なし」はわずか13% 徒労感や呼吸困難、ICUでのストレスも関係か
「死ね」コロナ感染の男子高生に批判殺到 患者の苦しみと後遺症のリアル  


すべて読むことができないのであれば、3回目だけでも読んでもらいたい。なにしろ子どもが関係するのだから。

続きを読む

泣けるというか懐かしい 

イカレ王とその臣下たち(;_;) 

変貌するサンクチュアリ教会(27)

イカレ王こと文亨進がこんな指示を出した。(文中敬称略)

江利川総会長より、二代王様の鉄の杖自由祝祭後に関するみ言葉が9月7日の評議会で伝えられました。
以下はその二代王様のご指示です。
「10.14 に行事が終わった後、11.3 までの 21 日間、原理本体論の訓練を行う。
11.3 は徹夜祈祷をして、 選挙当日を迎える。死ぬ覚悟で来て欲しい。
アボニムの権威下で、アベルとカインを孤立させてはならない。
訓練の対象は、祝祭参加者全 員とする。トランプ再選に負けると、世界戦争になるかも知れない。」

続きを読む