FC2ブログ

心をどこかに置いてきた分裂3派の人たち(下) 

露わになってきた統一教会(家庭連合)の真実(26)

「真のお母様こと韓鶴子氏は無原罪」という主張に異を唱え、家庭連合本部前で街頭抗議活動をしている澤田地平氏は同団体の職員らに暴行を受け,全治3日間の怪我を負った。

第二百四条 人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
第206条前2条の犯罪が行われるに当たり、現場において勢いを助けた者は、自ら人を傷害しなくても、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金若しくは科料に処する。

 決して軽い罪ではない。こうした事件を看過すれば、いずれ全治一ヶ月の傷害事件に発展し、やがて刃物でメッタ刺しという副島事件になっていく。
<注>ナツミカン女史はいう。「日曜の朝、本部組織前でチャンバラなんて、過去の組織の障害事件(個人的には殺人未遂だろ?と思う)副島事件とは、比べ物にならない内輪もめでしかない」。まるで現役さんだ(泣)。

続きを読む

いよいよ最後の骨肉の闘いに。韓鶴子危うし!(追記あり) 

「消えゆく分裂3派」 (22)

 新記事をアップしたばかりだが、ニュ-スが飛び込んできたので、早々と更新せざるを得ない。
 小生が読んでもらいたいのは-
「心をどこかに置いてきた分裂3派の人たち(上) 」
「心をどこかに置いてきた分裂3派の人たち(下)」
 内観してみれば、心を取り戻すことができるかもしれないので。


(美洲)韓国日報 2019年3月2日
http://www.koreatimes.com/article/1234209
文鮮明の息子文亨進氏、母親と後継者争奪訴訟

 故文鮮明総裁から統一教後継者に指名された末っ子文亨進氏は、現在の家庭連合の総裁を務めている母親の韓鶴子氏を相手にした統一教の後継者争奪訴訟をニューヨークで提起した。

続きを読む

蘇ってくる「悪魔連盟」(;゜0゜) 

「消えゆく分裂3派」 (23)

 文亨進氏が韓鶴子氏らを訴えた「文鮮明の息子文亨進氏、母親と後継者争奪訴訟」(サンデージャーナルの記事)についての感想である。

 衝撃的だったのは、次の記述である。

「韓鶴子氏の側近らは文氏に、韓氏の生存期間だけ沈黙してくれれば、逝去後の後継者の座を保証すると提案した(後略)」

 前回の記事で神々の黄昏さんが触れていた「文亨進牧師のラジカルな説教」の最初の3つばかりを紹介する。4年前(2015年)の説教である。
「悪魔たちの連盟にたぶらかされている「お母様」 」
「文亨進氏のみ言葉:宋龍天、徳野を解任する!」
「キム・ギフン、バルコム、ジェンキンスよ、恥を知れ!」

続きを読む

2つの名簿-2015年(サタンリスト)と2019年(提訴リスト) 

「消えゆく分裂3派」 (24)

徳野英治は信仰者なのか、不作為犯なのか。それが問題じゃ。法律に詳しい近藤徳茂さん、教えてくだされ。


れまでの記事は「いよいよ最後の骨肉の闘いに。韓鶴子危うし!(追記あり)」 蘇ってくる「悪魔連盟」(;゜0゜) 未読の方はお目通しを。

 2015年の説教で、亨進氏は「悪魔連盟」リストを公表した。http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-548.html#more

金孝律
金孝南
金 Suk byung キン・ソクビョン
An Hyo yul 安 アン・ホユー
金マンホ
ヤン・チャンシク 梁昌植
Seuk Joon ho ソク・ジュンホ
kim Yeong Hi キム・ヨンヒ 金栄輝
Lee Jaesok リ・ジェソク 李載錫
Yu gyung suk ユ・ギョンソク 柳慶錫
Song Yong cheon 宋龍天
Aiji Tokuno 徳野英治
Kim Ki Hoon 金キフン
Michael Balcomb マイケル・バルコム
Michael Jenkins マイケル・ジェンキンス
(合計15人)

続きを読む

“霊感商法の親玉”井口康雄が逃げる(爆笑) 

露わになってきた統一教会(家庭連合)の真実(27)

「 心をどこかに置いてきた分裂3派の人たち(上) 」「心をどこかに置いてきた分裂3派の人たち(下) 」 の続きである。

 これ以降の澤田地平氏の抗議活動である。
「真理を問う行動2.24/問われる大西某に対する使用者責任」(生田登場)http://shimpankaihiproject.blog.fc2.com/blog-entry-300.html
●「松濤本部前行動3.3/自らの首を絞める暴力宗教」(もぬけのから。フエイント)http://shimpankaihiproject.blog.fc2.com/blog-entry-301.html
●「松濤本前行動3.10/砂嵐の中で探した針とは何?」(渋谷警察署ちょっと動く)http://shimpankaihiproject.blog.fc2.com/blog-entry-302.html

 笑えるのはの「2・24」行動である。

続きを読む

横田・井口はバカなんだけど…… 

改革か自壊か(33)

 怪文書めいた一文が郵便で送られてきた。
 ウィキペディアによれば、
「怪文書(かいぶんしょ)とは、信憑性および発行者が不明な状態で出回る事実上の匿名の文書である。内容的には、その多くが特定の組織・個人などに関する情報と称する類のもの、誹謗中傷もしくは一方的な主張を述べている。根拠不明あるいは明確に誤った情報でありながら、拾い読んだ者にある種の影響を与え得る為に問題視される」
 となっている。
 この定義によれば、先の一文は怪文書といっていいだろう。

 しかし、「誹謗中傷もしくは一方的な主張」「根拠不明あるいは明確に誤った情報」と言えるかどうか・・・。関係者及び読者の判断を仰ぎたい。(注)は引用者)

(全文引用)
 口先男(注1)、横田浩一の罪状
 先に江利川女史を追い出した(注2)、口先男横田浩一、その後太田洪量を追い出した(注3)。現在理事長として権力を欲しいままにし、神をも恐れない横暴の限りを極めている。

続きを読む

信仰仲間に一切関心を示めさない奇妙な団体。 

露わになってきた統一教会(家庭連合)の真実(28)

「心をどこかに置いてきた分裂3派の人たち(下) 」の続きである。

 記事に反応し、fatherFさんが「教会をやめる人は見れば分かる」by Y氏 をアップした。未読の方は是非、読んでください。
 同記事についた投稿を紹介しておく。

 1. 人情と天情
「人情よりも天情」そう言っていましたよね。
組織の中にいるころには、自分でもそう言いながら、それを言い訳にして細やかな愛情を持つことができない自分を自己正当化していることが分かっていたので、そんな自己正当化を続ける自分に嫌気がさしていました。
「家族を犠牲にしてこの道を行くんだ」と言えば立派に見えるかもしれませんが、家族のことがそもそも嫌いならばただの逃げ口上です。
人情よりも天情。
人情さえ持ち合わせていない人には天情に至る道はありません。
人情を理解した上でそこに留まらずに天情に向かう。
そこにたどり着く人はあまりにも少ない。桜葉佳代2019-03-08 10:02:54

続きを読む