FC2ブログ

ネアカの亨進。ネクラの顯進。 

「文顯進・家庭平和協会」考(4)

-火の粉ブログの今後のこと-

 [2017/02/17 12:13]にアップした「2017年以降のブログの方針-いよいよ蛍の光です」 に目を通してください。
「ブログを閉じるのか」。個人メ-ルで何人かから問い合わせがきていました。
 今後の方針は、書くべき記事、伝えるべき記事がなくなれば、更新しない-ということにつきます。
 ななくささんが書いていました。「摂理延長~のお知らせ♡(爆)」
 <今年で終了すると言っていたブログを、もうちょっとだけ書きたいことあるので、書きたいことを書き終わるまで延長します> 
 書きたいことがあれば書く。全くもって正しい姿勢だと思います。
 小生もそうします。ただ、だんだん書くべき・伝えるべき記事は少なくなっています。これまでの記事件数は922件(投稿数は17168件) 。あらかた語っています。


謹賀新年なのに、また文顯進様のことかぁ~。実は小生も大いに気分悪し-なのだあ。

 小生が彼と彼の支持者に興味を抱いているのは、日本のシックが自己破産、生活保護世帯になるにもかかわらず高額エンドレス献金を続けてきた、その巨額の富への関わり方に関心があるからである。
<注>拉致監禁説得が行なわれてきたのは高額エンドレス献金が背景となった-ことをわすれてはならない。文3派諸君には「広島夫婦拉致監禁事件・民事訴訟の訴状を公開(前半)」を是非読んでもらいたい。

続きを読む

仁進・国進・亨進を「刺した」のは一体、誰だったのか!? 

「文顯進・家庭平和協会」考(5)

 実に奇妙な記事である。是非、目を通してもらいたい。
●『真の家庭』とは何かを考える
●「仁進様、統一教会訴訟...その理由は?...一体何の陰謀か」
●https://hyojin.muragon.com/entry/35.html

 読んで意味が分かる人はいるだろうか。
 なぜ、8年前(2010年12月2日)のことを今、書くのだろうか。
 具体を示めさずあえて意味深に書いているようだが、どんな出来事だったのかさっぱり分からない。陰険である。
 情報源は「文3派御用達サイト」(韓国カーブカフェ、ココアご愛用)のようだが、アドレスが書かれていない。いったいに、文3派のブロガ-は記事の出所を明記しないため、事実を確かめようがない。陰険、陰湿。ともかく陰謀めいていて暗いのだ。

続きを読む

崩れていく音が聴こえてくる。 

ダウンロード

身辺雑記(21)

 身辺雑記(20)「悲しくてやりきりない。゚(゚´Д`゚)゚。 」[2018/01/14 12:48]の続きである。
 過去記事紹介をさぼっていたので、1年間分になってしまいました。
 これまでのようにリンクをはる作業をすると、膨大な時間を取られます。幸い、「ブログの総目録-インデックス付き」がありますので、記事を探すのは簡単です。

(1)記事名・日付・カテゴリ-の順で紹介している。「ブログの総目録-インデックス付き」はカテゴリ-別となっている。したがって、読みたい記事のカテゴリ-を総目録で探し、そこをクリックすればすぐに見つかる。
(2)ブログの左サイドに、「シンプルアーカイブ」(年月別の記事)がある。(1)の記事の日付をもとに、スル-していけば、すぐに見つかる。

 この歌でも聴きながら、目を通していただけたら。

続きを読む

ついに韓国人のポチになった松濤職員たち。 

露わになってきた統一教会(家庭連合)の真実(20)



 澤田地平氏らの「松濤本部前行動1.13」の動画を紹介する。
 これまでの「家庭連合対地平ら」とは明らかに違う。
 質が変わった。
 それは、警察を呼んだのが家庭連合ではなく澤田地平氏だったことに象徴される。
「審判回避プロジェクト」の記事を引用する。

続きを読む

社会からこぼれてしまった渋谷教会の大西克彦さん 

露わになってきた統一教会(家庭連合)の真実(21)

 家庭連合(統一教会員)であろうがなかろうが、暴力的で下品な人間は嫌いだ。
 前回の「ついに韓国人のポチになった松濤職員たち」の続きである。
西克彦(敬意敬称略)については、こんな記事を書いたことがある。
「食口に非ず人に非ず-渋谷教会総務部長の大西克彦」
キャプチャ4
 大西はかつての仲間である澤田地平氏にこんな言葉を投げつけている。(上記参照)
「家庭崩壊して何誇ってるんですか?」
「社会から落ちこぼれている」
(一般社会からすれば、“霊感商法”の統一教会職員・大西は社会から落ちこぼれている。その根拠は教会外の周囲に身元を明かせないこと、働くことなく献金でメシを喰っていることにある。笑止だよ!)
「人に見せるものがないでしょ、あなた」

続きを読む

感性も理性もアウトなcocoaさん 

「文顯進・家庭平和協会」考(6)

更新は「5日に1回」を基本にしてきましたが、下の動画に関する記事がやや長くなりそうなので、急遽アップします。


 



 日家庭(夫が韓国人・妻が日本人)は不幸である。正確にいえば、不幸な韓日家庭が多い。
 すぐに思い出すのは春川事件。刑期(9年)からすれば、今も彼女は獄中にあるはず。
「生活苦のため…日本人妻(食口)が韓国人夫を殺害」 [2012/08/22 13:50]
 
 飲む・打つ・買う。定職につかず。そして家庭内暴力。ため息が出るばかりだが、「韓日家庭」に共通するのは「貧しさ」であろう。 何人かの日本人妻(食口)を知っているが、いずれもそう、みな貧困と闘っている。

 韓国から日本に定期的に里帰りできるような人はいない。かなりめぐまれた人でも3年に1回ぐらいか。
 ところが、年に何回も、という御夫人がいる。ご存知、cocoa氏である。

続きを読む