記事復刻-強権化、幼稚化してきたお笑い松濤本部-前のめり公文 

記事復刻シリ-ズ(4)

 今回は2016年7月15日にアップした記事の復旧である。 広報局長の鴨野氏にとって、絶対に削除したかった記事だと思う。
 記事の反響は大きく、コメント数は43本。(これを復元するには少し時間がかかる。トホホ



お笑い家庭連合考(2)

 鞍馬天狗さんのブログ「火に油を注げ」が話題になっている。
 周知の通り、突如、「謝罪文」が載ると同時にこれまでの記事が非公開となったからだ。
http://www.blogmura.com/profile/01315621.html

「謝罪文」のコメント欄に私は次のように書いた。(コメント番号21)

続きを読む

記事復刻-精神障害の子どもをもつシック家庭が集うというが・・・ 

記事復刻シリ-ズ(5)

 今回は2016年6月25日にアップした記事の復旧である。
 正直、なぜ削除要求したのか分からない。集いに、私は好感を抱いていたのだから。

 統一2世に精神疾患者が多い。そのことを知られるのがまずかったのか。いや、そもそも、祝福家庭に精神疾患者が出ること自体、“原理的”に認められないということなのか。神々の黄昏さんの表現を借りれば、「宗教馬鹿の壁」か。
 この「宗教馬鹿」は、家庭連合だけでなく、文3派&支持派、文7派&支持派などなどにもあてはまる。なぜなら、統一2世の精神疾患について全く言及していないのだから。知ってるくせに
 考えられる理由は2つ。
 その1・関心がない。「脳に幕がかかっている」
 その2・統一2世の精神疾患の原因を追求すればするほど、自己のアイデンティティが崩壊する。そのことを本能的に察知して話題を避ける。統一・反統一関係なく、「春の海のひとりごと」さんの姿勢に学ぶべきなのだが、まあ無理だろうなぁ。正直言えば、私が好ましいと思っている神山さんより彼女は数倍、思考している。感受性も豊かだ。
 能書きが長くなった。この記事も反響大きく、コメントは48本だった。目を通していただければうれしいです。
 教団は、ひょっとしたら、コメントを読まれたくないために、削除要求を出したのかもしれない。

続きを読む

君たちはどうして名誉毀損で訴えないのか !!! 

韓鶴子とSEX(1)

真の母の実体は淫乱の母だったのか!?

 ついに爆弾発言が飛び出した。
 「(私たちの母親)韓鶴子は霊的にではなく肉体的に堕落していた」。(平場の言葉で言えば、純潔を強調しながら浮気をしていた)

 この10月31日に、サンクチュアリ教会の信者と、指導者「文亨進氏・文国進氏」との間で質疑応答の場が設けられたらしい。そのときのやりとりが「サンクチュアリ NEWS」にアップされた。(「10/31亨進様・国進様との質疑応答 【日本語訳】(全文)」

続きを読む

神とサタンは寝たのか? 

韓鶴子とSEX(2)

【前回の記事】「君たちはどうして名誉毀損で訴えないのか !!!-真の母の実体は淫乱の母だったのか!?」

統一教会教会長・澤田地平氏によれば、無原罪が売りの韓鶴子女史が自分の3男の義父にあたる郭錠煥氏と肉体関係にあったという。
 常識的に考えれば、自分の子どもの結婚相手の親と肉体的関係を結ぶなんて、信じられない話である。 

ダウンロード
【出典】https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E9%83%AD%E9%8C%A0%E7%85%A5%E3%80%80%E5%86%99%E7%9C%9F

 個人的なことになるが、私は純潔に価値は置かないし、『古事記』にみられるように性はおおらかであっていいと考えている。
 それにしてもである。
 “メシア”の妻・韓鶴子氏と、“メシア”の一番弟子だった郭錠煥氏は、ともに「純潔命」の統一教会(現家庭連合)の大幹部として、信者たちに純潔の大切さを唱えてきた。
  それゆえ!、韓鶴子氏と郭錠煥氏とが不倫関係にあったとしたら! 一般社会での不倫関係とは次元を異にするレベル(黒田日銀総裁の「異次元の金融緩和」的)--の話なのである。
 たんなるゴシップではない!

続きを読む

やになったぁ! 

身辺雑記(15)

 もう、ほとほと、やになっちゃった。

 純潔第一の統一教会(家庭連合)の教祖・文鮮明は女狂い。妻の韓鶴子はリベンジ(復讐)なのか、教祖の一番弟子と!懇ろに???
 ああ、やになっちゃった♪驚いた

ずいぶん歳を取ったなぁ。牧さん、このあと亡くなった。享年78。

<注>30数年前の米国映画『結婚しない女』みたいな感じ。もう細部は覚えていないが、フェミニズム思想が背景にあった。

続きを読む

記事復刻-江利川騒動から見えてきた構図(中)-シックの言論を封殺 

記事復刻シリ-ズ(6)

 これまでは2016年8月21日、18日、9日、7月15日、6月25日の記事であった。ところが、どういう訳か、いきなり1年近く前の2015年8月22日付の記事となる。 いちいちやっているのが面倒くさくなった?さすが、「いい加減・適当な統一っつぁん」だ(笑)
 ブログサ-ビス会社に記事の削除要求をする。この方針を決めたのは「鴨野(広報)&近藤(法務)」だと推測するのだが、実務は部下に任せたのではないか。
 今回、記事を復刻することによって、家庭連合が大っ嫌いなサンクチュアリ教会の江利川氏(元会長)と、独立独歩(ただし精神)且つ鮮明一筋の神山氏(元会長)に再び光があたる。面白いね
 鴨野氏に「火の粉を何とかしろ」と命令した韓国人のオッサン。天に唾すると、その唾は自分の額にぺちゃりと。 韓国語のことわざは?

続きを読む

記事復刻-ついに狂い始めた教団本部 

記事復刻シリ-ズ(7)

 今回は1年前というより2年近くも前の記事(2015年1月7日)である。どうして?これが削除対象?

【件名:米本和広氏のブログに対する教会の対応について】

 この公文は、教会員の一部ではなく、全教会員に周知徹底されるべきものである。
 したがって、公文全文を掲載した小生に、感謝の一文でも添えて団子餅でも送ってくれるのが礼儀というものである。ところが、公文全引用はけしからんというのだ。何なのこれ!クラクラする。

公文の一部引用に修正したため、コメントの意味が分からないところがあると思います。平にご容赦ください。
  
 末尾に、感想を追記しました。

続きを読む

記事復刻-「11・29公文-本年最後のお笑い統一教会です」 

記事復刻シリーズ(8)

 団本部による記事削除→記事復刻シリーズは、これが最後である。
 それにしても、驚いたのなんの! 今回は2013年12月23日の記事。3年も前の記事だよ
 どういうことなんだろうねえ。
 コンプライアンスに関するまともな公文を読まれるのが嫌だったのか。あるいは違法行為スレスレの献金集め「長野方式」を知られたくないからか。
 それにしても、3年近く晒された記事を今さら削除要求とは、バカ丸出しというかお笑い家庭連合さらけ出しというか。公安関係者はみんな読んでいるというのに。 これじゃあ、また長野方式が注目されちゃうじゃないかぁ



統一教会考(46)

 日本統一教会の改革に淡い期待を抱いている教会員にとって、「悪徳の勧め-徳野発言を議論しよう!」(12月6日付)、「徳野逮捕は近い!」(12月11日)、「今度は脱法行為の勧めだ!」 (12月18日)は、気分が暗くなるような記事だったと思う。

 

続きを読む

神山さんの死はどう利用されるのだろうか。 

神山VS教団(4)


「記事復刻-「11・29公文-本年最後のお笑い統一教会です」 をアップしたばかりだが、新しい情報が飛び込んできたため、早々と更新する。

20161016185801fb8s_20161111135225d47.jpg

続きを読む

続-神山さんの死はどう利用されるのだろうか。  

神山VS教団(5)

原稿は完成しましたが、不可解な話&動きがあるようなので、それを末尾に簡単に書いておきます。

 前記事「神山さんの死はどう利用されるのだろうか」 で、私のところに送られてきた文章を、解釈を加わえることなく原文ママで流した。

 私は、神山さんサイドに「神山さんの葬儀のやり方については、神山さん自身が文章にて意思を明確にしておいた方がいい」と提案しようと思っていた。外的知、いや違った内的知、いやそうでなく世間知が足りないcocoaさんには理解できないかもしれないが(ヒスるな)、死は利用されますからね!

<注>癌で死ぬのは、とてもいいです。なぜなら、死ぬまでの生活を自分の意思でプランニングできるからです。ある男性(企業経営者)は葬儀に呼ぶ人・呼ばない人を子どもたちに指示し、またある末期癌の女性は夫に葬儀のときに流す曲を頼んだそうです。

 介護のことでいろいろバタバタあって・・・そしたら、神山さんサイド(私が信頼している人:ただし考え方、価値観はまるで違うはず)からメールがさっき届いていた。むろん、神山さんの了解のもとに、だと想う。
 それをやはり原文ママで紹介する。そのあと若干の感想を述べることにする。

続きを読む

徳野執行部に告ぐ! 

記事復刻シリ-ズ(9)

 教団の元会長・神山威氏の葬儀のことで話が飛んでしまった。記事復刻シリ-ズに戻す。総括である。

界平和統一家庭連合(旧統一教会)が「火の粉ブログ」記事について、ブログサ-ビス会社に記事の削除を要求。小生も弁護士に相談し、その要求を認め、記事削除に応じた。
 この問題の核心については、すでに「なぜアベル(公職者)はアホばかりなのか」 「記事削除要求はバカ丸出し(恥ッ)」 などで詳述したので繰り返さないが、お馬鹿で無知なシックのために一言だけ述べておく。

 最近亡くなられた野村健二さんの著作は、「思想又は感情を創作的に表現したもの」である。
 おそらく、いくらなんでも統一教会が大ッ嫌いな浅見定雄さんや山口広さんでも認めるはず。
 では、統一教会本部が下部に流す通知文(彼らの用語・宇宙語では「公文」)は、「「思想又は感情を創作的に表現したもの」と言えるかどうか。

続きを読む