徳野会長たちはどうして千葉県警・千葉県議会に出向かないのか。  

拉致監禁リアル情報(49)

-事の経緯- 

 火の粉ブログの記事「食口に君臨するユダの名は徳野英治なり!」 (2015年11月28日)に対して、教団から「記事(拉致監禁問題)全面削除要求」(同12月25日)が届いた。
 回答として、次の3つの文章を書き、
「記事削除要求への回答(拉致監禁問題・上)-感情を喪失した男」 2016年1月18日
「記事削除要求への回答(拉致監禁問題:中)-嘘八百」 (1月20日)
「記事削除要求への回答(拉致監禁問題:下)-苦しみと痛み」 (1月22日)
 記事削除要求には応じられないと回答した。
 これらの文では徳野氏と鴨野氏に問いかけをしているのだが、いまだ返事がない。社会慣習的には3つの記事の内容が事実だったということになっていく。
(鴨野さん、それでいいの? そういえば、「澤田攻撃の謀略ブログは誰が書いたのか?」(3回連載)で、犯人は鴨野さん周辺が怪しいと書いたけど、いまだ広報ブログ等で釈明説明がなされていない。それでいいの? クロになっちゃうよ)

 これはこれで一件落着なのだが、心に澱(おり)のようなものがこびりつき、すっきりしない。長年、拉致監禁に共に闘ってきた後藤徹氏との間にすきま風が吹いてきたこともさることながら、彼が石橋正人さんの救出に本気で取り組んでいるのか、懐疑的になってきたことが大きい。

 沈黙するのは腹が膨れてしまうのだが、といって沈黙を破るのも辛いものがある。しかし、後藤氏との関係とか彼のメンツとかよりも、私にとっては石橋さんの救出のほうが大事である。すきま風に拉致監禁派がほくそ笑もうが、そんなことは知ったことではない。
ゴチックにした日付に留意してください。

続きを読む

平気で嘘をつく人(韓国人幹部)たち 

鶴の絶対化路線(20)

ソク・ジュノは人格障害者か

 大きな反響を呼んだ「家庭連合からサンクチュアリ教会へ(YAMAさんの手記) 」のコメント欄で、YAMAさんが「腹を召される覚悟がおありなら・・・・」を投稿していた。
 この投稿には拙記事「石俊淏理事長も泥船からサ教へ脱出か!?」 も関係する。

 私は、少なからず、ショックを受けた。石俊淏(ソク・ジュノ)宣教財団理事長のことである。事実関係を時系列に整理して紹介する。

[文鮮明氏が危篤のとき]
 石俊淏(世界連合副会長兼韓国協会長)は、レターでシックたちにこう流していた。
「真のお父様が基元節までは健康を完全に回復されて、歴史的で摂理的な基元節の行事をご覧になり、主管されるように切実な心で祈りましょう。 皆さんの祈祷と精誠が天に到達すれば、必ずや奇蹟が起きることを私は信じます。」

続きを読む

鶴子の幸はどこにある? 

鶴の絶対化路線(21)

 思ったほどには注目されなかったようだが、シャボン玉さんの「運勢を感じない『真の天の父母様の日』記念家族写真」 は衝撃であった。
 紹介されていた2枚の写真である。
 
o0650029713564400760.jpg

 古き良き(?)文ファミリー時代。いつごろの写真だろうか。

続きを読む

裸の王様になりたい教団の人たち(^∇^) 

改革か自壊か(19)

 松濤本部職員と知性派シックとの深刻な乖離

報源の秘匿からディテールが書けないのが残念だが、情報通によれば「火の粉ブログの影響が大きいことに改めて驚いた」という。
その理由は、本部職員(若手、中堅、幹部)が(1)火の粉ブログを実によく読んでいる。(2)しかし、記事を否定的にとらえている-ことが分かったからだそうだ。

 別の事情通によれば、笑えるのだが、最近の記事「法務局長岡村信男は記憶力が欠如している実にいい加減な東大卒シック」 に登場してもらった岡村信男氏は、T部長(?)に「記事に書かれてショックだった」とつぶやいたとか。

 記事のタイトルからすぐに横道に逸れるのは気が引けるが、ショックを受けたという岡村氏の感覚はどうかしている。最初に、私にちょっかいを出したのは岡村氏だったではないか!
「今や米本は完全にUCI派だ。この人は元々統一教会に反対で、拉致監禁に反対しているだけの人だ」

続きを読む

「頭がいい・悪い」について考える。 

一筆一論(19)

 私は、ブログでバカとかバカ丸出しといった表現をしばしば使う。「脳がウニ状態」とか「脳の回りが厚いビニールで覆われている」とかも。

「バカ」には「頭が悪い」という意味もあるが、読者は「頭いい」とか「頭が悪い」とは何なのか、考えられたことがあるだろうか。
 おそらく、学歴とか偏差値とかに関連づけて、つまり「勉強ができる・できない」といったことと関係がある。そう思っている人が大半だろう。
 しかし、それはどうだか・・・。
 1980年代の一時期、「偏差値」のことを調べ、熱中して記事を書いていたときがある。そのときに「頭がいい」と「偏差値(学歴)」とは関係があるのか。かなり真剣に考えた。結論は「あまり関係がない」ということだった。

続きを読む

家庭連合のサ教対策は“共産主義”と同じになってきた! 

鶴の絶対化路線(21)

 テーマは、日本家庭連合(統一教会)のサンクチュアリ教会(サ教)対策のことである。
 
 私がやや目眩(めまい)を覚えたのは、次の2つである。
 まず、「家庭連合からサンクチュアリ教会へ(YAMAさんの手記) 」の一文。

「年が明けると、1人の食口と会った。私から会おうと言ったわけではなく、また私からサンクチュアリにも誘ってない。
 しかし、あるルートから教会長にばれて、教会長から激おこプンプン電話が来た。
食口と接触するな〜
自分の家庭をまとめろ〜
余計なことに関心を持つな〜
-という具合だ。
 その後、私の所属教会では、私から勧誘を受けたら報告し、接触しないようにという一斉メールが回ったようだ」

続きを読む

家庭連合は「お母様は神になられた」と宣言すべきである。 

鶴の絶対化路線(22)

 前回の記事「家庭連合のサ教対策は“共産主義”と同じになってきた! 」の最後にこう書いた。
「サンクチュアリ対策の王道は理論闘争である」

 家庭連合も理論闘争(?)に取り組んでいる。ハイ、拍手~ッ

2016年2月28日の礼拝時に上映された映像です

    

激しいブーイング

 気合を入れて制作したビデオだろうが、理論派シックからは批判が巻き起こっている。

続きを読む

衝撃!あの金錫柄がお母さまを騙していた !! 

高額エンドレス献金・2013年~(23)

「5億円が金ソクビョン(グループ)の懐に!? 」(2015年8月15日)
「金錫柄(キム・ソクビョン)社長の不正蓄財疑惑に対する公開質問書」(2015年8月29日)
「不正蓄財疑惑の金錫柄が近く告訴!される予定 」(2016年1月29日)

 これらの記事の続報である。


 上述の「近く告訴される予定」の記事末尾で、こう書いた。

 問答の本質は、韓鶴子様がデザインされた美しい函が「安い合板」(フェイク)で制作されたものかどうか。安く仕上げたことによる利潤を、金錫柄ら歴史編纂委員会グループが中抜きしたかどうか、にあります。
 公開質問者グループが金ソクビョンを告訴する準備に入ったそうです。告訴状が届けば、公開いたします。

続きを読む