本邦初公開-鮮文大・呉教授の“卓見”:絶対だから絶対だ! 

<文家娘の恋愛結婚とお母様(5)

(1)徳野会長のスピーチ (2) 金起勲(キム・ギフン)北米大陸会長のスピーチ
(3)ユ・ギョンソク韓国会長のスピーチ (4)イギリス人の現役古参教会員マーク・ブラムウェル氏の論評
(5)教団幹部X氏の論評
 
(6)呉教授による独生女神学講義
 今回アップするのはゴチックのところ。


o0660058913128967246.jpg
4d8fc7b9d9d878c6_S2.jpg 08d754fd.jpg
 上は結婚式前の親子の写真。下の左は李氏朝鮮時代の花嫁姿。下の右は文鮮明夫妻の結婚式。
 これを見れば、統一王朝(天一国)は李氏朝鮮王朝の影響を色濃く受けていると、誰しも思わざるを得ないだろう。
 韓鶴子氏ならびに重臣たちの政治感覚も、李氏朝鮮国が日本によって植民地化されたことがベースになっているようで、コンテンポラリーさに欠けるのは当然のことだろう。

続きを読む

本邦初公開-文家2人娘の恋愛結婚に関する「教団の公式見解」 

文家娘の恋愛結婚とお母様(6)

末尾に盛りだくさん情報あり!

 韓国会長のユ・ギョンソク氏のスピーチのごく一部を「文家娘の恋愛結婚とお母様(3) 」で掲載したが、全文の翻訳文が手に入ったので、それを紹介する。
">NISI20131217_0009139503_web.jpg 
 くどいと思われるかもしれないが、金起勲(キム・ギフン)北米大陸会長のスピーチは録画の字幕のコピーであり、 教団幹部X氏の論評はX氏が宋総会長、徳野会長、李基萬企画本部長、佐野家庭教育局長の誰かと思われるが、はっきりしない。また、呉教授の講義は教団の見解を述べているかどうかの担保がない。
 したがって、教団の正式見解はユ・ギョンソク氏の全文によって知るしかないと判断した。
【英語版】http://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/97655328438/the-theology-behind-yeon-jin-and-jeung-jins
【韓国語版】http://damalhae3.blogspot.jp/2014/09/blog-post_17.html

続きを読む

鶴の心模様(1)-鮮没して、ようやく娘が恋愛結婚を成就 

文家娘の恋愛結婚とお母様(7)

れまで、(1)徳野会長のスピーチ (2) 金起勲(キム・ギフン)北米大陸会長のスピーチ (3)ユ・ギョンソク韓国会長のスピーチ (4)イギリス人の現役古参教会員マーク・ブラムウェル氏の論評 (5)教団幹部X氏の論評(6)呉教授による独生女神学講義-を紹介してきた。
 これらの言説から、今後のマッチング結婚はどうなっていくのかを推論するのが本稿のテーマである。(サブテーマは「鶴の心模様」)
文中、「鮮」「鶴」の呼称が登場するが、新名「天地鮮鶴苑」(旧名「真の父母生涯博物館」)をもじったもので、決して蔑称ではない。日本語の音の感覚してリズミカルな感じがする。

 結論を先に言えば、何も変わらないだろう-ということである。

3mansou.jpg

続きを読む

速報:統一神学校が閉鎖の危機に! 

始まった鶴の絶対化路線(1)

40年の歴史をもつ統一神学校が風前の灯

連載開始の「鶴の心模様」を一回、休止します。
起きている出来事は単純ですが、記事にリンクしたサイトを読めばより理解が深まります。


 HSA(アメリカ統一教会)は、「アメリカの大学院・UTS(統一神学校)」傘下のベリータウンカレッジの閉鎖と、現学長(パンザー博士)の退任を要求。これを受け入れなければ、統一神学校への支援金を2015年1月から全面廃止、受け入れても32%削減すると通告した。

 要求に応じれば、統一教会との共同タスクフォースを編成して、統一神学校及びベリータウンカレッジの将来像を模索するという。
 要求に応じても、統一神学校を存続させることはないようなので、統一神学校は事実上、閉鎖されることになる。 

続きを読む

鶴の心模様(2)-いつまで茶番(鮮鶴一体)を演じればいいの? 

文家2人娘の恋愛結婚とお母様(8)

「本邦初公開-鮮文大・呉教授の“卓見”:絶対だから絶対だ! 」で紹介したように、鮮文大学純潔学科の驚愕担当呉教授は、真のお母様は独生女であり、絶対的存在であると縷々述べていた。比喩的とか象徴的といった言い回しで絶対の言葉を使っていない。文字通りの意味で「絶対」と表現している。
 むろん、それは韓鶴子氏の意向に沿うものである。

 「7・1韓講話」を読めばわかる通り、韓鶴子氏は自分は絶対的存在であり、夫の文鮮明は相対的絶対であると、文氏の地位を低めている。この講話は、今の統一教会の動きの原点になっているもの。是非、再読を。

法令順守違反

続きを読む

小さな火の粉-教団本部からの抗議文 

統一教会考(75)

団本部から広報名で、抗議文が12月26日にメールで送られてきた。最初は戸惑った。が、少しばかり考えると、これが突っ込みどころ満載の爆笑モノなのだ。

米本和広殿
広報からご連絡します。
貴殿のブログ「火の粉を払え!」に掲載された文章に「誤報」がありますので、以下、お知らせいたします。

「【追記仄聞情報】神山氏が公開討論の申し込みを日本の教団に送った。期限までに回答はなかった。近く、公開質問状を発表するそうだ。『今日の訓読のみ言友の会』に掲載されると思う。各自、チェックしてくだされ。」
とありますが、これは誤りです。

神山氏が15日に送ってきた「神山氏指定のメールアドレス」に宛てて「返答文」を12月19日16:53に送っております。
「期限までに回答はなかった」は誤りです。速やかに訂正するよう求めます。

続きを読む

少しばかり事情判明!まあ、結局バカなのだぁ。 

統一教会考(76)

 前回の記事を読まれたことを前提にして書くのですが、記事を読んだ神山氏のシンパとおぼしき人からこんなメールが届きました。
 なかなか事実関係に敏な人のようです。

(メール文の引用はじめ)
 米本さんのブログで、教会が神山会長に返答したと言っていることを知り、確認しました。会長は知りませんでしたが、会長のアドレスのジャンクメール(迷惑メール)にありました。添付内容は、
「(神山氏は)世界本部に許可を得ない不当な集会をした」ので、「講演内容の誤り」を神山講演に対する「反論」として公開した。それに対する「神山氏からの応答はまだ来ていない」が、「反論があるならば文書にて反論してください」
 とあります。
 公開討論はするつもりがないようですので、今後どんどん「公開質問状」という形で「反論」されていかれるようです。
(引用終わり)

続きを読む

鶴の心模様(3)-ひたすら辛く、悲しかった私の半生。  

文家娘の恋愛結婚とお母様(9)

「鶴の心模様(1)-鮮没して、ようやく娘が恋愛結婚を成就」
「鶴の心模様(2)-いつまで茶番(鮮鶴一体)を演じればいいの?」

今回の記事はアボジ派のひとたちにとっては読みたくないものでしょうが、どうか目を背けずに。韓鶴子さんの精神形成を知る上で、不可欠な記事だと確信しています。「真のお母様」と慕う人たちにとっても!間違いがあれば遠慮なく指摘してください。


  「もうそのようなこと(他の女性に子供を作る)はしないで。私があなたに必要な子供をもうけますから」

 7259854.jpg

回の記事を読まれた方は、誤解するかもしれない。
<筆者は、鮮鶴の乖離を嫌悪しているのか>
 そんなことはない。鮮鶴が一体であれ、鮮抹殺・鶴絶対であれ、私にとってはどうでもいいことである。事実を問題にしているだけだ。

続きを読む