<再録>統一王朝と李氏朝鮮王朝 

統一教会考(48)

 この記事は4月16日にアップしたものである。なかなか学究的なテーマであり、コメント欄での議論も生産的であった。
 しかし、アップ2日後に「消えた200億円」の情報が入り、その直後にカープ女子学生が訴えた裁判での勝訴判決の報が届き、さらに被告佐賀大学の代理人のねじ曲がった判決評価のコメントを批判しなければならない破目になった。
 まあそんなこんなで、議論多き「統一王朝と李氏朝鮮王朝」記事が吹っ飛んでしまった。
 統一教会と儒教との関係は、現在の統一教会を知る上で、重要なテーマだと確信している。
 したがって、ここに再録し、さらなる意見を求める次第である。
 なお、私の注釈・感想を一つだけ追加した。(末尾の8)

 4、5日後には暗在翔子さんが抄訳してくれた『統一教会の儀式セックスによる血統転換』を紹介する。
 問題意識は「統一教会-儒教-シャーマニズム」の関係についてである。請う!ご期待。(6月7日記)

続きを読む

『統一教会の儀式セックスによる血統転換』抄訳 

統一教会考(50)

t02200333_0336050811485466191.jpg

 暗在翔子さんがKirsti L. Nevalainen著の『Change of Blood Lineage Through Ritual Sex in the Unification Church』 (邦題は『統一教会の儀式セックスによる血統転換』:暗在訳)の一部を抄訳してくれた。今回はそれをアップする。暗在さんが翻訳したのは、「シャーマニズム、儒教、統一教会との関係」について問題意識があったからである。そのことを念頭に置いて、読んでください。

以下、囲み記事は暗在さんによる注、解説、感想などの文(実に興味深い!)。
<注>は私。

論議を呼んだ前回の記事「<再録>統一王朝と李氏朝鮮王朝 」を参考にしながら読めば、理解が深まるはずです。

続きを読む

金持ちイタコ(金孝南)を糾弾する怪文書が各教会に 

統一教会考(51)

2f2bd4065d44b700e1abd6df60fb73f1.jpg


アナウンス文末に「清平の金をめぐる動き(取材メモの整理)」を追記しました。

 ここ数日、金孝南女史を糾弾する怪文書が日本・統一教会の各教会に送られ、教団本部は躍起になって回収している。
 その文章を全面公開する。
 これまでにわかったことは、送られてきた教会は、HPなどで公開されている住所宛に届いているようで、開拓教会などで住所が公開されていない教会には届いていないという。
【関連資料】<「最寄の教会」>。  

* 注意事項。文章は全文ママとした。改行もそのまま。読みにくいだろうが、ママとしたのは怪文書の主を賢明なる読者に判断してもらいたいからである。私の推理は文末に。なお、<注>は管理人である。

続きを読む

ほんとうにお馬鹿で小狡い弁護士たち(涙 

後藤控訴審(1)

 6月5日。12年間監禁されていた後藤徹さんの控訴審が始まった。わずか20分だったが、とても面白かった。
 
 このときの模様はすでに「拉致監禁by宮村の裁判記録」にアップされている。まるで裁判中継をしているかのようなリアリティある傍聴記だった。 写真とイラストもなかなかいい。
「いよいよ控訴審の第一回法廷が開かれた!」
「控訴審裁判傍聴記(その2)-激しい書面の攻防(注:6月9日に修正加筆しました)」
「傍聴記(その3)- 証拠&証人について」

 暗在さんの十八番(おはこ)の表現をお借りすれば、ワロタワロタである。

続きを読む

宋龍天日本総会長が減額を懇願し、今年の献金目標は10%減に!(上) 

高額エンドレス献金・2013年~(1)

今回の原稿は3月初めにしたためたものだが、ネタとしては全く古くはなっていない。統一教会の高額エンドレス献金のシステムは“永遠不滅“だからである そうはいっても、3月以降の動きについても触れておかなければならない。しかし、それを加筆すると、さらに長文になってしまう。したがって、(上)(下)が終わってから書くことにしたい。


th.jpg
吹き出しの言葉を今の統一教会に合わせて言えば、「銭は地上天国への切符ズラ」といったところか。でも、もう地上天国は言われなくなったからなあ~~。この数十年間の教会員の“一筋の希望”(「地上天国の実現の日は近し」)は、一体何だったのか。

続きを読む

仰天速報!韓国の食口たちが金持ちイタコらに公開質疑書を送付す 

統一教会考(53)

ニューストピックス

汝矣島訴訟の最高裁判決が7月10日に下されます。またひと波乱ありそうです。


★末尾に、重大情報を追加しました(7月2日午後)★

 とある教会員のところに、日本の公職者から情報が入った。なんと、韓国・統一教会の信徒対策委員会が金孝南女史夫妻と教会の各機関の責任者に、内容証明書付き郵便で、金孝南女史らを糾弾する通知書(公開質疑書)を送付した-という仰天情報である。
 送達日は6月20日である。
2012_03_13_D0065.jpg

続きを読む