勝ち犬の遠吠え④-泣き寝入り牧師 

「清水牧師の正体(4)」

「ニュース」と「一筆一論」を間に入れましたが、再び「勝ち犬の遠吠え」です。「勝ち犬の遠吠え①」では、統一教会のデモを私が要請したといった清水氏の妄想ぶり、「勝ち犬の遠吠え②」では、清水氏の私への名誉毀損に対する通知文、「勝ち犬の遠吠え③」では、清水氏の投稿記事のデタラメさについて書きました。

「勝ち犬の遠吠え?」に入る前に、清水氏の姿勢について一言述べておく。

「婚約者からの訴え」を読んだ清水氏は、自分のブログ「カルトからの自由」でなんと書いたか。
彼は「婚約者からの訴えを読みました。コアバリュー氏のすすめをうけて」と題して、次のように書いている。(引用文のカッコは筆者

<ただ言えることは、原理が嘘であろうとなかろうと(菅野江里子さんが)彼(K君)を愛しているなら、彼が、もし牧師や宮村氏の話にも耳を傾けてほしいと真剣に願うとしたら、是非とも自らの意思で(監禁場所ないしは家族の話し合いの場所に)出向いてみてはいかがでしょう>

続きを読む

勝ち犬の遠吠え⑥名誉毀損編 

「清水牧師の正体(6)」


 泣き寝入りの牧師さんから返事が届く!

 シカトされると思っていましたが、行田教会の清水与志雄牧師から、名誉毀損に関する私の通知文に普通郵便で返事がきましたので、急遽、このことについてご報告しておきます。なるべく早く「故Kさんのこと」の続きを読んでもらいたいので、故Kさんの2回目は15日の深夜か16日の早朝にアップいたします。(実は私ごとですが、16日から3泊4日の日程で、北海道旅行に出かけます。パソコンとはオサラバなので、非常識な投稿を控えていただければ、うれしいです)

 最初に私が清水氏に出した通知文を再録しておきます。
「勝ち犬の遠吠え??通知文」を参照)

続きを読む

大阪で、また拉致監禁事件が発生 

拉致監禁リアル情報(12)

また大阪で拉致監禁事件 発生!

 「関西拉致監禁被害者の会」によれば、大阪北教区に所属するMYさん(33、女性)が9月13日(月曜日)に、拉致監禁された。イニシャルの綴りはこのブログでは日本風に姓・名の順で統一している。

 YMさんは同日の午後1時、「国際合同結婚式に参加する」ことを報告するために、大阪府茨木市で両親と一緒に食事をとることになっていた。

 午後5時に、父親と名乗る男性からMYさんの携帯電話を通して、教会責任者に連絡があった。
「今日は家族で話合うので、明日返します」

続きを読む

またまた拉致監禁事件発生! 

拉致監禁リアル情報(13)

またまた監禁事件が発生!

 また新たな監禁事件が発生していることがわかりました。
 監禁されたのは、東京世田谷にある孝成教会に所属するMKさん(32)です。MKさんは名城大学の原理研究会のOB。孝成教会の青年寮に住んでいました。

 1昨年の1月に、親に統一教会に入信していることを初めて告げました。その後、両親は教会のイベントや礼拝に参加し、とても教会に好意的だったそうです。
このようなことができるのは両親の背後にコーチがいるということだろう。
 

続きを読む

悪質手相勧誘撲滅委員会管理人&「宮村峻の研究」について 

お知らせ(26)

 ようやく涼しくなり、ほっとしています。それにしても、30度以上が連続71日間。日本はもはや亜熱帯国です。気象研究家が予測した「今後、日本から春と秋がなくなる」という説がリアリティを帯びてきました。予測よりも早く、夏と冬だけの国になりそうです・・。

新ブログ「宮村峻の研究」

 現役信者の原田和彦さんがブログ「宮村峻の研究」を開設しました。彼は、婚約者が一匹狼の脱会屋・宮村峻(たかし)氏による強制説得で脱会し、目の前からいなくなってしまったという体験を持っています。注目サイトとしてリンクしました。

 このブログの意義を説明しておきます。

 日本で最初に保護(拉致監禁)説得を始めたのは、福音系の荻窪栄光教会の故森山諭牧師です。

続きを読む

外国人記者クラブで、後藤氏が記者会見(上) 

資料(6)
『財界にっぽん』10月号?特別レポート・宗教ジャーナリスト室生忠(上)

財界にっぽん10月号

外国人記者クラブの記者会見で拉致監禁の恐怖の実態を語った後藤徹さん
監禁下では40度の高熱を出しても医者にかかれず
問題放置は政府の国連外交・人権外交の障害に

ブログスタイルに合わせて、読みやすいように、改行、行空けを適宜、行った。

 京のメトロ日比谷線・日比谷駅の階段をのぼると目の前に有楽町電気ビルがそびえている。その北館最上階、20階のエレベーターホールから奥に進むと、社団法人・日本外国特派員協会の時代を感じさせるアンチーク調の受付がある。

続きを読む