親子の仲を切り裂くのは誰か(1) 

“救出カウンセラー”の素顔(9)

 これから数回にわたって、韓国から送信していただいたKHさん(44)の手記を掲載します。不明なところは電話で確認し、また手記に書かれていないことも、お伺いしました。それらは(注)に反映させることにします。ごく一部ですが、読みやすいように手を加えました。

KHさん(ソウル在住)の監禁体験記(1)

1・実家に連れ戻される
2・最初の監禁
3・2度目の監禁
4・中村牧師の誹謗中傷と平田弁護士の違法行為
5・脱出
6・夢に出てくる故郷


今回は青印の部分をアップします。

続きを読む

親子の仲を切り裂くのは誰か(2) 

“救出カウンセラー”の素顔(10)

KHさん(ソウル在住)の監禁体験記(2)

1・実家に連れ戻される
2・最初の監禁
3・2度目の監禁
4・中村牧師の誹謗中傷と平田弁護士の違法行為
5・脱出
6・夢に出てくる故郷


今回は青印の部分をアップします。

2・最初の監禁

 数日後、義兄の家に行って勉強会をすることになった。
 義兄のマンションに着くと、そこは完全な監禁場所だった。

続きを読む

親子の仲を切り裂くのは誰か(3) 

“救出カウンセラー”の素顔(11)

KHさん(ソウル在住)の監禁体験記(3)

1・実家に連れ戻される
2・最初の監禁
3・2度目の監禁
4・中村牧師の誹謗中傷と平田弁護士の違法行為

5・脱出
6・夢に出てくる故郷


今回は青印の部分をアップします。

3・2度目の監禁

 92年の8月に予定されていた合同結婚式に参加したいと思った。(注1)

 どんなに親子関係が難しくなったとはいえ、生涯に一度の結婚なので、両親の承諾を得た上で参加したいと思い、4月に九州で父兄対象の一泊二日のセミナーがあったとき、両親に電話をした。両親は参加してくれた。

続きを読む

親子の仲を切り裂くのは誰か(4) 

“救出カウンセラー”の素顔(12)

KHさん(ソウル在住)の監禁体験記(最終回)

1・実家に連れ戻される
2・最初の監禁
3・2度目の監禁
4・中村牧師の誹謗中傷と平田弁護士の違法行為
5・脱出
6・夢に出てくる故郷


今回は青印の部分をアップします。

5・脱出


 唐津の辺鄙な片田舎の、周りは田んぼしかない、長屋のようなアパートで、脱会の仕上げのトレーニングを受けた。まだ一人での行動は許可されず、錠もかかっていた。そこから中村牧師の教会に2,3度、勉強会ということで母と妹と一緒に訪ねた。

続きを読む

GW?赤ずきんちゃんは無事だった! 

お知らせ(23)

5月のゴールデンウィークから2週間が過ぎましたが、幸いなことに、赤ずきんちゃんは1人も狼に襲われませんでした。
 もっとも、地域の教会によってはいまだ拉致監禁問題に無関心なところもあるようで、襲われたのに気がつかないおバカな責任者もいるかもしれませんが、ともかく、今のところゼロ件です。

 ただし、拉致監禁未遂事件はありました。これは次回のブログで報告します。

 ちなみに、これまで監禁されていた2人の女性信者は脱会し、解放されました。よって、現在、監禁されている人はゼロ人となりました。ひと安心です。
 おそらく、「現在、監禁中はゼロ人」状態は、1980年以降、初めてのことだと思います。


ところで、2月19日付ブログ(カテゴリーは「保護説得と親子関係」)で、朝日新聞の記事「信仰切れず、鎖が切れた」をアップしましたが、誰が、家族に子ども(娘信者)を鎖でつなぐように指示したのか書いていませんでした。ところが、迂闊なことに、川崎経子牧師の『統一教会の素顔』で、犯人の名前がイニシャルで明かされていることを、見落としていました。

続きを読む

資料5?拉致監禁問題が国会で 

 国会の参議院決算委員会で、拉致監禁問題が取り上げられました。

「参議院インターネット審議中継」をクリックすると、左側に「会議名」がアップされます。
 そこの「決算委員会」をクリックすると、「開催日」が表示されます。

 5月14日をクリックすると、審議中継が画面に表れます。大変長いのですが、お昼の休憩の約30分前から、拉致監禁問題の質疑応答が始まります。

 質問者は自民党の秋元司議員。答弁に立ったのは、中井洽国家公安委員長千葉景子法務大臣です。

 秋元議員は、統一教会の名前、また具体的な拉致監禁の事例を伏し、一般論として、「ある宗教に入信した子どもをそこからやめさせるために、家族が子どもを拉致監禁して説得しようとした場合、政府はいかなる対処をするのか」と質問しました。

続きを読む

拉致監禁未遂事件、発生 

拉致監禁リアル情報(9)
“救出カウンセラー”の素顔(13)

この記事は2つのカテゴリーに保存したいために、見出しは異なりますが、同じ記事を2つ流しています。コメントをいただけるのでしたら、“救出カウンセラー”の素顔(13)のほうにお願いいたします。


拉致監禁未遂事件が発生

  「お知らせ(23)」で書きましたが、5月の連休中、拉致監禁事件は一件もありませんでしたが、未遂事件が発生していました。今回はその事件の詳細と、脱会成功の謝礼金に関することを書いておきます。

 戸に住むTSさん(57)は、20年前に統一教会に入信した既婚女性である。
 夫は妻が統一教会員であることを知っており、反対しながらもこれまで黙認する態度だった。
 
 拉致監禁が計画されたのは、娘がキリスト教、クライスト東神戸リバイバルチャペルに入信したことがきっかけとなった。
 娘は、母親のことを同チャペルの大竹哲也牧師に相談した。

続きを読む

神戸真教会・高澤牧師と謝礼金の怪 

“救出カウンセラー”の素顔(13)
ニュース(29)

この記事は2つのカテゴリーに保存したいために、見出しは異なりますが、同じ記事を2つ流しています。コメントをいただけるのでしたら、“救出カウンセラー”の素顔(13)のほうにお願いいたします。


拉致監禁未遂事件が発生

  「お知らせ(23)」で書きましたが、5月の連休中、拉致監禁事件は一件もありませんでしたが、未遂事件が発生していました。今回はその事件の詳細と、脱会成功の謝礼金に関することを書いておきます。

 神戸に住むTSさん(57)は、20年前に統一教会に入信した既婚女性である。
 夫は妻が統一教会員であることを知っており、反対しながらもこれまで黙認する態度だった。
 
 拉致監禁が計画されたのは、娘がキリスト教、クライスト東神戸リバイバルチャペルに入信したことがきっかけとなった。
 娘は、母親のことを同チャペルの大竹哲也牧師に相談した。

続きを読む