統一教会信者の拉致監禁に対する警察の態度? 

統一教会考(2)
統一教会と警察(中)

「後藤12年監禁事件」は、「ニュース(1)」で書いたように、今年の2月に宮村氏ら6人が書類送検され、現在、東京地検が処分を検討している最中である。

 すでに東京地検は約10回にわたり、後藤徹氏からの聴取を終えている。おそらく、宮村峻氏新津福音キリスト教会牧師の松永堡智氏、後藤氏の母親、兄、兄嫁、妹の聴取も、終えたであろう。

 「松永先生や宮村先生に説得に来てもらったのは事実だが、先生がお見えになるときは、鍵を開けて待っていたので、徹が拘束されていたことは知らなかったはず。いわんや徹の拘束そのものにはまったく関わっていらっしゃいません」

 家族は自分たちが監禁に関わったことを認めても、2人の関与については上述のように徹底的に否認し、宮村氏も松永氏もその線に沿って供述したのではないかと思われる。

 そして、家族は徹を監禁したのは、“邪悪な”統一教会から脱会させるためには「家族の愛情」としてやむにやまれぬ行為だったと、何度も「家族の愛情」を繰り返し、情状酌量を訴えた・・・。

続きを読む

リンクの追加&アクセス件数 

お知らせ(13)

 リンクに「天地の諸事情」を加えました。
 「天地の諸事情」の管理人さんは現役の統一教会員ですが、統一教会用語、統一教会的言い回しを極力を排し、一般の人にもわかるように、平易に、様々な出来事を論評しています。

続きを読む

統一教会信者の拉致監禁に対する警察の態度? 

統一教会考(3)
統一教会と警察(下)

刑法第220条 不法に人を逮捕し、又は監禁した者は、三月以上七年以下の懲役に処する。

判断基準
逮捕とは、直接に人の身体の自由を拘束することをいうから、ロープ等で人の胸部、足部等を木柱に縛りつけることは監禁ではなく逮捕に当たる。

逮捕には多少の時間継続して自由を束縛することを要し、わら縄で両足を五分間制縛して引きずり回すことはこれに当たる。

監禁罪は、方法の有形的であると無形的であるとを問わず一定の場所からの脱出を不可能にし、継続して人の行動の自由を拘束することによって成立し、その拘束は多少の時間継続することを必要とするが、時間の長短は問わない。暴行・脅迫により八畳間に約三〇分間拘束することは、監禁に当たる。(『有斐閣 判例六法』)

続きを読む

ヤマギシ会?『虐待の真実』のご案内  

 『虐待の真実』のご案内です。


2003_0323画像0001   2003_0325画像0002

上の写真は本の表表紙と裏表紙です。写真をクリックすると拡大します。 

続きを読む

統一教会・徳野英治会長?引責辞任の記者会見?  

ニュース(7)

統一教会が緊急記者会見

 統一教会(世界基督教統一神霊協会)は、13日の午後4時から緊急記者会見を行なうとして、11日、新聞・テレビの報道各社に出席の案内文を送った。

続きを読む

統一教会・徳野英治会長?引責辞任の記者会見? 

ニュース(8)

統一教会の緊急記者会見について(1)

「ニュース(7)」でアナウンスした通り、統一教会は13日、徳野英治会長の引責辞任の記者会見を行なった。会見に臨んだのは徳野氏と総務局長の岡村信男氏。司会は広報局長の鴨野守氏。

ここでは、➀記者会見を報じた新聞記事、?徳野氏の冒頭発言、?記者との質疑応答、?私的解説の順で、報告する。

続きを読む

統一教会・徳野英治会長?引責辞任の記者会見? 

ニュース(9)

統一教会の緊急記者会見について(2)

2003_0403画像0005
(記者の質問に答える徳野会長)

続きを読む

統一教会・徳野英治?引責辞任の記者会見? 

ニュース(10)

統一教会の緊急記者会見について(3)

●記者との質疑応答(上)

   ?はじめにお断りを?
記者の質問には聞き取れないところがあり、一部を省略しました。
徳野会長と岡本総務局長の回答は、ごく一部、話し言葉を書き言葉に変えたところがありますが、正確に再現してあります。
なぜ、発言のすべてを要約ではなく、逐一、再現するという面倒な作業をしたのか。それは、徳野氏の冒頭発言(「声明文」)はともかく、記者との質疑応答は教団中枢部の判断によって公開されないだろうと思うからです。また、現役の信者すべてが、自分たちが知ることができない、ごく一部のマスメディアの人たちのみが知る徳野会長の発言に今後、縛られることになるからです。

続きを読む

統一教会・徳野英治?引責辞任の記者会見? 

ニュース(11)

統一教会の緊急記者会見について(4)

●記者との質疑応答(下)


■?今日、配られた資料(会場入り口で配られた、「拉致監禁をなくす会」が制作したビラ)の中にある件について、もう少し詳しくわかればと思いまして、それから今後こういうことについて、会長はどうご指導をされるのでしょうか。(統一教会系新聞の記者)

続きを読む

統一教会・徳野英治会長-記者会見の問題点① 

統一教会考(4)-謝罪の性格・質について

統一教会の緊急記者会見についてのコメント(1)

「ニュース(8)」 「ニュース(9)」「ニュース(10)」「ニュース(11)」で、徳野会長が引責辞任を発表したときの記者会見の全容と、それを報じた新聞記事を紹介した。

ここでは私の感想を述べておく。

「統一教会考」のカテゴリーで書くことにしたのは、記者会見は「統一教会を考える」うえで重要な材料だと思うからです。
 

続きを読む

統一教会・徳野英治会長-記者会見の問題点② 

統一教会考(5)-正体隠しの伝道について

統一教会の緊急記者会見についてのコメント(2)

記者会見の中で、私がいい意味で一番驚いたのは、勧誘・伝道する際に、正体を明かして、つまり統一教会の名前を明かして伝道するように指導している、と徳野会長が明言したことである。

続きを読む

統一教会・徳野英治会長-記者会見の問題点③ 

統一教会考(6)-献金について

統一教会の緊急記者会見についてのコメント(3)

記者会見の中で、一番腹が立ったのは、記者のこの質問に対する回答だった。

■?全国でおなじような事件が起きているのを見ると、統一教会に献金するために経済活動が行われているということではないのですか。事件の背景には献金があると。

徳野氏、というより教団中枢部はどう回答したのか。

続きを読む