記事復刻-家庭連合に精神障害者が多い訳とは? 

記事復刻シリ-ズ(1)

 一時期、家庭連合本部の申し立てによって記事が凍結となりましたが、原本を修正して復刻することにしました。この記事の初出は2016年8月21日です。 なお、当時いただいた投稿欄は次回、掲載いたします。
 これ以降、なるべくアップテンポで更新していきます。
<方針変更!>記事と投稿を分けて掲載するつもりでしたが、かえって読みにくくなると思われ、復刻記事のコメント欄に投稿を復活させます。日時の記載まで復旧させるとなるとけっこう大変なので、それはご容赦ください。怒り!鴨野よ、時間を使わせやがって!(10月27日夕方)



「精神障がいを持つ人の家族の集い」が行なわれるという記事を書いた。2カ月前の6月下旬のこと。
「精神障害の子どもをもつシック家庭が集うというが・・・」 がそれである。健忘したという方は、ぜひ再読を。

 集いは予定通り、7月9日に開かれた。今回の記事はその公的な報告である。一般に知られることはないとしても、秘密文章でもなんでもない。といっても、非教会員に読まれることなど露ほどにも考えていない報告文である。
 報告文を一部引用したあと、若干の注釈と感想を述べる。


家庭教育ニュース NO17(7月26日)
<本部家庭教育局主催・第1回「精神障がいを持つ人の家族の集い」>
講座と交流会で学習と共有の機会を持つ

 7月9日(土)、渋谷の松濤本部礼拝堂において、第1回「精神障がいを持つ人の家族の集い」が開催されました。

続きを読む

記事復刻-教会に愛が芽生えるかどうか・・・ 

記事復刻シリ-ズ(2)

 今回は2016年8月16日にアップした記事である。
 記事復刻シリ-ズは、記事更新の流れ(時系列)とは違い、家庭連合が記事削除を要請した順番にやっている。そのため、混乱される方がいるかもしれないが、そこんとこはヨロシク!

 ところで、私が家庭連合(統一教会)の著作性に欠ける公文等をまるごと引用したことに疑問を抱かれた方もいると思う。それについて釈明しておく。
 私が学生時代から今日まで論争は数限りなく行われてきた。だが、不毛なものも多かった。それは前後の文章を省略して、批判の材料となる記述だけを引用して、相手に総攻撃をかける。研究者の間でもあった。今はさすがに少なくなったと思うが、ないことはない。(拉致監禁黙認派の北大教授櫻井義秀氏の私への批判がまさにそうだった。右サイトに彼の著書を紹介している)
 こういう訳で、私が公文等の一部を引用して批判すれば、熱心な信者さんは「火の粉ブログは恣意的な引用をしているのではないか」と疑うだろう。それで公文等を引用する場合は全文で、ということにした。そうすると、家庭連合の本部は「全文引用は著作権侵害だ」とニヤリとする。やってられねえよ。

 ニヤるのはいいのだけど、松濤本部はほんとにバカ丸出し!バカそのもの!
 前回の「記事復刻-家庭連合に精神障害者が多い訳とは? 」は、注目ランキングベスト10にランク入り。初出のときは確かベスト1位だった。ほんとにバカだよ。ちなみに、鴨野広報局長は金沢大卒、近藤法務局長は早大卒。
 高偏差値の彼らは、グリコの名キャッチ「1粒で2度おいしい」 を失念したのかな。(^∇^)
3faddd166f.jpg

続きを読む

記事復刻-教団本部はテレビ通販がお好き(^ω^ ≡ ^ω^) 

記事復刻シリ-ズ(3)

 今回は2016年8月9日にアップした記事の復旧である。 記事削除要求は新しいのから過去に遡ってやっているようだ。削除された8・9記事に寄せられたコメント数は12本。


高額エンドレス献金2016年下期~(1)

 テレビをたらたら見ていると、通販の宣伝がやたら多いことに気づく。
「5000円の商品ですが、今から30分以内に申し込みされた人に限り、値引きして2500円にします。今からオペレーターを増員してお待ちしています」
21417282.jpg

 最近の家庭連合(統一教会)は、値引きと、期限を区切ってのディスカウント献金作戦をやっている。
 期限を区切ってではないが、前回の記事でも紹介した祝福献金(6月22日公文)は次のようにディスカウントされた。

続きを読む

記事復刻-強権化、幼稚化してきたお笑い松濤本部-前のめり公文 

記事復刻シリ-ズ(4)

 今回は2016年7月15日にアップした記事の復旧である。 広報局長の鴨野氏にとって、絶対に削除したかった記事だと思う。
 記事の反響は大きく、コメント数は43本。(これを復元するには少し時間がかかる。トホホ



お笑い家庭連合考(2)

 鞍馬天狗さんのブログ「火に油を注げ」が話題になっている。
 周知の通り、突如、「謝罪文」が載ると同時にこれまでの記事が非公開となったからだ。
http://www.blogmura.com/profile/01315621.html

「謝罪文」のコメント欄に私は次のように書いた。(コメント番号21)

続きを読む

記事復刻-精神障害の子どもをもつシック家庭が集うというが・・・ 

記事復刻シリ-ズ(5)

 今回は2016年6月25日にアップした記事の復旧である。
 正直、なぜ削除要求したのか分からない。集いに、私は好感を抱いていたのだから。

 統一2世に精神疾患者が多い。そのことを知られるのがまずかったのか。いや、そもそも、祝福家庭に精神疾患者が出ること自体、“原理的”に認められないということなのか。神々の黄昏さんの表現を借りれば、「宗教馬鹿の壁」か。
 この「宗教馬鹿」は、家庭連合だけでなく、文3派&支持派、文7派&支持派などなどにもあてはまる。なぜなら、統一2世の精神疾患について全く言及していないのだから。知ってるくせに
 考えられる理由は2つ。
 その1・関心がない。「脳に幕がかかっている」
 その2・統一2世の精神疾患の原因を追求すればするほど、自己のアイデンティティが崩壊する。そのことを本能的に察知して話題を避ける。統一・反統一関係なく、「春の海のひとりごと」さんの姿勢に学ぶべきなのだが、まあ無理だろうなぁ。正直言えば、私が好ましいと思っている神山さんより彼女は数倍、思考している。感受性も豊かだ。
 能書きが長くなった。この記事も反響大きく、コメントは48本だった。目を通していただければうれしいです。
 教団は、ひょっとしたら、コメントを読まれたくないために、削除要求を出したのかもしれない。

続きを読む