♪だから、君を忘れるよ・・・そういいながら、自分の影をなぐる・・・♪ 

身辺雑記(16)

読者は神様です

  前々回記事のララさんのコメント
祝、アクセス400万!ほんとうにお疲れ様です。次から次へと現れる難題に真摯に立ち向かわれる米本さんの姿勢に大声援を送ります。>
 ありがとうございます。この継続性を某宗教団体が学んでくれるとうれしいのですが。でも、ホント、ド疲れ(泣)。なぜ泣き?書きたくな~い!500万達成までには更新ストップしたいです。


 恒例のあんなこと、こんなことです。
【過去記事】
「購読料的カンパに深謝いたします」 (2015年4月17日~9月15日の記事一覧)
「蛍の光 窓の雪 (ブログ総集編) 」(2015年9月21日~12月23日の記事一覧)
「君は、旅人か短距離ランナーか」 ( 2016年1月4日~5月18日の記事一覧)
「ダッチロ-ルに!」 (2016年5月28日~10月15日の記事一覧)

 今回のバック曲はやっぱし、これです。

続きを読む

やになったぁ! 

身辺雑記(15)

 もう、ほとほと、やになっちゃった。

 純潔第一の統一教会(家庭連合)の教祖・文鮮明は女狂い。妻の韓鶴子はリベンジ(復讐)なのか、教祖の一番弟子と!懇ろに???
 ああ、やになっちゃった♪驚いた

ずいぶん歳を取ったなぁ。牧さん、このあと亡くなった。享年78。

<注>30数年前の米国映画『結婚しない女』みたいな感じ。もう細部は覚えていないが、フェミニズム思想が背景にあった。

続きを読む

君は、旅人か短距離ランナーか。 

身辺雑記(13)

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。
(現代語訳:月日というのは、永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、来ては去り、去っては来る年もまた同じように旅人である)
 このような境地に立つこともできず、今年もあっという間に半年が 旅人ではなくまるで短距離ランナーのような感覚・・・いや、ちょっと違うなぁ。自分はさして動いていないのに、周囲の風景が次から次へと変わっていく感覚。とりわけ家庭連合さんのこと。景色が変わっていくのはそれなりに刺激的だけど、おいらは成長していないということ。トホホである。

 恒例になりつつある身辺雑記です。過去の2本の記事は-
「購読料的カンパに深謝いたします」 (2015年4月17日~9月15日の記事一覧)
「蛍の光 窓の雪 (ブログ総集編) 」(2015年9月21日~12月23日の記事一覧)

 今年前半の記事を紹介する前に、購読料的カンパと近況の報告です。

続きを読む

蛍の光 窓の雪 (ブログ総集編) 

身辺雑記(12)

 蛍の光 窓の雪 書(ふみ)よむつき日 かさねつつ いつしか年も すぎのとを あけてぞけさは わかれゆく
 今年もいろんなことがありましたね。というか、文鮮明氏の死去後から「次から次へ」とで、火の粉ブログも大変でした。

 「購読料的カンパに深謝いたします」(9月19日)で、4月17日付から9月15日までの記事を紹介しました。今回は9月21日付から12月23日までの記事一覧を下記に書きました。

 この歌でも聴きながら、ざっと目を通してください。未読の記事があれば精読を!

  

続きを読む

購読料的カンパに深謝いたします。 

身辺雑記(11)

月11日付で<厚かましくも「カンパのお知らせ」です> を書いてから、5カ月が経ちました。
 たくさんの方からカンパをいただき、ありがとうございました。
 カンパをお寄せいただいた方は、延べ146人(9月10日現在)にのぼりました。
 延べというのは、何人かの方が定期的に送金されているからです。万謝であります。

 少なからぬ読者の方が「火の粉を払え」の記事に対して、「面白かった」「知らない情報があった」と思っていただいていることに、筆者としては「万感の思い」(徳野さん的か)がいたします。こうした喜びは、ルポライター時代には味わうことができないものでした。これはマジです。心から深謝いたします。(*´~`*) 

続きを読む