「真の家庭のいろんな問題には触れない方がいいわよ」 

韓鶴子とSEX(11)

 今回の記事は3月12日に脱稿したもの。前回の記事へのコメントはいずれも勉強になったが、その成果を生かせていない。悪しからず、である。

 前回の記事<純潔問題を「低次元」とのたまう食口(泣)とその背後にいる「沈黙霊」> の末尾で、こう記した。
「しかしながら、アイデンティティクライシスに陥ると直感し、自己防衛のため(注:鶴郭不倫に)反応しない、こういうシックたちは厚い岩盤のように存在する。(注:念頭にあるのは家庭連合への批判派シック・元シック) どういうことか。これに関することは、すでにこのブログの聡明な読者がズバズバ指摘している。次回はそのことについて」

 実にシンプルな話である。
 韓鶴子さんの不純について、脳の回わりを厚いビニ-ルで覆うことなく考えていけば、必然、メシアと奉られている夫・文鮮明さんの素行のことに行き着かざるを得ない。
 
 重要なことなので繰り返すが、お母様はお父様の超側近と不適切な関係にあった。
男女問題を品良く表現すると、本質的でなくなるので、下品にやらせていただく。 
 このことを追及していけば、どうしても文鮮明のふしだらな女性関係に行き着く。


 フェロモンの香りが充満だよね

 中学生は無理だとしても、高校生レベルになると、「お母さんが不倫しているのはお父さんに原因があるのではないか」「お父さんの女性関係はけっこう激しいからなぁ」という感想を抱く。

 文鮮明さんの女性関係について。
 教団はとことんズレているので、<「6マリヤ」「血分け」は存在しない-【第三弾】朴正華氏による『私は裏切り者』出版報告会(1995年11月18日、松濤本部)の映像>
 2017.2.3にアップした記事である。今さら、え!である。
 朴正華さんは教団から3000万円をもらったと噂されている。彼の振る舞いを時系列から考えると、噂には信憑性がある。

 それよりなにより、文鮮明さんの7男、亨進さんがすでに「存在する」と証言している。もはや結着はついているというのに。
 サンクチュアリ教会主になってからではない。統一教会世界会長時代に「英雄、色を好む」という表現で、父親の複数の性関係を肯定していた。文鮮明氏に2年間「侍っている」ときに直接、聞かされたであろう。

<注>どうして、こんなズレまくりの記事を教学担当は書くのか。おそらく、リストラの対象とされたくないからだろう。作業をしていないと肩叩きにあうので・・・。

 小生が、というより暗在さんが訳してくれた<決定版[文鮮明と認知されなかった息子との長くて暗い物語] >を読んでいただければ、文さんが性を金儲けと絡ませて考えていたことが分かるはず。人格の完成とか本然の人間なんて100パ-セント関係なし。誰かドラマの脚本を書けばどうか。絶対に売れる!

「金と関係のない性だけのための性」行為は、「文鮮明は性的異常者としか思えない」 を参照のこと。
 神山裕子女史とか櫻井節子女史らは文鮮明氏とは関係したことはないのか!?
 777双以前の双の第1子で(長男、長女)、文鮮明似の子はいないのか。

 777の江利川安栄女史の第1子はどうなのか。キスを迫られたことがあったとか ワラ

 話はそれる。「43双婦人有志の会」が声明文を出したという。小生には「文鮮明さんとヤッタ女たちの会」と自動訳されてしまう。
 なお、何人かがこの声明文を論評しているが、肝心の声明文の出典が明記されていない。したがって、オリジナルを読むことができない。よってスル-するしかない。オ-ル統一さんの悪い「統一癖」である。
「森友学園問題」とか「南ス-ダンの日報問題」が話題になっている。これらの問題の基本中の基本はオリジナル資料の明確化の問題である。マスコミ報道に接しながら、こんな単純なことが分からないのかと憮然とする。

を戻す。鶴&郭の不倫のことを紹介してくれた澤田地平さん。認識を深化させてくれたことでとても感謝している。しかしながら、その後、思想的?教義的に一切言及がない。口を閉じるしかないのだと想う。失礼だとおっしゃるなら反論を。楽しみにしています。

 鶴の不適切な異性関係を問題にするのなら、必然、鮮の異性関係を断罪せざるを得なくなる

「私の韓国人相対者も初期の文鮮明教祖の様々な性関係は神の深い事情があるからと深く追求しないし、マコトの家庭のいろんな問題には触らない方が良いと言います」。これは前回のお笑い海鳥さんの投稿。http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-819.html#comment16271
 鮮をかばうとすれば、「神の深い事情」とやらを説明しなければならない。原罪を消滅させるためのセックスリレ-だった(爆笑)とか。今でも真にそう思っているのだとすれば、お子に黒板を使って、夫婦で説明してあげてくださいな。そしたら、利口なお子さんはこう質問するでしょう。
「じゃあ、お父さんとお母さんは誰にバトンを渡したの」

 文3派&シンパも笑えるぐらいに沈黙。分派諸派も同じ。この問題に首をつっこめばアイデンティティが喪失してしまうのだから。かくして、「マコトの家庭のいろんな問題には触らない方が良いと言います」。アンタッチャブル(触わらぬ神に祟りなし)になってしまうのである。
「ややこしいことを考えるのはよそう」
 これをやり始めたら癖になる。なぜなら「楽」だからである。うちの子が不登校になった。なぜなのか。鬱々とするから、適当なとこで思考を中断する。
 この結果、嗚呼、ア~ジュ

火の粉からのお願いごと

HJ天苑プロジェクトを発表した「徳野会長のメッセージ映像」(先月の2月)は、光言社ポータルで視聴できるそうだ。私の直感ではとても重要な徳野み言である。どなたか流してもらえないだろうか。個人メールないし非開示投稿欄で。



より鮮がより問題だなと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

真の家庭のいろんな問題には、触れたほうがいいわよ

>「6マリヤ」「血分け」は存在しない-【第三弾】朴正華氏による『私は裏切り者』出版報告会(1995年11月18日、松濤本部)の映像>
 2017.2.3にアップした記事である。今さら、え!である。
 朴正華さんは教団から3000万円をもらったと噂されている<

このビデオを見れば、朴氏が、最初から最後まで、下をむいて、書かれた文章を読みあげているとしか見えない。お金と引き換えに脅迫されたのであろう。本当に自分の言ったことを謝罪するのであれば、このような態度にはならない。この教団は、北朝鮮と同じ体質であり、文鮮明教祖がめざしていた天一国とは、文王朝であり、独裁王国なのであった。宗教団体ではない。宗教を利用して支配してきたのだ。キリスト教を利用して、欧米が植民地化や属国にしてきたのと同じやり方を文氏はしてきたのである。なので、原理では、欧米はキリスト教で、神側の国=善側なのだ。韓国もキリスト教で、東方3国で、中国、日本はサタン側、韓国が神側で、再臨主の国としたのであろう。自分勝手な理論だ。
韓国人の民度は、本来のキリスト教のレベルでもない。恨みつらみがふつうで恩を仇で返すような国であり、ウソ偽り、歴史捏造歪曲は、日常茶飯事。国際条約や約束も守らない。

3代王権がどうのこうの言っている亨進氏も世襲制を主張している。北と同じである。
彼は、6マリアを認めているが、全世界の女性救済のためだと言って、正当化している。サ教会の信者が深く議論しようとしても、それ以上受け付けない。
澤田氏は、文氏を全面的に絶対化神格化している。韓鶴子氏の発言や家庭連合の最近の教義に疑問をもち、サ教会に移った。で、本当のことを知りたいので、亨進氏や国進氏に質問するが、彼らから、納得いく返答をもらえない。
それで、退会届を出したにも関わらず、元の家連にもどって、デモや議論をしようとしている。批判して退会したので、誰も相手にするはずがない。
他のデモ者も同じだ。悲愴な顔で、何かを読み上げている。どうせ、やるなら、桜井誠のように堂々と声をはりあげて、やればよいのに、情けない。自信がないのであろう。

亨進氏の説教の中には、必ず、鶴子さんの堕落とか不倫とかの批判が入る。聞き流す信者とさらに、深入りしたい信者がいるのだ。亨進は、自分の言動に責任をもつべきで、自分の話に信者が質問すれば、的確に答えるべきなのだ。
サ教会に移っても、満足しない、哀れな信者たち。
そこで、満足しない者は、キリスト教会へ行く。すると、文氏がメシヤであることから、自然に遠のく。
文氏が残した、いろんな結果から、原因を分析する作業を始めることが、真の解答を得られることになる。
文鮮明氏を絶対化、神格化している信者は、統一教会の始まり=原因が文鮮明氏であるということを、冷静に認識すべきだ。なので、分裂混乱の原因は文鮮明氏とその教え=教義にあるのだ。

文韓一族と幹部は、全信者に真実の声明を出すべきである。

特に、日本と日本人を貶め、国家を侮辱したことにたいして、謝罪するべきである。日本教団に今も借金があれば、文韓一族と幹部が清算すべきである。
個人で、納得いかない高額献金は、早急に申し出ること。
早くしないと、韓国という国は消滅するのだから。
もともと、韓国は独立国家でもなく、民主国家でもない。軍事主導権すらないし、停戦に調印すらしていない。

信者は、早く気づくべきである。覚醒したあとも、長年の洗脳によるリハビリが待っているのだ。退会した信者のその後を真摯に見聞きしてみるとよい。
その人々の立場に立って、考えてみることである。上から目線で自分が祝福家庭でうまくいっているなどということは、決してないのである。将来は誰にもわからない。

朝鮮半島の状況をみれば、韓国が神の祖国、神の選民だとは誰も思わない。これ以上、信者に原理を教えたりしても、ムリ、ムダ、ムボウである。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「真の家庭のいろんな問題には触れない方がいいわよ」について

米本さん、すいません。ちょっと説明が足らなくて誤解をされた様です。

>「私の韓国人相対者も初期の文鮮明教祖の様々な性関係は神の深い事情があるからと深く追求しないし、マコトの家庭のいろんな問題には触らない方が良いと言います」。これは前回のお笑い海鳥さんの投稿<

上記、言葉足らずで申し訳無いです。

上記の正確な意味は、私が韓国人相対者に文鮮明教祖の過去の性関係(血分け)の事を質問した時に韓国人相対者から私に返ってきた言葉です。

相対者はマコトの家庭の事や人間性について、私より全く良く知っていましたし、韓国教会や韓国人責任者達の事も良く知っていました。

それは相対者の霊の親に何でも分からない事は聞いていたし、韓国人の知り合い信者からも日本人信者なら避けてワザワザ話さない様な(マコトの家庭や幹部達の人間性等)事も、相対者は誰それ関係なく聞いたりしていろいろ知っていました。

相対者は霊の親から洗脳されている様に影響を強く受けていて、その霊の親と相対者との関係は親密過ぎる関係に私からは感じていました。その霊の親は相対者を第1弟子と言い、50代で大きな役事をすると私に言っていて、相対者には干渉しないで自由にさせて欲しいと言われていました。私から見て、2人の関係は、同志であり親子であり妾夫婦の様でもありました。しょっちゅう口喧嘩する割には、お互いを信頼し助け合うという私から見たら何か気持ちの悪い関係で、相対者も霊の親が教会内で立場を上げて行く事で自分も立場を上げようという考えを持っていて、霊の親を守りサポートしていました。私には非常に韓国人らしい考え方だと思いました。

相対者も霊の親を”啓示の先生”や”神の体”と言う位ベッタリに侍っていました。

私から見て2人は凝り固まった恨憎侮日朝鮮民族主義朝鮮血分けカルト誇大妄想狂信者同志コンビに見えました。

”自己愛性人格障害”の症状を見ると相対者にとても当て嵌まっている様な感があります。

相対者はマコトの家庭の長男孝進氏についても、昔から人間的に問題有る!と言っていて、ナンスクさんは良い女性だと思うとハッキリ言っていました。当時は日本人としてマコトの子女の人間性を非難する人はあまりいなかったので、”よくそんな事をハッキリ言えるな”と流石韓国人と思い、日本統一教会員ではほぼ考えられない率直さに驚いた位です。

……すいません。言葉足らずだった内容ですが、文鮮明教祖の性関係の事です。相対者が私にあまり触れない方が良いと言ったのは、私が躓いたり、不信感を持って日本人信者に話したりする事を警戒しての事だと思います。

韓国人相対者が日本人信者を見る目はクールで日本人としての民族的蕩減は蕩減として割り切って振る舞える事に最初ははビックリしました。そして、日本人信者との関係は自分に利と感じたらその人間と関係を持つし、自分の利にならないと感じたら、スパッと切る合理的考え方の持ち主です。

それからマコトの子女達の堕落等の不品行についてもあまり触らない方が良いと私に言ったのは、…….これは日本人信者と似ているところもあると思います。

統一原理では聖書でイエスキリストが十字架に掛かったのは、ゲッセマネで3弟子が眠ったからだ!又モーセがカナンの地に行けなかったのはイスラエル民族の不信仰を見て血気怒気で盤石を2度打ったからだ。というふうに、神の願いを悟ってそれを実践する神の願いを成し遂げる使命を持っている人物の弟子や信者の不信仰が、神の復帰摂理の中心人物や中心家庭を、悲劇の犠牲になったヒーローにしているのです!

それと同じ立場がマコトの父母で有りマコトの子女達で有ると教えているのです。よってマコトの子女達が堕落したり、離婚したりした原因は韓国36家庭が文鮮明教祖から使命されている教育係なので、36家庭の不信仰に問題が有った!と考える信者が多いです。

……要は統一教会で言う所のアベル(責任者)の失敗はその下にいるカインが責任を果たせなかったからだ!と考えるのです!

……馬鹿でしょう?……これが統一教会なのです!

私が言いたいのは、全てをハッキリ!ハッキリ!ハッキリ!暴け!です。

反日朝鮮民族主義血分け糞カルト統一教会=世界平和統一家庭糞カルト連合は朝鮮人の人間性らしく、自分に不利や都合悪いと思ったら隠蔽を良しとするカルトなのです。

……残念ながら騙されやすいお人よしの日本人が騙されて統一教会信者に成ったしまったという事です。

自己否定、分離・分裂こそ原罪

シックの皆さんは頭が凝り固まってると思いますが、
・(旧約)聖書の生命の木、善悪を知る木が例えではなく、本当の創作話だったらどうしますか?
・アダムとイブ(エバ)の話が、自由奔放な性への縛り、抑止のための創作だったらどうしますか?
・統一組織に(旧約)聖書の専門家はいたんですか?いるんですか?それとも霊能者頼み?
・疑似平和運動で自分たちを誤魔化してないですか?

私が確信していることは、創造神は個人個人に語りかけるような存在ではないということです。
また、イエスも文夫婦もただの人間だということです。

統一教会ではよく、自己否定を連呼してましたが、自己否定、分離・分裂こそ、原罪じゃないんですかね?
だとしたら、統一組織は原罪まみれの極致です。かわいそうに!

付け加えます。”朝鮮カルト妄信者は天罰が恐いのです”

最後付け加えます。統一教会ではマコトの家庭は人類救済の重荷を背負った神聖な家庭と信者はそう信じているのです。(洗脳されてマコトの家庭を神聖化しているのでマコト家庭のあらゆる矛盾が噴出しても頭が固まっているので先(矛盾解決)に進まないのです)

聖書でイエスキリストが人類の罪を背負って十字架に掛かったと言われる様に!

統一教会で言うマコトの家庭の様々な問題は信者の不信仰に由来すると考えるので、神聖な家庭の事を批判非難したりする事は人間的個人的考えで、それは不信仰に繋がり、その人は天から打たれる(神から罰を受ける)可能性があると考えるものだから、畏れが恐れに成り、神聖なマコトの家庭(笑)の様々な矛盾を深く追求しないのです。

厚いビニールの膜(認知バイアス)を溶くのは難しい

やはり文教祖の問題になるとアイデンティティクライシスを忌避するためか現役信者さんの反応は薄いですね。
 
青い海さんのブログ

http://ameblo.jp/toraji-j/entry-12212747442.html

ナツミカンさんのブログ

http://ameblo.jp/mikan-ha417/entry-12224898894.html

 教祖はなぜ表で純潔をうたい、裏で血分(乱交)していたかの疑問に対して。
梨花女子大生ハーレムが羨ましいgoutの説
http://ameblo.jp/toraji-j/entry-12212747442.html

私の説は現役さんから見ると過激で何言ってんだと思われるかもしれませんが、
最近 サ教の七男夫人が夫の浮気に悩む現役女性シックに「シックの男は関係ないんです。別にいてもいなくてもいいんです。女性さえいて
女性が(神の精子)に繋がればそれでいいんです。だから悩まないでください。」というような事をアドバイスしています。


「原罪」とセックスは関係ない。
「善がなければ悪もない」「悪がなければ善もない」それは、光と影の関係である。
善悪不二が本来なのだが、人間は「他者からみられてる自分」すなわち自意識、自我が肥大しているため行動に自制や自省が伴い
罪悪感が生じる。宗教が生まれたのもこの文脈から考えればよい。
https://placebo.co.jp/placeblog/theory-of-mind/


 アダムとイブがイチジクの葉で下腹部を隠したことがセックス=原罪だと暗喩していると原理は主張するが。
フルチンで女の子の前で立ションしていた男子小学生が中学生になると女の子の前に行くだけで緊張し赤面するように、第二次性徴を迎え
自意識過剰になる年頃になると誰でも「隠すよ」ね。
 乳房や喉頭隆起(アダムズアップル)が生じる思春期、反抗期に精神が不安定になりアイデンティティを模索するでしょう。
(古代の人は乳房や喉頭隆起を何かの果実を食べた象徴と考えたと推測する)
 失楽園は人類が自我を意識しだした認知革命の「悲劇」を比喩したものだ。
(勿論アダムイブも実在しない、ついでにアベルカインの物語は農業革命の比喩でありアベルもカインも実在しない) 

猿はアイデンティティを模索しない。人間だけがアイデンティティ(自己の存在意義)を模索する。
尾崎豊の歌を借りれば、「自分の存在が何のかさえわからずに震える15の夜」を迎える。
https://www.youtube.com/watch?v=Yu88zx_--wE


 それは自意識が過剰になり自と他の区別がつき他者からどう見られるか常に意識するようなったから。
 自分とは何者かとか、何のために生きるのかとか、死(肉体の消失)とは何かとある時までの人類の祖先は考えなかった。
しかし、心という脳のシュミレーション機能が進化したため自我が生まれ肥大した。
だから人類始祖は「他の被造物」と違う特別な存在と意識しだした。
(錯覚だけどね。)
約7万年から5万年前に認知革命がおこったといわれている。
「生きる目的を考えずに本能に従い、生きて生きるだけの存在」「食べて、寝て、子孫をのこしてればよかっただけの楽園」からの追放。
実存哲学風に表現すれば、「世界に放り出されたような感覚」に陥ったのだ。
 人類を人類たらしめた「失楽園」。
しかし、それ故に人類は繁栄できた。勿論それ故に人類は滅ぶかもしれませんが。

http://ameblo.jp/hitskey/entry-10938794362.html

http://ameblo.jp/toyokawarei/entry-12157982402.html

訂正

前コメント欄リンク先が間違っていたため訂正します。
教祖はなぜ表で純潔をうたい、裏で血分(乱交)していたかの疑問に対して。
梨花女子大生ハーレムが羨ましいgoutの説
http://ameblo.jp/5200043/entry-11299342387.html

私の説は現役さんから見ると過激で何言ってんだと思われるかもしれませんが、
最近 サ教の七男夫人が夫の浮気に悩む現役女性シックに「シックの男は関係ないんです。別にいてもいなくてもいいんです。女性さえいて
女性が(神の精子)に繋がればそれでいいんです。だから悩まないでください。」というような事をアドバイスしています。


付録http://ameblo.jp/5200043/entry-12181364868.html
文教祖にとって純潔とは自分にとって処女であることであり一般的な純潔観念と関係ありません。

米本様

韓オモニの肉的堕落問題について取り上げ、話題を作って下さりありがとうございます。私がその後、このテーマでの言及がなく、「口を閉じるしかないのだと想う。失礼だとおっしゃるなら反論を」とのこと。鶴&郭問題の火付け役になった形の私が何も言わないので、私に口を開けさせようとのことですから、米本様に義理を感じている私としましては、とりあえず口を開いてみます。

 文先生の死は十字架

まず私が韓オモニの肉的堕落問題を突き詰めようとしたのは、文先生の死がイエス様と同様に穏当でない死であると考え、その原因が中心的には韓オモニの不信仰にあると思ったからです。韓オモニの文先生への不信仰は文亨進様が明言しておられ、特にそれは聖マリア病院における生命維持装置を外す争いを通し、復讐心となって表面化したと語っておられます。文先生は本来120歳であるとか、十分に永く生きられるはずの天寿を全うなさることができませんでした。

穏当でない死とは、それは十字架というふうに表現できますが、十字架刑とは当時のローマの死刑執行です。すなわち、文先生は死刑になったということであり、それも21日間かけた恐ろしいものであったというのが私の認識です。このように文先生を死に追いやった、韓オモニの不信仰、すなわち罪とは何なのかということを考えた時に、韓オモニは日常的に文先生に反抗しておられたとのことですが、そのような次元ではなく、妻が夫に対して犯し得る最悪の裏切り、それは不倫ではないかということです。そのことは人類始祖の堕落問題を学んだものにとっては十分に推測できます。

ちょうど、井口さんの7回目の40日断食が、韓オモニの不倫挽回の為の条件だったということを聞き、なるほど、やはりそのようなことがあったのかと思いました。この断食をなさった動機ついては、私が直接確認した時に、ご本人がその事実を認められました。それは2015年12月13日のことでしたが、実は昨年の12月13日にも井口さんとお話する機会があり、その時は1時間ぐらい、一方的に私にまくしたてて来られました。

 不倫問題も加えて40日断食

それによると、7回目の40日断食の主要目的は、当時、文先生の健康状態が危険な状況にあり、健康祈願のためであったということであり、それに加えて、韓オモニの不倫の問題があると言われて、どうせ断食をやるのだからそのことも一緒に条件に加えようということだったという説明でした。そして、韓オモニの不倫問題に関しては、その時、藤井夫人から聞いたことなので、あくまでも自分にとっては「うわさ」であるということでした。この「うわさ」ということを私に言われたかったようです。つまり、「私としては、あくまでもそれはうわさ話だと、あなたに言ったからね、いい?」ということで、本部内の上司の追求から逃げたかったということでしょう。

もうひとつ言われたのは、藤井さんから頼まれたのは7回目が最初なのではなく、5回目の時もそうだったということでした。私は、「後日談があり、お父様がある修練会で、日本がエバ国としての位置を失うところであったが、ある兄弟が40日及び7日の断食をしたので、それを条件として、エバ国日本の存続が許されたという内容のことを語られたということでした」(15不倫の相手は郭錠煥)と書きましたが、それは5回目の断食のことだということでした。

そうすると、「15不倫の相手は郭錠煥」の当該部分を修正しなければなりませんが、いずれにしても、井口さんは7回目の断食を藤井夫人から頼まれて実行されたのであり、その目的は文先生のご健康祈願であり、また韓オモニの不倫問題解決であったということですから、大筋で間違いはありません。

次に、私はその「うわさ」の信憑性を確認すべく、名古屋の神山先生をお訪ねしたところ、「そこまで私に言わせないで」という答えでした。これは、韓オモニの不倫を認めておられる言葉です。神山先生をお訪ねしたのは、神山先生がお母様の不倫問題について話しておられるということを複数の人から聞いたからです。ご本人は、そんなことは話していないということでした。

 國進様により決着

そして、昨年の10月にペンシルベニアに行き、この件について直接、亨進様と國進様にお聞きしました。「12み言選集第614巻改竄前後(1/4)」及び「13お母様は肉的に堕落された(2/4)」で書いた通りです。韓オモニの肉的堕落の問題はお二人のお答え、特に國進様のお答えにより決着がつきました。國進様は個人的にも事実として知っておられると思いますが、文先生の言葉を引き合いに出されることにより、客観的なお答えをされるとともに、異論を封じておられます。

□國進様:このテキストを見ると「オンマが堕落したので、復帰することをオンマがしなければなりません」と、はっきり書かれています。白黒が明確で、ここからそれほど解釈の違いも生じないでしょう。堕落した教会が、お父様の聖和後にその部分を変更した事実から、そうする必要性、動機があったことが分かります。彼らの行動からそれが分かります。これらの証拠から、また、今まで起こったことの流れを原理的に解釈しても、彼女が堕落したと結論付けていいと思います。(2016.10.31)

韓オモニの肉的堕落の問題は、それが事実であるということで既に決着しました。あと残る疑問は、では、不倫の相手は誰なのかということでありますが、これについては、今年1月29日の質疑応答で亨進様と國進様に私が質問しましたが、答えはありませんでした。ですから、それを知る為には、知っている人から聞くか、不倫の相手と考えられる人物に直接聞くしかありません。不倫の相手が郭錠煥であるということについては、私が書いた通りの根拠により、その信憑性が高いと思います。私は他にも不倫相手はいると思いますが、私にはその証拠となる情報がありません。この情報がないということが、私にとってこの問題に関し、その後の言及がないということの理由です。

 「6マリア」はメシヤの使命

韓オモニの不倫が事実であれば、人間堕落の原因が淫行であるとし、純潔を表看板に掲げる家庭連合としておかしいのではないかという批判は至極真っ当なものです。文夫人の不倫など、あってはならないことであり、想像もできないことですが、実際にはそれがあったがために、これも想像もできない事件、文先生の十字架の問題が起こったのだと私は考えています。ではなぜ韓オモニの不倫という、あってはならないこのとが起きたのでしょうか。それはやはり「6マリア」問題であると思います。文先生が妾を幾人も引き連れておられた為に、韓オモニの心中に寂しさが芽生え、恨みも出て、さらに復讐心などが混在して、ついに不倫になってしまったのだと思います。

そこで問題になるのは文先生の「6マリア」問題ですが、ここでも同じく、人間堕落の原因が淫行であるとし、純潔を表看板に掲げる家庭連合の教祖として、文先生自らが、その教えに反しているのはおかしいのではないかという批判があります。それに対しては以下の國進様の回答が明快です。

□國進様:六マリアについての質問ですが、簡単です。お父様は「花婿」としてこられました。エデンの園では花嫁はエバ一人でした。エバだけが神様と相対していればよかったのです。問題はこの世界は個人レベルから拡大して世界まで殖え拡がったことです。何十億の人が存在する世界になっていることです。メシヤが来られるときすべての女性、何十億という女性を一人に代表させるということをしなければならないわけです。これがお父様の抱えられた問題です。お父様は御一人なのにエバは30億人もいる。世界を救うためにはその30億の女性が真のアダムの種を受けなければならないのです。それによって神の血統が根付くからです。

ですから6マリアは30億の全女性を代表する立場として立たされるわけです。それによって世界を救うことができるのです。すべての女性が真のアダムの精子を受けることができるようにすることが6マリアの摂理の重要性です。お母様の立場というのは「花嫁」の長、代表だということです。神学的にいえばその花嫁の長は最もサタン的な血統から迎えなければならない。神様の血統は、神様の精子を最もサタン的な子宮を通じて産み出さなければならなかったのです。6マリアの摂理は再臨主がエバを復帰するために避けることができない路程であったのです。エデンでは一人であったエバが30億になっていたからです。神の摂理の中で再臨主として越えなければならない摂理であったということです。

□質問者:では6マリアの6というのは6に限定されるのでしょうか。それともそれ以上であっても構わないのでしょうか。
□國進様:お父様は花婿ですからすべての女性が対象になるのです。物理的に可能であるとするならば、世界のすべての女性とお父様が関係する、ということがお父様の使命になっていたでしょう。(2016.4.11)

 先輩方への感謝

私も文先生の「6マリア」問題には問題がないと思います。文先生がメシヤであると考えているからです。文先生がメシヤであるという強い信仰があれば、そのような問題を信仰的に受け止め、克服できるのではないかと思いますが、文先生に身近に接する機会があった弟子達から順番に、「お父様を人間的に見る症候群」に罹り、信仰を失っていく人が多かったのではないかと、私は最近感じています。韓オモニさえも文先生を不信するようになってしまいました。私などは平信徒で遠くにいましたのでよかったと思います。先駆けてご苦労された先輩方の犠牲の上に自分がいるのだと考えて、そのような方々への感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思っています。

韓鶴子氏の心理について

>このことを追及していけば、どうしても文鮮明のふしだらな女性関係に行き着く。


 ここ‘火の粉を払え’の記事で初めて韓鶴子氏の「独生女」言説が紹介された時は周辺の情報が限られており、韓氏がそれを主張した真の動機は不明確でしたが、今回の記事を関連させることによってその背景が完全に解明されます。
 「独生女」言説に関しては文亨進氏が強く反発しており、実の母親である韓氏が何故そのような主張をするようになったかについても証言しています。

(澤田地平氏の退会届より引用)
 ■お母様は、「六マリア」の存在はお父様の肉体的な弱さが原因であるとお考えになったそうです。そして「お父様には肉体的な弱さ、すなわち原罪があり、純潔である自分がお父様を救ったのだ、自分こそ無原罪である」というお考えになられたというのです。このことでお父様を責められることもあったそうです。
 □亨進様:これこそ、お母様がお父様から離れる根本原因になったからです。これが核心です。子供として見て来たのです。ワシントンDCで口論されたことがありました。お母様がこの問題を持ち出されました。そしてお父様を責められました。「私があなたを救い出さなければ異母兄弟が大勢できたことでしょう」(2015.5.10)
https://www.sanctuary-jp.org/退会届/澤田地平さんの退会届/

 上の引用文にある韓鶴子氏の発言からは、「六マリア」の存在を肯定的に受け止められなかった様子がわかり、米本さんの韓氏に関する分析ともつながります。
 ただ、文亨進氏は人生経験の乏しい幼稚な宗教マニアに過ぎず、父親である文鮮明氏=メシアを大前提として物事を考えるため、自分の両親の問題に対する冷静な分析ができないで韓氏を一方的に悪者にしています。

(澤田地平氏の退会届より引用)
お母様がお父様に嫁がれた時、お父様はお母様に六マリアについて、はっきりと説明されました。そして、お母様はこの路程を歩むことに同意されたのです。しかし、時の流れとともに数十年が経過するうち、お母様の中で別種の考えに変化して行きました。それは何でしょう。「私がメシヤだ」「私がお父様を救った」「私が純潔であり、お父様を救ったのだ」ここから現在の「独生女」発言があり、今、お母様はメシヤ、神になろうとしています。(2015.5.10)

 上の澤田氏の退会届に書かれた亨進氏の発言に含まれる‘事実’だけを参考にするならば、韓鶴子氏が「六マリア」の存在に強い不快感を抱き、その文鮮明氏と「六マリア」との関係が宗教的な意味があるものに感じられず、文氏の「肉体的な弱さ(情欲に支配された男女関係)」であると実感したことがわかります。
 つまり、「六マリアについて、はっきりと説明され」てはいても、実態は男主人と妾のような関係であり、宗教的な説明内容と食い違いがあったことを感じ取ったのです。
 おそらく、韓氏が文氏から受けた説明では、「血統転換の摂理」というような内容が語られたのだと思いますが、韓氏が肌で実感したのは男の情欲行為以外の何ものでもなかったということだと思います。
 「六マリアの悲劇:朴正華著」には文教祖が六マリアの一人である辛貞順の長女や次女とも性関係をもち、次女には子供まで産ませたことが書いてありますが、それを考えるならば、米本さんが「文鮮明のふしだらな女性関係」と書いたとしても誰も文句は言えないと思います。

 結局韓鶴子氏は文教祖に不信感をもつようになり、夫婦関係においても「鶴は鮮が嫌い」になったのだと思います。
 しかし、そうだからと言って文教祖を全否定することはできず、自分が「真の父母様」として信者たちから崇拝され、良い思いをして来たのも事実であり、その特権を放棄するわけにもいかないので自分がメシアであるというような主張をするようになったのだと思います。
 韓鶴子氏は妻としては不貞な夫を愛しておらず、愛情は別の方に向かうことになります。
 隠し財産たっぷりで、教団の中では絶対的権威をもち、頭の中にあるのは朝鮮シャーマニズムの影響を受けた異端キリスト教の教えだけですから、「正しい血統転換を行なおう」と考えるようになったとしても不思議ではありません。
 そのように考えれば、「お母様はお父様の超側近と不適切な関係にあった。」のは十分信じられることです。

 現役の統一信者が文教祖や韓鶴子氏の実像を知るようになれば、確かにアイデンティティー・クライシスに陥る心配が生じますが、それでも信者に知性が多少でも残っているならば、今まで感じていた矛盾が解決されてスッキリするのではないかと思います。
 私も、文教祖を再臨のメシアと信じていた当時は未解決で曖昧にしていた疑問が幾つもありましたが、実像がわかるようになってからは全てが解かれるようになりました。
 その数々の疑問には、原理講論の創造原理や統一思想要網のような高度な思想をもっているはずなのにも関わらず、文氏の生の姿やビデオでの講演の様子を見ても、あまり品格が感じられないので不思議に思っていたことも含まれます。
 その実体から受ける印象は知性が磨かれていない感情に没入しやすいタイプの年配韓国人という印象で、いわゆる高潔な人格者というイメージではありませんでした。
 それは文教祖が解明したはずの宗教思想の印象と一致せず、認知的不協和が生じていました。
 しかし、「六マリアの摂理」の現実を知れば、すべてが解明されます。
 私も文教祖の実像を知った時には一種の虚無感を感じましたが、自分が確信をもっていたのは「創造原理」であったため、自分を見失うことはありませんでしたし、信仰を失うこともありませんでした。
 文教祖が「再臨のメシア」でないことが明確になってから、かえって知性が働くようになったのも事実です。 
 そして、今までの自分の世界観を整理してみると、『幼稚思考の壁』に閉ざされていたことも自覚できるようになったのです。
 因みに統一信者の最大の思い違いは神が宗教をつくったと思っていること、宗教は「内的真理」であると思っていることです。
 宗教は紛れもなく人間がつくったものであり、しかも一神教は権力と結びつきやすいように考えられています。
 宗教は「内的真理」であるどころか、人間の知性が低かったときに生まれた思想的産物であり、既に過去の遺物となっているのです。
 宗教の社会に対する影響力は、西洋ではルネッサンス、宗教改革あたりから急速に衰えており、社会が発達した現代は宗教家が何かを発言したからといって世の中が変化するような時代ではないのです。
 つまり宗教統一などほとんど無意味であるし、宗教の特質から考えても、宗教の統一など絶対不可能なのです。
 結論として、統一教団のやっていることなど全く無意味だということです。

 ただ、宗教を否定するということは神の存在を否定するのとは別であり、第一原因としての神を追求するのは人類の永遠のテーマでもあるのです。
 結局、そこが文教祖や統一教団に騙される切っ掛けにもなったのですが、宗教から離れて神秘哲学などを学ぶのは意義があり、大切なことだと思っています。
 原理講論の創造原理などは神秘哲学として学べば価値があるのですが、堕落論からは論調を変えて宗教論に切り替えているので、思想全体としては間違いを犯し、大きな弊害を生み出してしまったのです。
 もっとも、創造原理であっても未熟な人間の考えたものであるので、間違いは至る所にあります。
 例えば発展的四位基台とされる授受法なども普遍的真理とは言えず、間違いがあります。
 記事と関係なくなってしまいますので、それに関する説明はしませんが、原理講論は朝鮮半島の人間によって書かれた宗教書だけあって、欠点が多いのです。
 ただ、創造原理には神秘哲学を追究する入り口があり、それを理解できる統一信者は文教祖の実像を知ったとしてもアイデンティティー・クライシスに陥ることはないと思います。
 

馬鹿馬鹿しい

文ちゃん&鶴ちゃんは真の父母として勝利したのですよね。
鶴ちゃんは勝利したのに、なして不倫?
(確か完成した人間は神の直接主管圏に入るから堕落はないと原理では言っていた記憶がありますが。)

勝利した文ちゃんが何故十字架にかかる?
イエスの十字架は失敗だったとさんざんおっしゃってましたよね。

で、文ちゃんは第三のアダムだから、生きて地上天国作らなきゃいけなかったのですよね。地上天国実現せずに死んでしまったなら、そこで神の摂理は終わりのはず。
まして真の父母片割れが失敗したなら、もう後はないはず。
このあたり、サンクチュアリは説明なしなのですよね。

まして国進も、不倫•デキ婚で堕落してるし•••どうなってるのでしょう?

で、「六マリア」が正当な摂理なら、何故信者にきちんと修練会で講義しないのでしょう?

姜賢實先生のご証言

澤田地平さんの行動力はすごいなって思います。

澤田地平さんの説明ですべてその通りだ!と判断するのは、やはり長年の信者としては勇気のいることです。
でも、理解はできます。

疑問点を言えば、
姜賢實先生が1月の日本人の集会で、
「6マリア」については知らないと
おっしゃっていますよね。
この方が知らなかったら、知ってる人は誰もいないでしょう。
これってどう理解したら整合性がとれますか?

この動画の22分38秒位から見れます。
https://www.youtube.com/watch?v=8HXoX3Tdj3I

印象、感覚・感じがすごく似ている

澤田地平さんのコメント読んで、
まず最初に思ったのは、36年前、原研(地方の大学)で、私に「血分け」概略説明を黒板で淡々と行った先輩原研メンバーの感じと同じというか、それが蘇ってしまった。
「草創期だけのこと、今では象徴的な祝福になってる」と、言ってたメンバー(6500になってた)もいた。当時は「(大)先生」とよく言ってましたね。
ちなみに、2日修で原研の館(一軒家)に行った時、写真が飾られてて、亡くなった人の写真かと思ってたら、後で聞いたら鮮明教祖の写真だった。(当時は原理講論と同じように鮮明教祖のみの写真だった)
7日修に参加したばかりで、原研に出会って2か月もならないうちに「血分け」を説明されましたが、隠そうという感じではなかった。1980年に「淫教メシア文鮮明伝」が出版されてから、統一教会は全面的に隠してたのかもしれないです。
この本には「血分け」もsexリレーのこともはっきり書かれてた。(本屋に行けば誰でも見れた、他本にもあったし)
原研がカープという別名を使いだしたのもこれが原因か?

結局、精神不安定状態で原研を去っても、「血分け」はアブラハムのイサク献祭のように神への究極の信仰証明だったのか?草創期には必要だったのか?と悶悶としてました。真実がわからなかった。
昔話です。

結局、統一は血統転換ループから抜け出せてない。何にも進歩してない。
鶴子メシアさん的には、鮮明メシアは鶴子メシアに接ぎ木されたことになるから(3日儀式したのか?)、接ぎ木された鮮明メシアが女遊びし続けてたなら、鮮明メシアは完全堕落メシアとなる。→ 地獄行き。
鶴子メシアは、地獄行き確定の鮮明メシアが死ぬまで=お金が自分のものになる迄、好き放題させていたことにもなる。そして、この真の鶴子メシアと地獄にいる鮮明メシアの2人を真の父母として崇拝してるのが「世界統一家庭連合」これを肯定してるのが家庭連合信者達。
これに倣えば、祝福家庭の夫は何しても許される。何でもいい・・・7男夫人もこういう発言したとか?、誰かのブログにあったような。
生憎&お笑い韓国ドラマか? いや、女は強しか?100倍返しか?

いい加減、再臨のメシアを崇めるんじゃなくて、もう自分自身に戻ったらどうですかね?

Re:姜賢實先生のご証言

ひた隠しにしてこられたということ。そのように理解すれば整合性がとれますでしょ。

toramaru さんにお尋ねします

2017/03/20 23:25の
「印象、感覚・感じがすごく似ている」のタイトルのコメントの内容でお尋ねします。

>36年前、原研(地方の大学)で、私に「血分け」概略説明を黒板で淡々と行った先輩原研メンバー

これはいつどこで、何という名前の先輩ですか?
大学名は個人情報ではないでしょうから、お教え下さい。

>7日修に参加したばかりで、原研に出会って2か月もならないうちに「血分け」を説明されましたが、隠そうという感じではなかった。

私は7日修の講師でしたし、原研本部にもいましたが、「血分け」を肯定する内容を聞いたことも、教わったことも、こういう講義をするように、ひた隠しにするようにとの指導を受けたことも一切ありません。

私の過去の所属は日本最大の地区、ブロック本部、原研本部等ですので、もし「万が一」そういうことがあれば、1回は見聞するはずですが・・。
(修練会のスタッフも100回以上経験していますが、聞いたことは皆無)

このブログは「有った」という前提ですので、こういうコメントは大歓迎でしょうが、同じUCである筈なのに、私の経験とあまりにも異なる講義を聞かれてこられたようですので、勉強のためにご教示下さい。

極めて重要な内容ですので、どなたかのように「言えない」「忘れた」は無きようにお願いします。

米本さんからは「失当」とお叱りを頂くのでしょうが、私の経験の中で無いものは無いので。
なお、「淫教のメシア」等、彼らの書いた代表的な本は熟読済です。念のため。

米本さんへ

上記「toramaru さんにお尋ねします」の補足ですが、米本さんは優秀なジャーナリストでしょうが、当団体の内部に居たことも、修錬会に参加されたことも無いかと思いますから、信じられるかもしれませんが、もしこれが真実ならば、多くの同様のコメントがあるかと思われるのですが、あまり拝見したことが無いので。

こちらにコメントされる皆様同様、愉快ではないでしょうが、私も真実を知りたいだけですので。

4lifeさんへ

初めて聞かれたので、答えます。

>これはいつどこで、何という名前の先輩ですか?
大学名は個人情報ではないでしょうから、お教え下さい。

原理講論の「肉的新生」がどうしても想定できず、質問の答え(直ぐではない)が「血分け」でした。新約聖書は高校から読んでましたが、有り得ない発想でした。7日修参加後でもあったし、心身が硬直し何も考えられなくなりました。
本当か?と統一教会のこと書いてる本を探してる時、「淫教のメシア文鮮明伝」を見つけ、同じことが書かれてたので、裏付けがとれたんです。もしかしたら、逆にこの本読んで言ったのか?とも思いましたが、原研支部長ぐらいには聞いてるだろうし、涙ながらに神との出会い(神の言葉を受けた体験)も話してたし、それは無いだろうと、一応その考えは捨てました。私が原研を去った後、彼は西ドイツへ宣教へ行ったようです。

ちなみに、私がいた時に、当時の太田洪量原研会長も原研の館に来て、霊界の話とかしてましたね。
※名前だけでも個人情報なので、クレームあれば直ぐ消します。
いつ:1980年5月
・7日修は大島修練所だった、講師はスタートレックのスポック似の人で、文教祖は「夜空の星を動かした」とか、「パチンコは男の遊びだね」と言ってた、という話もしてた。
・どこで:九州の福岡大学(原研室)
・説明者:大原隆(たかし)
・私に声をかけた人:西岡こわし・・・隣に座ってた
6500双の家庭写真集に当時のメンバーの何人かはいましたよ。

「血分け」話の出所は私には当然不明ですが、説明されたのは事実です。堕落した経路と逆の経路で、メシアと女性が性交→その女性が男性と性交・・・。
という説明で「血分け」「性交」という単語を平気で使ってました。私はそれだけで引きましたが・・・。もしかしたら本当は上記の本も絡んでるかも知れないですが、迷いなくすらすら黒板に書いてたし、こんな説明、人にできますか?
”隠そうという感じではなかった”というのはこの時のことです。
「肉的新生」の意味は当時原研ではどういう解釈だったんですかね?
疑問が湧かないなんて、あり得ないと思いますが。(わからないなら、わからないと言えばいいのに、何であんなことを!)

あと、血分けは草創期だけで、今は象徴的祝福になってると言ったのは、西岡氏です。(東京のどこかに所属してたんじゃないですか?6500双写真集で見た)
今でも覚えてますが、1980年、この人は確か元PL教団で十字軍のフランス女性に伝道されたとか言ってた気がします。自分のところに”サタンが来た”とも言ってましたね。

皆そうなのかも知れないですが、原研去る時、地獄に落ちるのオンパレードで、霊界に整理されるとか、霊界に行くか?とか、何か異変が起きるとか、散々でした。
私はずっと精神的におかしくなってたと思います。19851982年の日航機墜落も自分のせいか?とまで思ってたので。
私を救ってくれたのは、人ではなく神霊?エネルギー体験(見たり聞いたりではなく、そのまま霊界に行きたかった;全身がまるで火?のようなエネルギーに包まれ全身が汗ばみ、心の傷、苦しみ、汚れ、その一切が消え、真っ白になりました、この世の感覚とは別次元)でした。この時の体験を表現できる言葉は、この世にはありません。

で結局、10年後(1990年11月)に再び戻ってしまい(それまでは、街に出る度に声かけられ、最終的に訪問で、経緯は省く・・・戻る前、昔渋谷駅前にあった旭屋書店で”新天地”をほとんど毎月買ってましたね)、でも、血分け話は全否定だった。1992年の祝福を受け、相手の関係で6500双になったんです。(東京のある青年部所属だったけど、男性の人数不足とかで参加になってしまった)

祝福後、一度だけ霊能者に偶然出会い、鮮明教祖が背後に仁王立ちしてると言われた(生霊でしょう)また、髪を耳元でぐるぐる巻きした古代ギリシャの女性たち数人が、当時霊能力があった妹に降りてきたりもした。(教会ではサタン扱いされるので何も話していない)
で、いろんな暴露話や、ちゃぬさんブログや、7男話等々(ハンドルネームで言えば、天のしずく、おやじ、カインの末裔、50代とか見てた)で、人間:文鮮明の所業を知り、高額献金し続けてきた愚かさに気づき、自然脱会です。

ファクトチェック(1)

 偏執病的大統領がアメリカに誕生してから「ファクトチェック」なる用語がマスコミを中心に流行っている。
 日本語にすれば「事実確認」のことである。
思考したり何かに言及したりする際、事実確認は基本中の基本である。

 それゆえ、4lifeさんの「toramaru さんにお尋ねします」は、全くもって正しい姿勢だと思います。

 toramaruさんの回答にも好感を抱きます。
 なお、一言。
>※名前だけでも個人情報なので・・・
 これは失当なのではないかと思います。
 ただし、「個人情報保護法」とその判例についてはまだ勉強していませんが。

ファクトチェック(2)

 元世界会長夫人櫻井節子さんの次男、正実さんからメールが届きました。

 澤田地平さんなど、投稿者の投稿文と比較すると、レベルは相当落ちます。少しだけやりとりしたけど、ガッカリしました。

(最初のメール全文)
時間がないので簡単に回答します。

母は母の信念で堂々と動いています。公開した手紙にある通りです。ネットで書くことを今は母が願っていませんので詳しく返答することは致しません。

韓鶴子総裁(お母様)と郭錠煥先生の不倫があったのかどうかということですが、郭先生にお尋ねすること自体が失礼極まりない話です。聞けば「そんなことあるわけないだろう」と言われて終わりでしょう。

郭先生を知る人で「お母様と不倫した可能性があったかも」という人がいるとはとても思えません。教会食口も相手がお母様だと言ったら呆れ返って誰も信じないことでしょう。澤田さんにはお会いしたことがあり誠実な方だと思いますので、嘘で郭先生の名を挙げたわけではないと信じますが、完全にガセネタを掴まされました。

郭先生とお母様の不倫は絶対にありません。あるというなら不倫現場の動画でも突きつけない限り誰も相手にしない内容と私は思いました。本当ですか?と誰か聞いて来たら「馬鹿言うな」と一蹴して終わりです。米本さんが記事を書くと、その内容に興味を持って、私に何か聞いてくる人がいましたが、今回はこれだけで記事にされているのに完全にゼロですよ。こちらでは誰もお母様と郭先生の不倫の可能性を考える人がいないということです。郭先生に対する嘘やデマもそこまで行くと相手にする気にもなりません。

一言書き込んでおくべきでしたが、呆れ返って釈明する気にもなれず、書き込むタイミングも逃がし、ちょうど仕事も忙しかったので、失礼いたしました。

この辺の感覚は外部の方には分からないかもしれませんが、米本さんの名声の為にもこの問題は追求しないことをお勧めします。何故なら郭先生とお母様の不倫は100%嘘だからです。3流のスキャンダル紙のような記事のようであまりにも馬鹿馬鹿しく信じる人、影響される人がいないから本部も本気で対応しないというところでしょう。
(引用終わり)

ファクトチェック(3)

「何故なら郭先生とお母様の不倫は100%嘘だからです」

 櫻井正実先生は中学生ではない!いい大人である。

 何かを断じる場合は根拠を示めさなければならない。それが一切ないのだ。

「違うわい」「違うわい」

 こんな稚児を重用しているオッサンのレベルが知れる。
 

ファクトチェック(蛇足)

>韓鶴子総裁(お母様)と郭錠煥先生の不倫があったのかどうかということですが、郭先生にお尋ねすること自体が失礼極まりない話です。聞けば「そんなことあるわけないだろう」と言われて終わりでしょう。

 幼稚なのだ。
(郭先生は無名の人)
「石原都知事にお尋ねすること自体が失礼極まりない話です。聞けば「そんなことあるわけないだろう」と言われて終わりでしょう」
 こんなことは中学生とて言わない。

 第5代会長家のおぼっちゃんは社会で揉まれたことがないボンのようだ。

 そりゃあそうだ。
 日本のシックの血と涙の献金によって、小中高時代(大学も?か)を暮らしてきたんだから。

解離かも! (精神疾患かも)

澤田地平さん
>メシヤが来られるときすべての女性、何十億という女性を一人に代表させるということをしなければならないわけです。これがお父様の抱えられた問題です。お父様は御一人なのにエバは30億人もいる。世界を救うためにはその30億の女性が真のアダムの種を受けなければならないのです。それによって神の血統が根付くからです。

 ですから6マリアは30億の全女性を代表する立場として立たされるわけです。それによって世界を救うことができるのです。


 今度、オムロン、送るね。

Re:Re:姜賢實先生のご証言

田舎マンさんが紹介しているサ教の動画の姜賢實さんは、六マリアについて「私よく知りません」「韓国では一切話していません」とはぐらかしているように聞こえてしまいます。

1993年の朴正華著『六マリアの悲劇』に対する姜賢實さんの書信では、
<いずれも『嘘(うそ)」の内容ではないですか。文鮮明先生と私の間にいかなる意味においても性的関係は絶対にありません。何を根拠に、このような「嘘」を並べたてるのですか。 このようなことは絶対に許しません>
などと激しく書いていますから、そのトーンの違いには驚かされます。
(姜賢實書信はhttp://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-665.htmlのコメント欄に「てんのこ」という人が六マリアの反証として引用しています。または http://trueparents.jp/wp-content/uploads/2016/10/c35a4fe0d1fbf6b728c86235265acf35.pdf )

本当に上の書信のように思っているのが事実なら、姜賢實さんはいくらなんでも六マリアを認めるサンクチュアリ教会には入らないでしょう。
六マリアとの性行為はあったと説教で公言し、それを根幹として精子神学なるものを展開する7男派の教会に姜賢實さんが身を投じたことは「ファクト」です。認めたということです。
統一教周辺の「言葉」ほどあてにならないものはございません。
ファクト・チェ~~~ック!

>Re:姜賢實先生のご証言
>ひた隠しにしてこられたということ。そのように理解すれば整合性がとれますでしょ。

六マリアの意義や文鮮明メシア説においては意見を異にしますが、これに関しては澤田地平さんにまったく同感です。

相手の女性は絶対に口外しないこと、命をかけてもその秘密を守ることが一つの条件になっていたのだろうと推測されます。
おまえが口外したらこの聖なる行為(文鮮明との性交)はサタンに奪われるとか、サタン以下になるとか、再臨主(文)をサタンに売り渡すことになるとかなんとか因果を含められて(≒脅かされて)いるのではないでしょうか。

(参考:古参協会員の証言 引用はじめ)
古参の教会員が、ジャルジンの修練会で、
「私も、実体的血統転換をやってもいいのではないか」
と言ったところ、
「もし、おまえが、一度だけ関係を持っただけで、そのことを絶対に
他人に隠しておまえに完全に従順屈服してこれる女性12人を
作ることが、できる自信があるならやっても良い」
と(文先生は)答えたそうです。
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Kaigan/8586/7shoko.html

聖職者というより生殖者

http://uc-itsumokamisama.seesaa.net/article/448150311.html
より

お父様は、女の生殖器と男の生殖器を
凹凸に譬えられながら、
「男の凸と女の凹を合わせるのが結婚だ。
それで、堕落とは何か?
自分の相手でない他の相手と
凹凸を合わせたことだ」
とおっしゃいました。

中略

お父様は、「統一教会人はその時に、
挨拶をもう一つしなければならない」
とおっしゃいました。

「神様、よくお休みになれましたか?」
と挨拶してから、
「凹様、凸様、よくお休みになれましたか?
今日も私の凹様、私の凸様をちゃんとお守りします」
と挨拶しなさいというのです。


ある日、私がお父様に
「お父様、私が二世教育を易しく、
詳しくしています。
凹凸を教えてあげたら、二世たちが
『わかりました。ちゃんと守ります』
と言います。
また、親たちがとても喜びます」
とお話したところ
お父さまが大変喜ばれました。

そして、「そうだ、そうだろう。
凹凸は、私たち統一教会しか知らない秘密だ。
続けて教育しなさい」とおっしゃいました。

皆さんも子供たちに対して、
絶対にあそこをむやみに触ったらいけない
ということを教えてください。

そして自分自身の凹凸も
触ってはいけないと、教えなければなりません。

===============
文教祖の頭の中は性器で占められているのだなと感じさせらる。

「男の凸と女の凹を合わせるのが結婚だ。」
by文鮮明

世の中には先天的な事情でセックスできない人達もいる。しかし、彼ら彼女らも幸福な人生を過ごすためにパートナーを求めることがある。
また、高齢者同士が性関係なしで余生を一緒に過ごしたいと思い結婚する場合もある。
文教祖にはとっては理解できないだろうな。
 
現役シックさん達
「凹様、凸様、よくお休みになれましたか?
今日も私の凹様、私の凸様をちゃんとお守りします」
と挨拶してますか?

教組自ら数百マリアと暴露

http://ameblo.jp/mikan-ha417/entry-11953188358.html
先生はね、六マリアじゃないんだよ。60マリアなんだね。うん?・・・ いや・・・ 数百マリアかな

教組本人が暴露してるのです。
旧日本統一教会本部は、韓国人に誘導されてないで、ミコトバをきちんと公表してくださいなぁ。

「六マリア」いえいえ・・・
「数百マリアかな?」と発言。
・・・濁しているので数千かもよ~?

なにせ、元妻は一晩に10かい出来たってことも暴露してますし、
http://ameblo.jp/mikan-ha417/entry-11955854945.html

カインのお母様のサイ先生とアベルのお母様ツルコさん他とも・・・していた日も有るようですからね?

側近も暴露
http://ameblo.jp/mikan-ha417/entry-11760849938.html
血分け問題を元最高幹部が語る
一部抜粋
「人類の始祖のイブは、エデンの園でヘビとセックスして堕落した。だから、堕落した 人間の復帰も、セックスを通じて行わなければならないというのが統一教会の復帰原理 です。教会では、その行為を“性役事(ソンヨクサ)”と言っています」
と「血分け」についての当時の定義を説明。さらに、文氏が無罪になった件も、
「それは、当の女性たちやその夫から告訴がなかったからです。やむなく検察側は、徴 兵逃れのため年齢を偽った兵役法違反だけで起訴したのです。しかし、実際はすべて女 との問題ですよ」
録音テープが回っているのを了承した上で、元最高幹部は、こう明言した。また萩原 氏は、創立直後の会員で今はやはり脱会した作曲家の金徳振氏(80)からも、次のよう な血分け問題に関する証言を得た。
「私は文鮮明氏に血分けされた女性と行為をすることによって、貴い血を受け継いだ。 以来、私自身、16 人の女性と血分けをしました。その女性がまた他の男性に血分けをす る。数えてみたら、全部で 72 人になった。性のリレーですよ」
~~~~


すべて、日本本部は正直に暴露してくださ~い。
(終わるね・・・)


特に、今の会長なんだから
徳野さん、正直になりなさい。
誠実になりましょう。

生きてる内に語ったほうがいいでしょう。

ミコトバ重視の澤田地平さん、頑張って下さい!

澤田地平さん
>メシヤが来られるときすべての女性、何十億という女性を一人に代表させるということをしなければならないわけです。これがお父様の抱えられた問題です。お父様は御一人なのにエバは30億人もいる。世界を救うためにはその30億の女性が真のアダムの種を受けなければならないのです。それによって神の血統が根付くからです。 ですから6マリアは30億の全女性を代表する立場として立たされるわけです。それによって世界を救うことができるのです<

澤田地平さん はとても真面目で一途な統一教会の信者さんです。統一教会で真面目に文鮮明教祖のミコトバを学び信仰生活をして来た方は普通、澤田地平さんの信仰観に辿り着く信者が多いと思います。

……韓鶴子独生女を推し支持する信仰観は知的に点的馬鹿に成り切ってこそ成立するものだと思います。

もともと文鮮明教祖も”天的馬鹿に成れ!”と言っていて、馬鹿になる事は得意の日本統一教会員ですから、お馬鹿の韓鶴子独生女を支える馬鹿にも成れるのだと思います。

日本統一教会は点的馬鹿に成る為の訓練(洗脳訓練)を文鮮明教祖の命令下、反日在日朝鮮人の古田元男や江利川安江の元、洗脳訓練をして来たものですから、馬鹿には簡単に成れるのです!

米本さんから見たら澤田地平さんが仰っている事は精神病患者が言っている事に感じられるかもしれませんが、ミコトバから統一教会に来て、ミコトバを信じて今尚統一教会の信仰を持って頑張っている人は当然澤田地平さんの様になると思います。

私も、朝鮮人の誇大妄想狂信者の相対者や朝鮮人の誇大妄想キチガイ霊通狂信者と一緒に生活しなかったら目が覚めなかった可能性が強いです。

……ただ、澤田地平さんが、行動されて統一教会=世界平和統一家庭糞カルト連合を少しでも動画を通して日本人に知らしめて下さっているので、大応援したいと思います!📣。

天的馬鹿に成れ!

とどのつまり、”信じて滅びよ”じゃないですか この事について、後に論じてみたいと思います。こうご期待!!!

4lifeさんへ(ちょっと追記)

ちょっと思い出したので追記です。
私は、原研にはほんとわずかな期間(実質2か月?)しか関わってませんでしたが、当時の館で、原研?のブロック長(名前は記憶になし)という人にも会ったことあります。霊的な人のようでした。(コウリョウさんに似ているとか言われた)確か、あの説明を受ける前です。
ちなみに、私の父親は毎日新聞社員でして、「親泣かせ原理運動」記事のこと、統一教会の情報が新聞社には蓄積されてること、知ってる人間でした。
そして、当時の所詮大学生?の大原氏は父親に電話までして私の入会に懸命でした。
以上。

toramaruさんへ

ご丁寧な回答いただき感謝申し上げます。

文面からの推察ですと、真実のように感じられました。
食口の中にそういう講義(?)をする人も居たということは、どうやら事実のようですね。

一方再三で恐縮ですが、過去の私の聞いた及び作成した講義案、先輩講師から引き継いだ講義案、過去の文先生はじめ数多の幹部、先輩の講義、講話、兄弟間の雑談等々いずれも「血分け」の言葉すら皆無でしたので、信じ難いのですが、そういう人もいたということのようで、参考にさせていただきます。

ちなみに、その話しをされた方は、1980年の原研のメンバーで6000双でないということは、御年10代の方だったのでしょうか?
6000双当時も教会に男性は極端に少なく、私の所属地区では22歳の学生部のメンバーも祝福を受けていたほどです。

原研と学生部の評価の差は周知の通りですし、
お若い方だったのでしょうか?
何も問題なければ6000双の対象かと思われますので。

2つ

(1)
今話題になっている
籠池さん

統一協会関係者ですかね
こちらがそれです↓
https://mamorenihon.wordpress.com/2017/03/10/%E7%B1%A0%E6%B1%A0%E6%B3%B0%E5%85%B8%EF%BC%88%E9%9D%96%E6%86%B2%EF%BC%89-%E7%B5%B1%E4%B8%80%E6%95%99%E4%BC%9A-%E7%94%9F%E9%95%B7%E3%81%AE%E5%AE%B6-%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6/


韓国人だと言われている籠池さんですから、鶴子さんと親しいのかもしれません。

(2)鶴子さんの性癖は、夫に教育されたものじゃないかと思います。
あれだけSEXが好きな夫ですから、妻は応じるために敏感な体になっていたと思います。



他人の性癖なんてどーでもいーですけどねーー

6人の愛人かぁ。

 小生に愛人が6人いて、そのことで親戚縁者・知人友人から詰られたとき、次のような託宣したら、どう思うだろうか。(小生を麻原さんとか池田大作さんとかに置き換えて考えるのは自由)

 私がメシヤとしてやってくるすべての女性、何十億という女性を一人に代表させるということをしなければならないわけです。これが私が抱えた問題です。男性・性の私は一人なのにエバは30億人もいる。世界を救うためにはその30億の女性が真のアダムの種を受けなければならないのです。それによって神の血統が根付くからです。 ですから6マリアは30億の全女性を代表する立場として立たされるわけです。それによって世界を救うことができるのです。

 澤田地平さん、色をなしていう。
「あんたはメシヤじゃない!」

 小生、笑っていわく。
「メシヤとは何か。人一般とどう違うのか述べよ。宇宙語を使わず、1000字前後で」

 澤田地平さんに限らずム-ニストがこれに説得力ある回答してくれたら、おいらもム-ニストになるよ。

 澤田地平さん、毒づく。
「おまえに6人もの女なんてあり得ない」
 小生、笑って答える。
「6人もの女性と同時に情を交わすのは難しいだろうけど、凸と凹を合わせるだけのことだからなぁ。カッカッカ(水戸黄門風)」

Re:2つ-1つは失当!

「今話題になっている籠池さん。統一協会関係者ですかね」

 統一さんというより勝共さんの誰かと付き合いはあったと思うけど、「籠池さんは統一協会関係者」ではないと断言できます。

 いま国会で証人尋問をやっている最中ですが、驚いたのは籠池さんの補佐人(弁護士)です。
 な、な、なんと、後藤裁判の被告代理人の山口貴士さん!目をこすりましたねえ。

 籠池さんが統一教会関係者なら、補佐人は福本弁護士のはず。

 籠池と山貴との関係、ちょっと興味がわいてきた。
(まぁ、紀藤のリンク法律所だから、関係性はリンクリンクというところか)

「4つのお願い」じゃなくて「4つの血分け」

いろいろな形の血分けの話が出ているので、なんとなく混乱しませんか。

グレアム・レスター修士という人が、初期の統一教会における血分けを便宜上4つにタイプ分けしているので簡単に要約紹介します。

【初期の統一教会における4つの異なるタイプの性儀式】
(1)人間の血統を清めるために行なう文鮮明とのセックス
  これは原罪がない子孫を誕生させる意図がある文との性行為。

(2)子宮の浄化と霊的新生のための文鮮明とのセックス
  これは文が実践したより一般的な種類の性行為だったと思われる。
  女性を妊娠させる意図は全く持たず、とにかく彼の精子を女性の体の中に入れればその子宮は聖化され、その女性は後で指名された夫とセックスした時に原罪のない子どもを産むことができるようになると彼は考えていた。

(3)子宮の浄化と霊的新生のための教会員の間で行なわれるセックス
  これが有名な「セックス・リレー」で、新しいメンバーが文自身ではない誰かと3日儀式をやり遂げ、その関係をまた新しいメンバーにつなげていくこと。

(4)文鮮明とガールフレンド、妾、愛人とのセックス
  これは文が崔淳華(朴サムエルの母)他と持った種類の性。これらの女性たちは、文または他の誰かとセックス・リレーの過程を経て教義的な面の性行為を完了した後に文が性関係を持ち続けた相手。
  (要約紹介おわり)

上の分類に倣っての個人的感想ですが:
米本さんが、
>777双以前の双の第1子で(長男、長女)、文鮮明似の子はいないのか。
と疑念を抱いた原因になるものは(1)の行為になるでしょう。

亨進氏が六マリアについて語っているのは主に(1)(と4?)のタイプの行為になるでしょうか、
国進氏は(2)にちかいことを言っているようです。

火の粉過去記事「文鮮明は性的異常者としか思えない」の内容は明らかに(2)です。

ジャルジン修練会での古参教会員の質問と文教祖が回答したことは(2)または(3)相当でしょう。

toramaruさんが80年福岡の原研で説明を受けた内容は明らかに(3)にあたっています。

姜賢實さんの場合は・・・? 
お子さんは養子のようだし、マッチングは受けず、ずっと独身・・・はてな? 結果論でいうと(2)の霊的新生でしょう。(4)はありやなしや。

(4)は、韓鶴子氏が文氏有原罪説の1つの根拠として「お父様には私生活があったが、私にはそれがない」と語ったその『私生活』を意味しているのでしょう。

まあ具体例ははっきり分けられないこともあるということで、結局凸凹ではありました。

Re:Re:2つ-1つは失当!

なるほど。米本さんありがとうございます。

DNA

血分けもさまざまだけど、

個人的には母子協助がどうなっているのかってのが気になります。

一族のDNAは最低限、調べる必要がある。できれば、36家庭一族の現存する人々のDNAも・・・。

昔の朝鮮の血を調べたドイツ人が残している書紀があるのですが、かなり公表しずらい内容があるらしいです。

朝鮮出のカルト教義も調べてみればオゾマシイ内容が隠れているということでしょうねぇ~。

re.toramaruさんへ

>過去の文先生はじめ数多の幹部、先輩の講義、講話、兄弟間の雑談等々いずれも「血分け」の言葉すら皆無でしたので、

そうだったんですね、原研は。信じます。あっ、でも広講師の宮崎台での講義もあったんですよね?
逆に私は、統一教会全員が知ってると思ってました。また、原研に献身入会しない=原研を去るだったし、10年後にビデオセンターとか、支部教会があることを知り驚きましたね。疑念は心の底に持ちつつ封印し、勢いで教会員になったわけです。でも、あの3日儀式は象徴的血分けじゃないかと思いましたよ。
また、血分けあったとしても、人類半分の女性にメシアの種を付けるなんて発想はしてなくて、あくまでもイサク献祭のように、草創期には神は究極の信仰証明を求めてて、鮮明教祖の勢い余っての結果だったのか?とか思い込もうとしてました。でも。結局イサクは殺されてない。
私は自然脱会ですが、3男のことをネット見て語ったことあり、それが原因で3男派に行ったことになってる感じです。全くアホくさい。

>その話しをされた方は、1980年の原研のメンバーで6000双でないということは、御年10代の方だったのでしょうか?
6000双当時も教会に男性は極端に少なく、私の所属地区では22歳の学生部のメンバーも祝福を受けていたほどです。

当時の私の年齢は19歳でした。大原さんは明らかに年上でしたので20代のはずです。そのまま残り、祝福を受けたのか?さえも私にはわかりません。(いや、あの勢いだと受けたでしょうね、原研海外宣教組はどうだったんですかね?)6000双祝福は1982年のようなので、6000双の可能性もあるとは思います。

当時の原研メンバーがそのまま残り、祝福まで受けていたというのは、2009年の「6500双祝福21周年記念.pdf」の家庭写真集(この写真集は2千数百家庭分しかありません:30000円出した家庭のみのはず:子だくさん家庭が多い)でわかったんですが、再度このpdfを検索して見ましたが、あの大原さんはいないですね。(同性はいたけど名が?)当時確か、彼はおばあちゃんに育てられ?、そのおばあちゃんの入院中に徹夜激祷し神の言葉を受け、原研に献身したと言ってた記憶があります。

西岡剛家庭はこの家庭写真集にいますよ。彼は家庭写真集の西東京教区に載ってます。所謂、私の霊の親で、血分けの黒板説明を一緒に聞いたので、彼は情報を知ってるかもしれません。(この人は当時皆からスリランカ人とからかわれてた)あの説明受けたのは、私と西岡氏の2人だけなので、大原氏の個人プレーの可能性もありますが、原研の看板しょって其処まで言う?西岡氏も初めて聞いたのかもしれません。そんな感じでした。
あの時の支部長だと思う人もこのpdfに載ってたと思います。あの西川先生と同じ西川という名の人もいましたね。この人が7日修の引率者でした。また、福岡中央教区にも当時のメンバーがいます。
ちなみに、私は西南東京教区に載ってますよ。(太田原研会長とは全く似てませんが)
あれだったら、メアド教えてもらえれば、パスワード付zip圧縮でこのpdf送りますよ。(捨てアド: pepe2017.h.uc@gmail.com)
著作権明示無いし、個人情報には関わるかも知れないですが・・・。
(私がセキュリティに拘るのは、以前ISMS《Information Security Management System》担当者だったので)

私は1980当時の九州のブロック長(30代~?)から何か聞いた可能性もあるとか思いましたが、私にはわかりません。
統一人の思い込み体質は、嫌というほど分かってるので、もういいです。戻ることなんて無いし。
やりとり続いてるので、これで。

文氏の6マリア=女性関係=淫行を認めれば、信者はアイデンティティを喪失

>文3派&シンパも笑えるぐらいに沈黙。分派諸派も同じ。この問題に首をつっこめばアイデンティティが喪失してしまうのだから。かくして、「マコトの家庭のいろんな問題には触らない方が良いと言います」。アンタッチャブル(触わらぬ神に祟りなし)になってしまうのである。
「ややこしいことを考えるのはよそう」

さすが! 鋭い指摘ですね。
信者がこの問題で、真実に目覚めれば、文鮮明氏・韓鶴子さん夫婦は真の父母でもなく、メシヤでもなかったとなり、今までで信じてきたものが、グラグラと崩れていくのだから。
洗脳の結果だから、どうしようもないですね。
悲哀的なあの歌~あなたを信じてここまできたわ。昔の名前で出ています♪♪
替え歌にして、♪♪メシヤを信じてここまできたわ。洗脳のままで生きてます♪

しかし、人間は万物の霊長であるし、文氏の冗談のようなふざけたミコトバなど、聞かなくても、わかるものである。信者はどんな話もミコトバとして、受けとめる。性セックスの話など、ここまできたら、もう異常としか言いようがない。
文鮮明という人間は、女性関係では、動物以下だと言える。哀れナリ。

サ教会に行った信者は、エリカワ氏などの話を聞いて、再洗脳される。ますます。オトーサマの世界に埋没させられる。エリカワ氏は誘導工作員という立場である。国進氏亨進氏も、ウラで支配されているのだろう。同じことを何度も言い、思わせぶりで、信者を翻弄している。真実を話しているようで、話していない。
母親の鶴子さんを批判するが、父親の文鮮明氏に対しては批判しない。文氏こそ、韓国を北に売った張本人であるにもかかわらず。鶴子さんの堕落を批判するが、文氏も堕落しまくりだった。すべてにおいて、公平に話すべきである。話せない深~い理由があるのだろう。

ちゃぬさんの記事にあるように、7男もフリーメーソンであろう。奴らの目的は、日本人を白痴化と植民地化し続けることだからである。
サ教会の日本人信者は、バカにつける薬はないと言うほどのバカさである。
文氏を絶対化神格化すればするほど、バカになると思われる。

血わけ?血かえ?

こんにちわ。いわゆる血わけについて、一言言わせてください。「血わけ」は誤訳だと思うのです。韓国語で「피가름](ピガルム)ですが、これは元々のつづりは「피갈음」で、代える、替えるという意味の「갈다」から来ていると思うのですが(음は動詞の後について名詞形をつくる)。「갈아입다」と言うと(服を)着替える、「갈아타다」と言うと(乗り物を)乗り換える、という意味になります。つまり피갈음は「血を替えること」という意味で、まさに血統転換のことではないですか?。なぜ「血わけ」と訳されてしまったのか理解できません。日本では「血をわけた兄弟」とかいう表現があるからでしょうか?在韓の方はどう思われますか?

誰かのブログで、韓国では山で修行を積んだ僧(?)と関係を結ぶとその功労をもらえるといって女性がせがんだとかいう昔話があって、それを堕落論の講義のとき引用した講師がいたという話が載っていました。そういえば原理講論には、愛で一体になると主体の性稟を対象が相続する、だから天使長の性稟をエバが受けついで堕落性本姓になってしまった、とありました。これを初めて聞いたときは疑問でしたが、何度も聞いたり読んだりして受け入れてしまいました。愛の行為にこういう意義と機能を見出すのはあまり日本にはないと思いますが、かの国では昔から迷信的にあった考えでしょう。この拡大解釈から出発したのか、文先生のみならず弟子たちも、関係を結べばなんらかの物理的・化学的・霊的作用で血{統}が転換する、主体の血統に対象の血統が変わる、と真剣に考えたのでしょうね。(これは文先生の発案ではなく、1930年代くらいから朝鮮半島の混淫派と呼ばれる異端クリスチャンが始めたことらしいですが)。韓国人の想像力(創造力?)はすごいと思います。。。

統一教会こそ混淫教の分派

混淫教流れの分派が統一教会です。

調べてみたら70年代国会でも議論に上がっていました。

愛で一体→凸凹で一体→凸凹したら愛なのか?って構図も異常。
それならゴウカンで凸凹一体しても血が替わるってことにもなりかねない。

混淫が息づいていた宗教が統一教会の元だったということ。
トイレまで追いかけて、文鮮明に関係を求めた初期の残っている女たちは、捏造や偽証するのもへっちゃらなのです。
元がうそばかりなのですからねぇ~。全容を知らずに信者も盲信?
今は、全容を知れば二世も多くが離れる時代になりました。

もう~隠せないのよ。
難しい議論しなきゃ~いられないのも解る。

それぞれの納得の道・リハビリが待っています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/823-2dae72ae