嗚呼 ア-ジュ、オ-ル統一さんが縮んでいく! 

身辺雑記(18)

 恒例の近況&カンパ&過去記事の報告です。
 前回の記事は「イツモアリガトウゴザイマス」(*^_^*) [2017/05/18 08:54]
 前々回の記事は「♪だから、君を忘れるよ・・・そういいながら、自分の影をなぐる・・・♪」[ [2016/12/29 16:33]

読料的カンパは、Amazon、ゆうちょ、みずほを合わせ、34件でした。心からお礼申し上げます。同じ人からの立て続けのカンパ、恐縮しています。

 近況はさほど変化なしですが。
 前回書いた母の喘息をきっかけに、ショ-トステイ(3泊4日)を利用するようになりました。外泊時に喘息発作が起きたらOUTですから。
 1ヶ月間にまる3日程度は介護フリ-に。精神衛生にいいはずです。まだ謳歌していませんが(泣)。
 問題というかなんというか、ステイ先は特養ではなく老健(リハビリ)施設。それゆえ、介護の保険点数がいっぱいいっぱいになって、生活支援(食事づくり)を削らざるを得なくなりました。

続きを読む

君死にたまふことなかれ-流言王 

変貌するサンクチュアリ教会(11)

「君死にたまふことなかれ-手榴弾」
「君死にたまふことなかれ-イカレ王」
「君死にたまふことなかれ-イカサマ予言師」
「君死にたまふことなかれ-預言と予言」
拳銃大好き、陰謀話好き好きのサ教なんて,社会的に無価値ゆえどうでもよくなっているのですが でも、知人が死んだらと思うと…

 文ファミリ-の中でも7男の亨進は「かなりまともではないか」と思ったのは、「沈黙を破って」と題したスピ-チ(動画)を観たからである。 
「文亨進世界会長が2年間の沈黙を破る」。リンクしている動画も、あらためて新鮮な感じで見てもらいたい。

続きを読む

君死にたまふことなかれ-「預言と予言」 

変貌するサンクチュアリ教会(10)

「君死にたまふことなかれ-手榴弾」
「君死にたまふことなかれ-イカレ王」
「君死にたまふことなかれ-イカサマ予言師」


Moses_Pleading_with_Israel_crop-441x500.jpg

 前回の記事で、サ教人(びと)はお頭様のことを「予想屋扱い」されてムッとしたと思う。
 だが、君たちは「預言と予言」の違いを知っているのか。念のため書いておく。

続きを読む

君死にたまふことなかれ-イカサマ予言師 

変貌するサンクチュアリ教会(9)

【これまでの記事】
「君死にたもうことなかれ-手榴弾」
「君死にたまふことなかれ-イカレ王」
文亨進氏のことを「イカレ王」と恥辱した。それなのに臣下は誰1人、抗議してこない。情けないサンク武装教会員である。


韓の日本人シック(家庭連合派)からいただいたメ-ルである。多少、修正した。

 今日、久しぶりに火の粉ブログを読ませて頂きました。
 私も陰謀論・オカルト好きで、色々読んだり動画をみたりしていますが、そんな私も、今年5月くらいにサ教で騒いでいた北朝鮮、韓国攻撃説には呆れさせて頂きました。
 サ教の義姉が
「韓国から逃げる準備をしなくてはいけない」
 と騒ぎ立てて、夫まで真に受けてしまって、おかげさまでうちの子供たちは中間試験前だというのに、ソウルから遠く離れたところに旅行に行くことになりました。
 地震も戦争もいつ来るかは分かりませんから、出来る限りの準備(非常食とか、家族の連絡方法とか)は必要かと思いますが、こういうことを高位の位置のある人物が回りの者たちに騒ぎ立てると、かなり迷惑です。


 文家7男のおぼっちゃま、天気予報より劣るような思いつき予想(予言)はやめてもらいたい。みんなが迷惑する。

続きを読む

君死にたまふことなかれ-イカレ王 

変貌するサンクチュアリ教会(8)

 前回の記事「君死にたまふことなかれ-手榴弾」の続きである。

その2・陰謀論。前回の投稿欄で、goutさんに教示してもらったことである。
●http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-862.html#comment16915 投稿欄のやりとりも面白い。

 紹介されていた文亨進氏のスピ-チは衝撃的だった。
「KINGDOM CHAOS 王国のカオス 2017/08/13」

 この亨進の病的スピ-チについては、goutさんが「いつも私の隣に献金FAX」で記事にしている。
●警告ー亨進と麻原の共通性ー避難勧告(8月18日)
●http://ameblo.jp/5200043/entry-12302378572.html

 サンクチュアリ教会員も文3派も家庭連合諸君も、元信も、全員読んでもらいたい。間違いなくヤク(おそらくオピオイド)をやっている文7おぼっちゃんのイカレぶりを。

15.jpg 15.jpg 15.jpg

続きを読む