「いつも私のとなりに神さま」の素朴な疑問に、泣けてしまった。 

一筆一論(43)

 「いつも私のとなりに神さま」の素朴な疑問 に、コメントありがとうございました。
 松戸教会の総務部長兼教育部長さん、神々の黄昏さんの<教義知らずの金元弼氏>には必ず目を通してくださいな。スル-すれば、恥をかき続けることになりますよ。(老婆心) http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-949.html#comment17858
 それにしても-
「統一教会の韓国人幹部全般について正直な感想を述べれば、私にはとても‘ダサイ’人達に見えました」
「韓国人幹部全般の印象は日本人に分かり易く言えば、「ド田舎から出てきた人たち」と言う印象です」
「その振る舞いにはセンスがなく、話すことも視野が狭いことばかりで、言葉も知的に磨かれておらず、‘ダサイオッサン’というのが正直な印象でした」
-は、当時の状況を知る上で、参考になりました。

image5.jpg
中央前列:金元弼師  中央後列:文鮮明師

続きを読む

「いつも私のとなりに神さま」の素朴な疑問 

一筆一論(42)

 実に面白いというか興味深い記事が載った。
 「世の中の人が立派に見えるのはどうして?! 《金元弼先生・質疑応答》3」(2018年5月31日)
「いつも私のとなりに神さま」のブログ(以下神さまブログ)を久しぶりに読んだ。

 前々回の記事で、小生はこんなことを述べた。
<(家庭連合〓分裂3派の人たちは)人格的に何かが欠落している。
「何か」とはなにか。
 良心、他者を思いやる感受性、感情を抑制して冷徹に考える理性、そして内省力などなど。
 まあ、何かが欠落していないと、換言すれば一般の日本人より劣っている人でなければ、組織の上にあがることはできない。嗚呼、ア-ジュだ。
 ただし、滑稽なことに、当人たちは一般より勝(まさ)っていると固く信じているのである。 >


 こんなことを書いていたから、「世の中の人が立派に見えるのはどうして?!」のタイトルにひかれたのである。

続きを読む

澤田地平の訴えの意義と教育部長のトンチンカンさ 

お笑い嘘つき家庭連合(16)

 前回の記事「お握り裁判だ!東京地裁に行こッ!」 の続きである。カテゴリ-名と合っていないのだが・・・

 投稿欄に「神々の黄昏」さんが<評価できる澤田地平氏>と題した一文を寄せてくれた。秀逸である。分裂3派のみなさん、長文だが是非目を通していただきたい。全文引用スタ-ト。

----------

>「(家庭連合〓分裂3派の人たちは)人格的に何かが欠落している。。
「何か」とは何か。
 良心、他者を思いやる感受性、感情を抑制して冷徹に考える理性、そして内省力などなど。
 まあ、何かが欠落していないと、換言すれば一般の日本人より劣っている人でなければ、組織の上にあがることはできない。嗚呼、ア-ジュだ。
 ただし、滑稽なことに、当人たちは一般より勝(まさ)っていると固く信じているのである。

<注>小生の前記事の引用です。

続きを読む

お握り裁判だ!東京地裁に行こッ! 

お笑い嘘つき家庭連合(15)

 家庭連合がサンクチュアリ教会の澤田地平氏ら4人を訴えた裁判の証拠調べ(証人尋問)が6月5日(火)に開かれる。
 御用とお急ぎでない方は、霞が関の東京地裁に出向かれ、お笑い裁判に爆笑し、ストレスを発散させましょう。

【審判回避プロジェクト】 345万円損害賠償請求裁判の証人尋問お知らせ」

20180525203813b86s.jpg

続きを読む

気をつけろ!独生女(毒女)がまた金捕りにやってくるぞォ~  

露わになってきた統一教会(家庭連合)の真実(9)

5月31日付の本部公文を紹介する。

題目:「日本宣教60周年記念、神日本家庭連合希望前進決意大会」勝利のための全国特別30日間精誠祈祷条件について

 御聖恩感謝申し上げます。
 真の父母様は天一国6年、2018年の出発と同時に韓日米3国で5地区体制を発足させ、神アフリカ、神ヨーロッパ大会に続いて、5月27日、大韓民国釜山で「2018神韓国家庭連合嶺南圏希望前進決意大会」を勝利されました。

 今、世界中の注目が韓半島に集中している状況の中で、真の父母様のみ言を通じて天の父母様を中心にして,南北が一つになる「神統一韓国」を成し遂げなければならないことを宣言され,この道が「天の父母様を中心とした人類一家族世界」の夢を実現する道であることを再度強調されました。

 今回真のお母様は、真のお母様を迎えて行う「日本宣教60周年記念、神日本家庭連合希望前進決意大会」を7月1日に開催することを許諾してくださいました。
 今後、朝鮮半島を中心とした「神統一韓国」の建設に母の国日本の役割がこれまで以上に重要になります。

続きを読む